イギリスを発つ前日に、こまごまとしたことをやり、ロンドンを歩き回り、見逃していた「マダムタッソー」に行ったりする。@ロンドン/英国
1988年10月21日。

明日22日は、ヒースロー空港からニューヨークのJFK空港へ飛ぶ。
ヨーロッパとはお別れだ。

そして、新しくアメリカの旅が始まる。
もちろん今日飛ぼうと思えば飛べた。

ロンドンの旅行会社「トレイルファインダーズ」へ行ったら、もちろん今日出発のフライトはあった。
わざと1日空けてみたってわけ。

それは、1年以上旅していた(滞在していた)アジア、アフリカ、ヨーロッパの旧大陸に別れを告げる余裕が欲しかったから。
特にロンドンは、語学学校に通って、毎朝近郊から通学していたしね。

僕の旅はいつも、ロンドンが起点だった。
ロンドンに戻りさえすれば、何とかなると考えていた。

ロンドンでこれからの進む道を考えて、次の旅について考えてきた。
だから、住み慣れた町を離れるについては、感傷がある。

アメリカに対しての恐怖もある。
もちろん何とかなるだろうし、何とかなるに決まっているが、未知のところは常に恐ろしい。

正直、旅は若くないとできないよ。
精神的にも、肉体的にも。

特に年を取ると、本当に肉体的にダメになってくる。
いくら精神的に張り切っていても、肉体がダメになれば、精神もダメになるしね。

ところで、日本では、「何でもかんでも計画が大切」という教育がされている。
だから、海外旅行に出るにしても、何か月も前から計画を立てる。

何か月も前から、飛行機の予約をする。
それが日本人の海外旅行。

でも、人生なんて明日のことでもわかりはしない。
世界常識では、切符を前日に買うなんて、当たり前だ、

日本の自称旅行通諸君は、何カ月も前に切符を買うらしいけどね。
これは、日本の旅行会社が広めた間違った考え方に影響されているのだろう。

以前、日本の旅行会社では、3日以内のフライト予約に対して、「緊急発行手数料」を取る所もあった(驚)。
世界中の常識では、切符は2〜3日前に買うのが普通。

それで何の不自由もなく、安い切符が手に入るものだ。
僕はそれでやってきた。

下手にネットで調べると、高い切符しかないってこともよくある。
でも、現地の旅行代理店に行けば、思いがけなく安い切符が見つかるもの。

これは僕の旅行記を読めば、具体例がたくさん書いてあるよ。
だいたい、インターネットで検索すれば物事がわかると考えている人たちは騙されているだけ。

インターネットは嘘だらけだ。
世の中は嘘だらけで、騙されているのに気が付かない人が多い。

僕は、ロンドンに(ヨーロッパに)別れを告げる一日が欲しかった。
今日一日は、気になっていたが見残したところを、見ておきたい。

だって、またヨーロッパに戻ってくることがあるかどうか、わからないからね。
もちろん1996年に2度目の世界一周旅行で、またロンドンを訪れるとは予想しなかった。

今日はまず、トレイルファインダーズへ切符を受け取りに行った。
その時に、明日の14時45分にチェックインと知らされた。

この時間ならば、寝過ごすことはないから安心だ。
正午ごろにロンドンを出れば十分に間に合う。

次にデパートの「ハロッズ(HARROD'S)」へ行った。
日本で買ったホイヤーのダイバーズウォッチが電池切れで動かなくなっていたので、電池交換をしてもらう。

水圧試験はできないということだったが、もうスキューバダイビングはしないので、問題ない。
その場で電池を交換してもらって、3ポンド(700円)。

蝋人形で有名な「マダムタッソー(MADAME TUSSAUDS)」へ行ってみる。
入場料は4.5ポンド(千円くらい)。

次に、「リージェントパーク(REGENT'S PARK)」を歩く。
女の子たちが、公園でホッケーをしていた。

緑だった葉が黄色に色づいて、4本の木が並んでいた。
今日は、ロンドンには珍しく快晴なので、空によく映えていた。

次に行ったのが「ナショナルギャラリー(NATIONAL GALLERY)」。
ルーベンス、レンブラント、ラファエル、ゴッホ、ルノワール、ドラクロア、ゴヤがあった(ノートにメモしてあったのでそのまま書きました)。

一人でレストランへ入って、ステーキとサラダとワインを取ると、13.55ポンド(3000円程度)。
セントポール寺院近くの日本語書店へ行ったら、昨日ピカデリーサーカスで会った「エロス像男」とばったり会った。

またビクトリアステーションのパブでビールを飲みながら(1パイントのビールを1人2杯ずつ)、彼と話をする。
彼は14ポンドのシングルルームを見つけたということだ。

互いの旅の無事を祈って、握手して別れる。
さて、明日の昼には、ヒースローへ向かう。

1988年10月22日の夜は、ニューヨークで眠りにつけるだろう。
それがどこになるか、予約してないのでさっぱりわからないが。
xxx
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx