『ロンドンのインターナショナルハウスで友達と再会し、語学学校の日本人連中と、ソーホーの中華料理店へ』@ロンドン/イギリス(英国)

【B&Bが並ぶ、ベルグラーブ通@ロンドン】
シェルブールからフェリーでポーツマスに渡り、英国入国の列で話しかけたイギリス人に、B&Bを紹介してもらった
翌朝、列車に乗って、ロンドンへ向かう。
1988年4月13日、ポーツマス駅を午前8時59分に出た列車は、ロンドンのウォータールー(WATERLOO)駅に午前10時半に到着。
僕の旅行ノートに、料金が10ポンド、とわざわざ書いてある。
「ちょっと高い」という感想がついている。
1988年の春は、1ポンドが240円程度だった。
だから、2400円。
最初にロンドンにいたときは、物価について考えなかった。
下宿して英語学校に通っていたロンドンから、パリへと渡ったのが1987年の12月。
そのあと、フランス、スペイン、北アフリカ、イタリア、フランスと旅をしてロンドンへ戻ってきた。
いろんな国を旅して、イギリスへ戻ると、さすがに物価を意識するね。
その感覚では、列車に1時間半程度乗って2400円は、高いと感じたのでしょう。
ただ、北アフリカも、南部ヨーロッパも、物価はそれほど安いわけではなかった。
このあと中南米へ行ったら、ビックリするくらい安かったよ(笑)。
「世界旅行主義」の「物価の高いところから安いところへ旅をする」という、貴重な格言はこの体験から生まれたものだ。
今はそんなに安く旅できるところはない(だろう)けどね。
ウォータールー駅から地下鉄で、ビクトリアステーションへ。
ビクトリアステーションから歩いて、B&Bが並ぶベルグラーブ通りへ。
僕の定宿「セントジョージホテル」へ飛び込んだが、馴染みの「ノエミおばさん」がいなかった。
中年のインド人男性が応対したが、愛想が悪く、「満室!」と言われる。
ワーウィックロードの適当なホテルに飛び込んで、部屋を確保する。
この日は、僕が通っていたインターナショナルハウスへ行くのが最優先。
1987年末に受けた「ケンブリッジ英検特級(CPE)」の結果を確認して、友達を捕まえなければならない。
インターナショナルハウスへ行くと、受付には、よく話をしていたスペイン人のマニュエルがいた。
CPEの結果は、インターナショナルハウスの分だけ、壁に貼ってあった。
見ると、最終的なクラスメート約12人中、CPE合格者は(僕を入れて)5名だった。
CPE受験のときに、一段階下の受験も勧められていたので、そちらで合格したクラスメートもいたが。
僕は、CPE(ケンブリッジ英検特級)一本だったので、合格してホッとした。
友だちが受けている授業を確認していると、偶然友人が、授業を終えて出てくるところだった。
「西本さ-ん♪」と声をかけられて、捜す面倒なく再会できたので、神の導きを感じるね。
しかも彼は、日本人の男女クラスメイトと一緒だ。
男が関大の学生で、もう1人は、OLをやめて留学に出た20代半ばの女性だ。
昼に会ったので、一緒に夕食を取る約束をする。
もちろんロンドンでは、どこにでもパブがあるので、飲もうと思えばすぐ飲めるが(笑)。
でも、昼から本気で飲みだしたら、僕はまだまだ若かったので、どこまで飲めるかわからない。
それでは僕の評判が下がるので、ごくお上品に、夕方から飲む約束をしたんだね。
実は僕は、ロンドンで、日本の雰囲気を味わいたかったのさ。
僕は1人で、ピカデリーサーカスのジャパンセンターへ行く。
1988年では、ここら辺に日本のものが固まっていた。
日本語の本と新聞を買って、軽く日本食を食べた。
そのまま夕方までロンドンを歩く。
1987年の9月から12月まで、住んでいたのだから、あちこち見ているだけで楽しめる。

【LEE HO FOOK】
夕方に待ち合わせの場所へ行き、ソーホーの中華料理屋街へ。
「利口福酒家(LEE HO FOOK)」で食事をしました。
話は盛り上がって楽しかったが、いつものように飲みすぎた。
夕方から食事をしながら飲んでも飲みすぎるというのは、よほど楽しかったのでしょう。
実際、旅というものは、旅をしただけでは、きちんと収まりがつかない。
敢えて言うが、旅をしただけでは「旅は成仏できない」。
自分の旅を誰かに伝えて、一つの旅が完結するわけだね。
だから旅行者は、旅の話を興味をもって聞いてくれる人が必要なんだよ。
そして、旅先ほど旅の話をするのに適したところはない。
日本に帰ったら、日本の日常の中で、真面目に他人の旅行話なんて、聞いてくれるはずもないしね。
ところで僕は、最初の予定通り、イギリスへ来て英語学校へ通い、スペインではスペイン語学校へ行った。
うっかり、「ケンブリッジ英検特級」の資格もゲットした。
でもまだ金は残っている。
日本にいま戻っても、住むところもなく、友達も恋人もいない。
帰ったところで、いまさら何かを新しいことを始めようなんて、そんな気力はない(涙)。
金の続く限り、海外にいた方がキモチイイ。
人間、いつ死ぬかわからないんだから。
ふと、バルセロナの日本料理屋「小雪」のマスターの言葉が頭に浮かんだ。
「ピラミッドは見ておいた方がいい」
そうだ、死ぬ前に、エジプトのピラミッドは見ておきたいものだ。
それならピラミッドだけではなくて、ギリシアはアテネのパルテノン神殿も、見たいよね。
日本に戻らずに、あちこち見て回るのもアリか。
英語フランス語スペイン語を、本場ヨーロッパで学校へ通って学ぶつもりだったが…。
うーん。
まあ、難しいことは、明日考えましょう。
今日は、無事ロンドンへ来て、CPEの合格を確認して、若い人たちと楽しい酒が飲めた。
気持ちよく酔って、店を出て、ふらふらとホテルまで歩いて帰りました。
レストランに、本と新聞を忘れたけど。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx