この時代のアメリカ旅行といえばグレイハウンドバス。だからロンドンのグレイハウンドオフィスへ行って、いろいろ調べる。@ロンドン/英国
1988年10月18日。
ロンドンでアメリカ旅行の準備をしている。

アメリカへ行けば、当然アメリカ一周旅行をする。
1988年ごろ、日本のバブル景気は頂点へ向かって上り調子。
日本人の若者は、世界中を旅していたものだ。
この時代は、短期のグループツアーか、長期の個人旅行しかなかった。

個人で短期の旅行に出るというような、現在の状況とは全く違っていた。
だから若者が旅に出る場合、ある程度の長期旅行になる。

学生の場合は、一か月程度の旅行がメインだったろうか。
もちろん就職先はより取り見取りだったので、就職を決めて、長い旅に出る人たちも珍しくはなかった。

そこで定番は、「ユーレイルパスを使ったヨーロッパ鉄道旅行」。
それから、「アメリパスを使ったアメリカ大陸バス旅行」だ。

この2つをきっちりと押さえておかないと、本格的な旅行者業界では完全に馬鹿にされるので注意のこと。
残念ながら、グレイハウンドバス乗り放題の「アメリパス」は、廃止になってしまったけどね。

アメリカ横断を飛行機でやったら、そんなものは旅とは呼ばない。
風景も見ずに、座席にじっと座っていること自体は、旅ではないよ。

飛行機を降りてからが旅なので、飛行機にいくら乗っても、旅をしていることにはならない。
しかし世の中には、飛行機に長時間、何回も乗ったことを自慢する不思議な人たちも存在する。

旅をしてないことを自慢するなんて、よっぽど知能指数が低いのだろう。
いまはすっかり廃れてしまったが、一時期旅行初心者の間で流行った、子供だましの「世界一周航空券」みたいなもの。

東京からニューヨークへ飛んで、パリへ飛んで、東京へ戻ってきて、それが世界一周と言い張る人は、病院へ入れた方がいい。
繰り返しておくが、「できるだけ飛行機に乗らないのが長期旅行」なんだからね。

最近、アメリカ横断をレンタカーでやろうと考える人もいるようだ。
しかしこれは無謀だし、疲れるだけなので、止めた方がいい。

アメリカ大陸は、とにかく広い。
その割には、見どころというのは少ないんだ。

一人だけでは疲れるし、誰か同乗者を見つけて2人で交代で運転するにしても、2人の人間関係が面倒になってしまう。
車で旅をしたら、一日中一緒に行動してしまうからね。

普通は人間関係が悪くなって、別れ話になるものだ。
しかし2人で車を借りていれば、別れることもできない(涙)。

だから、アメリカ大陸横断自動車旅行なんて、誰でも一度は考えるのだが、実行した人はほとんどいない。
僕の豊富な旅行体験では、車の搬送のバイトでニューヨークからロサンゼルスへやってきた男は知っている。

彼は移動の連続で、観光もせず、ひたすら運転をして、疲れただけだった。
仕事でやることはあっても、楽しみでやるようなことではない。

だから、アメリカ横断をするとしたら、グレイハウンドバスが一番いいわけだ。
グレイハウンドだったら、バスの中で眠って、宿泊費を節約できるからね。

しかもこの時代のグレイハウンドは、予約の必要がなかった。
乗りたいバスに、その場で乗り込みさえすればいい。

乗客が多すぎて、席がない場合は当然出てくる。
その時は、追加のバスを走らせることになっていた。

僕自身、アメリカ一周旅行をしているとき、「オーランドからジャクソンビル」「リノからサンフランシスコ」のルートで、積み残しがありそうだったので、追加のバスが出たのを確認している。
だからこの時代のグレイハウンドで、アメリパスを持っていれば、本当に自由にバスに乗れたものなんだよ(笑)。

現在のグレイハウンドも、ネットで切符を買うとかなり安いので、検討の余地がある。
ただ、以前のように、その場その場でどこへ行くか決めて、自由に移動できないので、本格的な長期旅行ではなくなっているけどね(涙)。

1988年に、ユーレイルパスでヨーロッパを鉄道旅行した僕だから、アメリカへ行ったら、グレイハウンドのアメリパスで北米を走り回るのは当然。
まだギリギリ30歳代だから、バスの中で寝て、旅をつづける体力はあるだろう。

だからこの日はまず、ロンドンの観光案内所へ行って、アメリカのバス会社「グレイハウンド」のオフィスを聞く。
グレイハウンドのオフィスへ行って、いろいろと質問する。

アメリカとカナダのグレイハウンド乗り放題のパス「アメリパス(AMERIPASS)」が買えることを確認した。
旅行者にとって興味があるのは、「アメリパスをアメリカで買えないのか」ってこと。

この時代の日本のガイドブックには、「アメリパスはアメリカ内では買えない」「延長するときは日本国内で、一日2500円払ってあらかじめ延長しておくこと」と書いてあった。
ヨーロッパ大陸の鉄道乗り放題のユーレイルパスについても、「ユーレイルパスはヨーロッパでは買えない」とはっきり書いてあった(笑)。

しかし、「21日有効一等ユーレイルパスの旅」でも書いたとおり、僕は一等ユーレイルパスを、スイスのチューリッヒ駅で買った。
だから、アメリパスだってアメリカ国内で買えるかもしれない。

北米一周バス旅行を諦めて、飛行機を使うことになるかもしれないし。
そこを質問すると、オフィスのスタッフは、「アメリパスはアメリカ国内でも買えるが、20パーセントほど高くなります」とのこと。

これは信じなかったが、アメリカ一周バス旅行をするならば、アメリカ国外で切符を買っておいた方がいいだろう。
実際、僕はロンドンで一か月有効のアメリパスを買って、それを旅の途中(ジャクソンビル)で無くして、マイアミでまたアメリパスを買いなおした。

その時の値段としては、ほとんど変わらなかったけどね。
オフィスでアメリパスが買えることを確認したが、まだ買わない。

パンフレットがいろいろあったので、もらってくる。
特に、グレイハウンドの北米全体の時刻表があって、それをもらえたのがよかった。

いまは紙に印刷されたグレイハウンドの時刻表などは存在しない。
1988年もアメリカではこの手の時刻表はなかった。

紙に印刷された時刻表があると、書き込みもできるし、一目で全体像が分かるのでとても便利でした。
時々日本人旅行者に見せたら、うらやましがられたものだよ。

次になぜか「ペルー大使館」へ行った。
たまたま近くにあったのでしょう。

この時代でも、日本人はペルー入国にビザは不要だったので、無駄足でした。
街を歩いて、日系書店で「地球の歩き方(アメリカ)」を買った。

観光案内所の前で、香港から来た夫婦(英語をしゃべる中国人)と会って、軽く話をした。
彼らもベルグラーブ通りの「CHEVIOT HOTEL」に泊まっているそうだ。

そこは2人で一泊して、ツイン一部屋18ポンドだとか。
ただこの値段になるのは、5日連泊で90ポンド前払いの場合とのこと。

明るくて、話しやすい人たちだった。
考えてみると、僕は旅の中で香港人とは結構仲良くなっているよ。

アジア横断旅行では、中国奥地のカシュガルからパキスタンのラワルピンディまで、香港人のカップルと、ずっと一緒に旅したこともある。
仲よく助け合いながら旅をしたが、だんだん疲れてきて、一週間程度で別れた。

旅をしていると、毎日毎日、いろんな人と出会う。
ただ、出会うためには、心を開いていることが大事。

僕は、誰と出会った、どういう話をしたということに、一つも嘘がないんだ。
それが、僕の旅行記の特徴であり、本当にすごいところなんだよ。
xxx
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx