2日後のニューヨークへの航空券を買い、銀行から金を下ろして、ドルのトラベラーズチェックを作り、グレイハウンドのアメリパスを買う。@ロンドン/英国
1988年10月20日。

僕の最初の世界一周旅行(1987-1990)では、旅の途中で旅の性格が変化した。
もちろん僕が旅をしていたわけだから、僕自身が変化したってことだが。

僕は離婚をして家を引き払い、東京に居場所がなくなったので、海外に出るしか道はなかった。
いい機会だと、ロンドンで英語学校に通う。
一流語学学校「インターナショナルハウス」で、日本人はまず受からない「ケンブリッジ英検特級(CPE)」の受験勉強をした。
試験を受けて、その合格発表を待つ間、イギリスの冬の寒さを避けて、スペインのバルセロナで、スペイン語学校に通った。

合格発表を見るためにロンドンへ戻り、合格を確認するまでが第一段階。
ここで旅の(僕の)性格が変わり、ギリシア、トルコ、エジプト、ケニアと旅した時は、すっかりお気楽モードでした。

しかし、ケニアを出て、エジプトから中東を旅する。
トルコから東ヨーロッパを通って、あの伝説の「21日間一等ユーレイルパスの旅」をした。

この時が、僕の精神も肉体も張り切っていて、絶好調だったのだろうね。
3度目のロンドンでは気が抜けてしまった。

だから、アイルランドへ行った以外は、特に目的もなく、ロンドンでだらだら過ごしていた。
でももちろん、次の旅が僕を待っている。

「アメリカ一周グレイハウンドの旅」だ。
その前、アメリカ一周に出かけるまでが、いろいろあったわけだけれども。

それがまた面白いので、お楽しみに。
旅とは、その場その場の気分で、どんどん変化していくものだから、それもまたいいでしょう。

今日10月20日は、アメリカへ行くための航空券を買う。
買う旅行代理店は決まっていて、アールズコートに本社がある「トレイルファインダーズ(TRAILFINDERS)」

僕の基本は誰も信用してないことで、だから信頼できる所で切符を買う。
中途半端に安くても、倒産したら最悪だからね。

地下鉄でアールズコートへ行って、トレイルファインダーズで相談して、ニューヨーク行きの片道切符を買う。
僕はバルセロナでアメリカの一年有効観光ビザ(B-1/B-2)を取っている。

だから片道切符でアメリカへ入国できるわけだ。
フライトは、明後日(2日後)の10月22日。

ロンドンヒースロー空港発、ニューヨークJFK空港着。
サウジアラビア航空。

料金は159ポンド(37,000円程度)。
これは、手持ちのマスターカードで支払った。

次に、クラプハムジャンクションのバークレイズ銀行へ。
自分の口座には、1645.64ポンドあった。

僕はそこから1640ポンド(38万円程度)引き出した。
5ポンドばかり口座に残しておいたが、これは口座を残しておけば、何かの役に立つかもしれないと考えたからだ。

でも5ポンド(千円ちょっと)のために、戻ってくることはなかったけどね。
もちろん、これからアメリカへ行くわけだから、イギリスポンドを持っていても仕方ない。

ポンドはアメリカドルに両替しなければならない。
そこで、バークレイズ銀行が発行していたバークレイズビザのトラベラーズチェックを千ドル分購入。

アメックスで米ドルを、1500ドル分購入した。
そして、500ドルを現金に。

その現金500ドルは、50ドル、20ドル、10ドル、5ドル、1ドルへと細かくした。
現金の種類まで考えたのは、ちょっとやりすぎだったけどね。

アメリカへ行く場合は、20ドルを中心に持っていけば、心配ありません。
空港で適当なものを買って、お釣りでコインを手に入れれば大丈夫です。

これで、3000ドル。
この他に、使い残している東京銀行のトラベラーズチェックがある。

また、あちこちで再両替しそこなった通貨がある。
日本円もある。

そうそう、ケニアの百シリング(800円)札が一枚あった。
このお札は、ケニア出国からずーっと持ったまま旅していた。

ロサンゼルスの「ホテル加宝」で、旅行者に見せびらかした記憶がある。
それ以降どこへ行ったのかわからない。

さて明後日(22日)の航空券を買って、銀行からお金をおろし、ドル(トラベラーズチェックとキャッシュ)へ両替した。
次に、先日調べていた「グレイハウンドバス」のオフィスへ行った。

一か月有効のグレイハウンドバス(&提携バス会社)乗り放題「アメリパス(AMERIPASS)」を購入する。
これもマスターカードで買って、140ポンド(32,000円程度)。

ただ、使い始める前に、バリデーションしなければならない。
それは、ニューヨークのポートオーソリティバスターミナルで、バスに乗る前にすればいいだけなので、現地でやればいい。

これで準備はできた。
ピカデリーサーカス付近の日本人街へ行って、日本人向けの雑貨屋をぶらぶらする。

ピカデリーサーカスのエロス像付近で、日本人の若者に声をかけられた。
ロンドンへ着いたばかりだそうなので、パブに誘い、軽く話をして別れる。

ホテルへ戻って、現金やトラベラーズチェックを確認する。
トラベラーズチェックは、番号を整理して、ノートに記入した。
目の前にトラベラーズチェックをずらりと並べて、番号を控える。
トラベラーズチェックだと、目の前にあれば、確実だから安心だよね。
クレジットカードだと、いつ中身を盗まれているかわからない。
残高が、いくらあるか不明だ。
だから、僕はトラベラーズチェックが安心できるんだけどね。
カードを持ってても、スキミングされて、スッカラカンではないかなんて、考えてしまう。
ニューヨークへ飛ぶのは、22日の午後。
明日一日が、丸々空いているが、それはロンドンへの別れを告げる一日にしましょう。
xxx
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx