インターネットで写真や評判をいくら見ても部屋は決められない。自分の目で見るのが一番という、当たり前の話。@ロンドン/イギリス

【セントジョージホテルの入口】
1988年10月10日。
パリから列車、船、列車と乗り継いできた列車は、午後3時半にロンドンビクトリアステーションに到着。

船で知り合った日本女性2人とは、ここで別れる。
細かくは聞かなかったが、女性2人は、すでに泊まるところを決めていたのだと思う。

僕は、ベルグラーブ通りのB&Bの紹介だけしておいた。
「ベルグラーブ通りに行けば、B&Bが並んでるから、宿を探すのは簡単だよ」と教えただけ。

これで旅行者同士の話としては、十分。
あっさりと別れて、僕はベルグラーブ通りへとっとと歩き、お馴染みの「セントジョージホテル」へ。

もちろん予約はしていない。
このホテルが満室だったら、別のところへ泊ればいいだけだから。

1988年4月に北アフリカからイタリアフランスと、ヨーロッパを通ってロンドンへ戻ってきたときは、セントジョージホテルが満室で、別のホテルに泊まった。
だからといって、特に悪いホテルだったわけでもない。

僕がもともとセントジョージホテルに泊まったのは、最初にロンドンへやってきたとき、1987年9月のことだった。
日本の旅行代理店で予約した、1泊2万円程度のちゃんとしたホテルを探して歩いているときに、ベルグラーブ通りのB&B街を見つけた。
だから、日本から予約したホテルに泊まったのは一泊だけ。
翌日にいくつか当たって、決めたのが「セントジョージホテル」だった。
この地域に並ぶB&Bは、通りに面した入り口に「VACANCY(空室あり)」「NO VACANCY(満室)」の表示が出ているので、空部屋を見つけるのは簡単。
空室ありの表示がある所へ入って行って、部屋を見せてもらい、料金を交渉して、その場で決めればいいだけだ。

部屋を見せてもらって、値段も納得して泊まるというのはすっきりしている。
同じホテルでもいろんな部屋があるので、部屋も見ずに予約して泊まると、一番悪い部屋に入れられるのは、世の中の常識。

その時は、日本から一緒だった銀座マダムの息子と一緒だったので、通りに面したツインの部屋に泊まった。
通りに面したベランダもあって、いい部屋だったよ。

フランスへ行く前も泊まってたが、その時はベランダ付きの部屋ではなかった。
一人で泊まったことも何度もあって、全体的に馴染みのホテル(B&B)という感じ。

B&Bなので、本格的なホテルのようにきっちりとはしてない。
バス(シャワー)もトイレも、部屋の外にある(共同ね)。

ただ、朝食はきちんとしたイングリッシュブレックファーストだ。
結構大きな食堂で、朝食を取ることになる。

朝食時間に宿泊者は顔を合わせることになるので、僕は日本人がいたら、声をかける。
一緒のテーブルについて、あれこれ話ができる。

僕は、イギリス人音楽家と結婚しておなかの大きかった日本女性と話をして、一緒にテームズ川まで歩いたことがあるよ。
他のB&Bでも、この時代はだいたい日本人がいたものだ。

フランス語の語学留学していた日本人男性2人組とも会った、
カップルで旅をしている日本人とも軽く話をした。

ちゃんとしたホテルだったら、朝食のレストランで知らない人に声をかけるなんてできない。
でも、B&Bだと、お気楽なので、話相手はすぐできるってことね。

さて1988年10月10日、トーマスクックで両替をしたら、1万円のキャッシュが、41.84ポンドだった。
手数料を2ポンド引かれて、手にしたのは39.84ポンドとなる。

1万円が40ポンド程度だから、単純に1ポンドは250円と考える。
セントジョージホテルのシングルルームが、一泊20ポンド(5千円)だ。

ちょっと高い。
パリでは、町のど真ん中カルチェラタンの「アンリ4世ホテル」に、シングル一泊80フラン(1600円)で泊まってたのにね。

ただパリでは、朝食は付いてなかったけどね。
イギリスの宿でも、ちゃんとしたイングリッシュブレックファーストが付いてれば、あとは、夕食にサンドイッチ(それとビール)程度で一日過ごせる。

ホテルにチェックインしても、まだまだ外は明るい。
さっそく、ピカデリーサーカス近辺の日本人街へ出かける。

ビクトリアステーションから、38番のダブルデッカーバスでピカデリーサーカスへ。
2階席の先頭に座って、町を眺める(50ペンス/125円)。

ピカデリーサーカスへは、地下鉄で何度も来た(歩いても来たが)。
ただ、ダブルデッカーに乗ったことがなかったので、無理矢理乗りました。

日本語の本屋で、この時代人気だった「スーパー写真塾」の最新刊を購入。
日本だと500円しなかったと思うが、イギリスで買うと、なんと6.48ポンド(1620円)もしました。

続いて、ジャパンセンターの地下で、日本風カレーライスの大盛(3.90ポンド/千円)を食べる。
ピカデリーサーカスからビクトリアステーションへの帰りは、歩きました。

THE MALLからST. JAMES PARKを歩くと、リス(SQUIRREL)君やアヒル(DUCK)君がいて、とても和む。
ビールとサンドイッチを、ビクトリアステーションの売店で買って、それを夕食にする。

部屋で僕の緑色のバックパック(WILDERNESS EXPERIENCE)のほつれを縫う。
部屋のテレビを見ていたが、「英国のテレビニュースは面白い」と日記に書いてました。

やはり、馴染みの宿でくつろげるのはいいね。
明日からやることをやって、いろいろ決定しなければなりません。
xxx
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx