暇潰しのために、適当な英語学校へ行って、適当な話相手を見つける。@ロンドン/英国
1988年10月17日、見事な二日酔い(笑)。
アイルランド旅行を済ませて、僕のロンドンでの定宿「セントジョージホテル」へ戻ってきた。

無事にアイルランド旅行を終えたわけだ。
ロンドンユーストン駅から、アイリッシュ海に面した港町ホーリーヘッドまで鉄道、そこからフェリーでダブリンへ。

行きは、夜に走って朝到着した。
帰りは朝フェリーでダブリンを出て、ホーリーヘッドで列車に乗り換え、夕方にユーストン駅に着く。

計画通りに(実は計画なんかしてないのだが)ロンドンからダブリン(アイルランド)へ往復できた。
正直言うと、僕は気が小さいので、一つの旅が終わると、くたっと疲れる。

ドキドキしていたので、ホッとして、昨日は飲みすぎた。
昨日の記録には書いてなかったが、例えばフェリーの中でも、列車でも、ビールを飲み続けていたからね。

そしてもちろん、ロンドンに着いても飲んだ。
さらに、寝る前にも飲んだ。

当然のこととして、今朝はきつい二日酔い。
ぼーっとしているが、それでも何をやろうか考える。

日本にいて二日酔いだったら、一日寝ていてもいい。
日本には基本的に、面白いことなんかないんだから。

しかし、海外に出ていると、宿代もかかっていることだし、なにかしないとまずいと考えるもの。
この後、ロサンゼルスでの僕の定宿になった「ホテル加宝(HOTEL CARVER)」の場合は、何日もごろごろしているだけでよかったけどね(笑)。

それはまた、「ホテル加宝物語」で語ります(笑)。

いままでのロンドン滞在と今回の違いは、僕の友人のK君がいないこと。
彼は日本に戻ってしまった。

パリから電話をかけて、東京都港区のマンションにいるのを確認してある。

彼はなかなかモテる男なので、彼と一緒だったら、自動的に日本女性の留学生とも知り合えたのだが。
彼はジャニーズに応募して書類審査に受かり、面接を受けることになっていたくらいだ(ただ彼は僕の影響でぐーたらになり、面接が面倒で受けなかったが)。

その応募の写真は僕が撮ってあげたんだけどね。
僕は、日本に戻ってきたあと、彼の彼女(ぴちぴちヤングギャル)と、こっそりデートしたこともあるよ(笑)。

すぐにバレたけどね(笑)。

この時代は、とにかくロンドンの語学学校は、日本人だらけだった。
どこかの語学学校に行って日本人を探せば、話相手は簡単に見つかる。

そこで、適当な語学学校に行ってみた。
僕は、「インターナショナルハウス」という一流語学学校に行って、すでに、みんなの憧れ「ケンブリッジ英検特級(CERTIFICATE OF PROFECIENCY IN ENGLISH/CPE)」を取っている。

でもこの時代、そういった、厳しい語学学校で落ちこぼれて、グータラしている、名目だけの日本人留学生がたくさんいたんだよ。
また、そういう学生を受け入れる「ゆるい学校」も、いろいろあった。

学校の名前を挙げると問題があることだし(それに昔の話だしね)、ここでは名前は控えさせていただきます。
昼休みの時間に語学学校へ行けば、必ず日本人留学生が見つかる。

共通の話題があれば、すぐに話相手は見つかる。
例えば英語学校ならば、その英語学校について質問すれば、普通は答えてくれるもの。

僕はこの時、日本人留学生の「HIRO」君を見つけた。
「日本人でしょ。学校について聞きたいので、話していいかな」と気軽に声をかける。
もちろん、人柄のよさそうな若者を選んで、話しかけているわけだ。
彼とビクトリア駅のパブでビールを飲んで、いろいろ話をした。

話をしていると、僕がインターナショナルハウスにいたとき知り合った日本女性の話題になった。
ちょっとエキセントリックな女性だったが、その性格で、誰でも知っていたとか。

僕はインターナショナルハウスで話した時に、彼女はかなりおかしい人だとわかったけどね。
それがたまたま会った人と、共通の話題になるってことは、ロンドンの留学生の世間も、結構狭いってことですか。

楽しく話をして、電話番号を交換して、別れた。
僕はこの後、アメリカに行ってしまったので、再会することはなかったが。

一応時間潰しはできたので、ホテルに戻る。
ノエミおばさんが受付にいたので、「アイルランドから戻ってきました」と挨拶をする。

部屋に戻って、考える。
とにかく、アメリカへ行くのは決まっているわけだから、アメリカ旅行の情報を集めなければ。

ロンドンからアメリカへの航空券も買わなければならない。
クラプハムジャンクションにある銀行の口座からお金を引き出して、米ドルのトラベラーズチェックも作らなければならない。

語学学校で話相手を見つけて、適当な世間話をしている場合じゃないんだよ。
明日は二日酔いも治るだろうから、本格的に動き出しましょう。
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx