夜行の列車とフェリーで、イギリスからアイルランドへ行く。宿代を節約するためだが、こういう旅は身体が若くないとできないね。ロンドン/UK
1988年10月14日。
セントジョージホテルをチェックアウトする。

イングリッシュブレックファーストのテーブルで、日本人女子大生さん2人と会う。
彼女たちは2人で泊まっているので、ツインの料金を聞いたら、38ポンド(9000円ちょっと)だとか。

これ1988年の料金だが、共同トイレ共同シャワーの部屋にしては、やはり高いね。
ロンドンは、とにかく宿代がこたえる。

僕は、今日、アイルランドのダブリンへ行く。
列車とフェリーを乗り継いで、一晩かけてダブリンへ移動。

出発は、ロンドンのユーストン(EUSTON)駅で、夜の午後10時。
明日深夜2時過ぎにホーリーヘッド(HOLYHEAD)に着いて、そこでダブリン行きのフェリーに乗り換える。

フェリーがダブリンへ到着して、バスに乗り換えて、町の中心につくのが、明朝午前7時40分と(僕のノートに)書いてある。
ロンドンからダブリンまで、10時間程度で移動できるわけだ。

10時間というのは正直中途半端で、これなら朝に出て昼間に海を渡り、夕方にダブリンへ到着できる。
「THOMAS COOK EUROPEAN TIMETABLE」を見ると、もちろん昼間の列車もある。

午前9時半にユーストン駅を列車で出て、19時半(午後7時半)にダブリンへ到着する。
でも到着時間が遅すぎる。

その意味は、出発も遅いってことだが。
例えば、午前7時半に出られるなら、午後5時過ぎにはダブリンに着けるかもしれない。

ここでは、ダブリンとホーリーヘッド間を走るフェリーがネックになっているわけだ。
フェリーの関係で午後7時半にならないとダブリンに到着しないなら、昼間の移動は、避けた方がいい。

海外個人旅行の鉄則は「新しい町へは、明るいうちに到着する」だからね。
だから僕の旅行計画で、夜に移動して、朝到着して、歩いて宿を探すのはいい。

それに、夜行列車、夜行フェリーに乗れば、当然乗り物の中で夜を過ごすことになる。
つまり宿泊代が浮くわけだからね。

バックパックを背負って、ビクトリア駅へ行き、荷物を預けて身軽になる。
バックパック一個預けると、2.5ポンド(600円)。

「これは高い!」と感じた(そう旅行ノートに書いてある)。
なにしろ、1988年のことだからね。

「ONE DAY OFF PEAK TRAVEL CARD」(2ポンド/500円)を買う。
ピーク時間外のロンドンの乗り物が乗り放題のカードだ。

まずユーストン駅へ行って、ダブリンへの往復切符を買う(51ポンド/12000円程度)。
ユーストン駅からホーリーヘッドの列車と、ホーリーヘッドからダブリンまでの船の切符。

それが往復あるわけだ。
ロンドンのセントジョージホテルが、シングル一泊20ポンド(5千円)。

ダブリンへの往復で、乗り物の中で2泊できることを考えると、宿泊費が助かるね。
宿泊費はかからないってこと。

ただ、この時は僕も、ぎりぎり30歳代だったからね。
まだまだ若かった。

列車や船の中で寝るくらいは、たいした苦にもならない。
アイルランドのダブリンへ行ったとしても、すぐに英国へ戻ってくるつもり。

これはただ、僕の旅行国数を一つ増やすためだけの旅だ。
でも、旅行国数を増やしているだけのサラリーマン旅行者は、日本から飛行機でピョンと飛んでしまう。

それでは、残念ながら、「旅ではない」んだよ。
だって、日本から飛行機に乗って、ダブリンへ着いて、ホテルに泊まって、飯食ってウンコをして、また日本に戻るだけだからね(涙)。

そこには、全く驚きも発見も、胸のときめきもない。
それよりもなによりも、「芸」がない。

芸のない旅なんて、人に話しても恥をかくだけだから、完全なお金の無駄遣い。
でもそんな無味乾燥な旅をしている人も、いるようだ。

さて、僕にとって問題なのは、午後10時まで時間潰しをしなければならないってこと。
そこで、電話で連絡を取っていた「SELS COLLEGE」へ行って、英語コースのことを相談してみた。

(今はどうかわからないが)この時代のロンドンの語学学校は、どこへ行っても日本人だらけ。
だから、適当な学校へ行けば、日本人の話相手はいたものだ。

僕は、「ピットマン岐阜男」と昼食を取った。
ピットマンというのも有名な語学学校だったので、ピットマンに通っていて、落ちこぼれて、セルズカレッジに来た若者だったのだろう。

彼と昼食を取った。
「1.9ポンドでケッコー食わせるところ発見」と書いてあるので、満足したのでしょう。

何やかんやで、夜まで時間をつぶし、ユーストン駅でホーリーヘッド行きの列車に乗り込む。
僕はタイムズ(TIMES)とインターナショナルヘラルドトリビューン(IHT)、そしてニューズウィーク(NEWSWEEK)を読みながら、列車の出発を待つ。

午後10時、列車は出発。
僕のコンパートメントには、育ちのよさそうなイギリス人の若者が座った。

僕は彼に、日本の天皇陛下の病状について話したことを覚えている。
僕は日本のバブル絶頂期に世界一周をした。
しかし、海外では日本の話題はほとんどニュースとして報じられなかった。
ただ一つの例外が、天皇陛下のことだった。

日本の存在は、バブルの最盛期でも、世界から見ればほとんど「無」だ。
でも、天皇陛下の病状については、世界中のメディアに取り上げられている。

だから、そのことについて話したかったのかな。
僕が勝手に天皇陛下の話題を語っても、育ちのいい若者は、おとなしく聞いてくれた。

それ以外、特にネタになるようなこともなかった。
列車はスムーズに走り、午前3時ごろ鉄道の終点ホーリーヘッドへ到着。

列車を降りて、フェリーに乗り込む。
これから、ちょっとした船旅が始まります。
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx