ハイドパークへ行って、池でボートを漕ぐ。アメリカへ行くのは間違いない。南米へ行くかどうかは、ロサンゼルスで考えることにする。@ロンドン/英国
1988年10月19日。

心の中で、これからの旅の予定はすでに決まっている。
ニューヨークへ飛んで、アメリカ一周旅行をする。

西海岸のロサンゼルスまで行って、その時の気分によって、南米旅行をするかどうか決める。
長期旅行では、最初から最後まで旅行計画を立てることは無理で無謀だからね。

だって、旅人自身が変化していく。
自分が旅の中でどう変化していくかわからないのに、旅に出る前の考えで、旅行ルートを決めるなんてありえない。

ところが日本人はとにかく気が小さいので、計画を立てるのが大好きだ。
無意味な計画を立てて、その通りに予約してしまう。

もともと旅に出る前に本を読んだり、インターネットで調べたりして、いくら情報を集めても、無駄で無意味。
だって、旅に出る前は旅を知らない、のだから。

旅を知らない人が、旅の計画を立てること自体がおかしい。
旅のイメージは、旅をしていくうちに、自分の中で出来上がっていくもの。

旅の中で、自分がどう変わっていくかわからないのに、変わる自分を受け入れないとしたら、旅は失敗に終わるに決まっている。
だから、旅は旅の中で考えていくものなんだ。

例えば僕は、もともと旅行をする考え自体なかった。
気分転換のために、ヨーロッパで英語、フランス語、スペイン語学校に通って、一年程度海外滞在するつもりだった。

だからロンドンで英語学校に通って勉強をした。
ケンブリッジ英検特級(CPE)を受験して、合格発表までスペインでスペイン語学校に通って、勉強する。

バルセロナのスペイン語学校を終えて、アンダルシア地方を旅した。
そのままアフリカへ渡り、モロッコ、アルジェリア、チュニジアのマグレブ3国から、ヨーロッパへ戻る。
イタリア北部を旅し、南仏からフランスをぐるっと回り、イギリスへ戻った。
ロンドンで、「ケンブリッジ英検特級(CPE)」の合格を確認した。
友人もいたので、連日かわいい日本人女子留学生と飲んでいた。
この時点で決断が必要だった。

そのまま日本へ戻ってもいい。
それとも、旅を続けるか。

結局、旅を続けることにしきめて、、イギリスから、ギリシア、トルコ、ギリシアと旅を続ける。
さらにアフリカへ行き、エジプト、ケニア、エジプト、それから中東へヨルダン、イスラエル、ヨルダン、シリア、トルコと旅が続いた。

この時、ケニアでグータラしていたことで、僕の旅行観もだらだらしたものになっていった。
そのあと、ケニアの東海岸で、のんびり過ごしたのも思い出に残っている。

ヨーロッパに入ってからは、ブルガリア、ユーゴスラビア、ハンガリー、オーストリア、スイスと旅をした。
チューリッヒでユーレイルパスを買って、「一等ユーレイルパス21日間の旅」をやった。
そのルートは、スイス、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、スウェーデン、デンマーク、東ドイツ、西ドイツ、チェコスロバキア、西ドイツ、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、スイス、フランス、ポルトガル、スペイン、フランス。
これで21日だった。

そして、ドーバー海峡を昼間渡って、イギリスへ。
イギリス滞在中にダブリン(アイルランド)へ。

ダブリンからロンドンへ戻ってきて、アメリカへ行く気持ちは固まり、旅の準備をしている状態。
ただ、心の底に、まだ迷いがある。

それは結局、自分の人生を考えてしまうからだ。
まじめに人生を考えるなら、たらたら長期海外旅行なんてしている場合ではない。

ケンブリッジ英検特級(CPE)も取ったことだし、日本へ戻れば、英語を使った仕事でもして、細々でも生きていけるだろう。
この時期は、バブル崩壊以前で、日本の景気は良かったんだし。

しかし、せっかく世界の半分(アジア、アフリカ、ヨーロッパ)を旅したのに、ここで旅を止めたら中途半端だ。
北アメリカへは行かないと話にならない(まだ金はある)。

ロンドンからアメリカへ飛べば、そのまま日本へ戻っても、少なくとも「世界一周」の形は付く。
アメリカから南米へ行くかどうかは、いま考えても意味のないことだ。

ボーッとして、なぜか「ハイドパーク(HYDE PARK)」へ歩いた。
ハイドパークの池(SERPENTINE)に行くと、ボートがあったので乗る。

料金は、一時間当たり3.50ポンド(800円くらい)。
デポジット(預り金)が7ポンド。

日本の公園のボートと違って、オールの支えの部分が回転するようになってないので、漕ぎにくかった(とノートにメモしてある)。
また、ハイドパークの池にかかる橋の下は通れないようになっていた。

日本語書店へ行き、文芸春秋の1988年8月号を4.5ポンド(千円ちょっと)で購入。
実はこれは売れ残りで、最新の9月号だと8ポンド(2千円弱)するよ。

気が付いていたが、ロンドンの日本語の本は、全体的にパリよりも高い。
「地球の歩き方」の「南アフリカ」を捜すが、見つからない。

もちろん、アメリカに行って買えばいいだけなのだが。
セントジョージホテルの近くの、中国人経営の店で、野菜揚げ(35ペンス/80円)を何個か買った。

よく冷えたビールが、43ペンス(小)、56ペンス(大)。
今日は何もしなかった。

それは、明日することが決まっているから。
明日はとにかく、ニューヨークへの航空券を買って、予約を入れる。

つまり、ヨーロッパを離れる日が決まってしまう。
僕はぎりぎりまで、切符を買わないんだ。
xxx
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx