ビクトリアコーチステーションで、興味深い会社員と知り合って、僕には珍しく、はしご酒をする。@ロンドン/UK

【ビクトリアコーチステーション】
1988年10月12日。
朝食を食べにセントジョージホテルの食堂へ降りる。

するとそこには、一緒にロンドンまで来てビクトリアステーションで別れた、女の子2人がいた。
別れた後、彼女たちが泊まったホテルがあまりよくなかったようだ。

それで、僕が名前を言っていたこのホテルに来た。
イングリッシュブレックファーストの同じテーブルに着いて、別れた後のことを話す。

旅先で偶然二度目に合えば、普通は、話が盛り上がるもの。
別れた後での出来事を、互いに話して、それを聞いてくれる人がいるんだからね。

ただ残念だったのは、もともと話が面白いタイプの人達ではなかった。
僕は、誰にでも、表面的には合わせられるけどね(笑)。

彼女たちは、このあとブリュッセルに行くとか。
暇潰しに彼女たちに付き合って、ビクトリアステーションへ。

ブリュッセル(BRUSSELS)へ行く列車を調べたいので、案内所へ。
僕はブリュッセルのことを、「ブリュッセル」と発音していた。

すると案内所では、よく聞き取れなかったらしく、「ブリストル」への鉄道の時刻表を教えてくれた。
ブリュッセルは、英国では「ブラッセルズ」と発音するようだ(汗)。

ヨーロッパの鉄道のことは、ビクトリアステーションの2番ホームの案内所で聞いてくれと言われる。
2番ホームの案内所で、彼女たちの、ブリュッセル行き列車を調べた。

そこで、この日本人女子大生2人と、別れた。
僕は、一度、とっととホテルへ戻る。

今日はやることがあった。
旅で不要になった荷物を、日本へ送ること。

荷物を整理する(今までも少しずつやってたけどね)。
その荷物を持って、郵便局へ行き、船便(BY SURFACE)で、5KGほど送る。

その料金が、20ポンド(5千円)。
ついでにハガキと、手紙を送った(ハガキ27ペンス、封書35ペンス)。

ここで旅行ノートを見ると、「WH SMITHのノートを無くしたらしい」とメモしている。
「WH SMITH」とは、英国の、本や文房具を売る店だ。

確か、ビクトリアステーションに入ってたと思う。
僕はもともと文房具が好きで、東京では「銀座伊東屋」の常連だったから、お気に入りのノートを買っていたのだろう。。

そのノートを無くしたようだ。
たいしたことではないが、旅行ノートに書いてあるので書きました。

今日は、朝に日本女性2人と会って、ブリュッセルへの列車を調べた。
余分な荷物を、日本へ送ったら、なんと5KGにもなった。

日本に戻ってきて、海外から送った荷物は、使うことはなかったね。
ロサンゼルスから送ったジーンズは使ったかもしれないが。

ここで言いたいことは、留学中に使った教科書や問題集などをわざわざ送っても、日本で読み直すことはないってことね。
時々、留学が終わって旅行する人からの質問があるんだけどね。

次に、バスターミナルの「ビクトリアコーチステーション(VICTORIA COACH STATION)」へ行ってみた。
どうやら僕は、最初なぜか、バス(と船)でダブリンへ行くつもりだったようだ。

この時調べたのが、ダブリンまで片道28ポンド(7000円)。
オフシーズンの往復運賃が34ポンド(8500円)。

バスの値段を調べて、バスターミナルをうろうろしていると、日本人男性を見つけた。
壁に貼られている広告を見ているところを、後ろから声をかける。

「日本の方ですか?」「(バスターミナルなので)どこかへ行かれるんですか?」みたいな適当な質問をする。
特に用事もなさそうなので、パブでビールを飲みながら話をしよう、と誘う。

もちろん会話の進み方や、言葉遣い、表情などで、話が合うかどうか、常に判断しているわけだ。
旅先で旅行者が出会うのは、とても簡単で、気軽に声をかければいい。

日本に住んでいると、そういう出会いは、ほとんどないけどね。
海外旅行中なら、声をかけて、昼ご飯を一緒にするくらいは当然。

旅先なら、話が合わないと思えば、話を切り上げるのも簡単。
日本では、ちかごろネットで、顔も知らない人と、旅先で出会う約束をしようとする人がいるようだ。

でも、ネットはとにかく信用できない。
ネットで堅苦しい約束をするなんて、基本的に間違っている。

そんな面倒なことしなくても、旅先で、顔を見て、話をして、判断する方が、安全だし、楽しい人と出会えるものだよ。
僕たち2人は、ビクトリアステーションへ歩いて、パブでビールを立ち飲みする。

話をすると、互いに頭がいいのがすぐわかった。
彼も旧帝大の卒業生で、一流企業に勤めたが、そこを辞めたとか。

しかし、この1988年はバブルの真っただ中。
若くて優秀な大学を出ていれば(優秀でなくても)、就職先は選り取り見取りだった。

彼は、いろいろあって、仕事でイギリスへ来ているらしい。
実は話の内容はほとんど覚えていなんだけどね。

話はどんどん続くので、パブを出て、ソーホーの中華料理店へ。
ワインを飲みながら昼ご飯を食べた。
この時代に海外に出ていると、日本の将来像をあれこれ考えるもの。
思っていたことを、いろいろと話す。

頭がいい人同士が、海外で気が付いたことがあり、独自の切り方で、日本社会を考えていくのは、とても刺激的。
昼ご飯を食べながら、すっかり出来上がってしまった(ワインも3本空けた)。
話が盛り上がりすぎて、どこまでも続くが、中華料理屋を追い出された。
そこでまた別の中華料理屋へ籍を移して、飲み続ける。

正直ぼくは酒には強い。
しかも、5万円をポンドに両替したばかり。
彼は日本の会社の英国駐在員で金はある。
気が大きくなった僕は、彼と2人で、かなり高級な日本風居酒屋へ行った。

なかは、英国駐在の日本人サラリーマンだらけで、混雑していた。
それからは、何を話したか、覚えてない。

ただ、ゲラゲラ笑うようなことを2人で言い合ったのは覚えている。
僕は飲みだしたら、店をはしごするってことは日本では、まずしない。

飲み始めて、4軒も店を変えたのは、僕の人生では初めてでした。
彼は今頃どうしているかしら。
僕のことを覚えているかしら。
僕は、彼の顔もすっかり忘れてしまったけれど。
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx