ロンドンで両替を調べ、銀行口座へ50万円の入金を確認して、神に感謝して、まだ生きられると安心する。@ロンドン/イギリス

【グリーンパーク】
1988年10月11日。
ロンドンはベルグラーブ通りのB&B「セントジョージホテル」。

ちょっと疲れていたのか、僕には珍しく、目覚まし時計の鳴る音で目が覚めた。
起きたのは、午前7時半。

昨日は、パリからロンドンへ移動した。
しかも、念願のドーバー海峡を、船で昼間に渡った。

これは、旅行者としては、ポイントが高い。
いまはパリとロンドンの間は、ユーロスターが走っていて、料金もかなり安いものが見つかる。

でも海外旅行としてみたら、いくら速くても安くても、ロンドンパリをユーロスターで移動しては、ちっとも面白くない。
それを、鉄道〜船〜鉄道とわざわざ乗り継いで、ドーバー海峡を渡る(ドーバー海峡を見る)から、旅行の楽しさがあるわけだ。

無事ロンドンへ着いて、馴染みのB&Bに部屋を確保した(シングル一泊5千円)。
昨日は、ピカデリーサーカスへ行って、日本の雑誌を買い、日本風のカレーライスの大盛を食べた。

でも、日本の雑誌は日本の3倍以上(千6百円以上)したし、たかがカレーライスが千円もしたよ。
昨日ロンドンに着いたときに、ビクトリアステーションのトーマスクックで一万円両替した。

でも、お金はあっという間に減ってしまう。
一冊1500円の雑誌を買って、一皿千円のカレーライスを食べて、一泊5千円のホテルに泊まったら(そしてビールを飲んだら)、昨日両替した一万円なんて、一日できれいに消えてしまった(涙)。

だから今日も、両替しなければならない。
それから、アイルランドへの旅のことも調べる。

歩いて、ピカデリーサーカスへ行った。
観光案内所で、ダブリン行きのバスを調べる。

午後7時出発の「NATIONAL EXPRESS」社のバスが、ダブリンへ午前7時30分に到着する。
つまり、所要時間が12時間半。

これが、3か月以内の往復で34ポンド(8500円)。
その他に、ロンドンを午前8時20分に出て、ダブリン着が午後7時40分のバスもある。

これを調べたのが、「BRITISH TRAVEL CENTER」というところ。
そこにはAMEXの両替窓口もあった。

5万円のトラベラーズチェックを両替すると、217.39ポンドになる。
ということは、1ポンドは230円ほどということ。

昨日ビクトリアステーションのトーマスクックで両替したら、1ポンド250円程度だった。
でも、急激に為替の変動があったのかもしれない。

このあと、バークレイバンクの両替窓口で確認したら、1ポンドは225円になっていた。
でも両替のことは、考えても無駄なので、考えません。

ロンドンの街を歩きながら、あちこちで、両替のレートを調べていたってことです。
そのあと、ビクトリアステーションからクラプハムジャンクション(CLAPHAM JUNCTION)へ行った。

最初「TRAVEL CARD」(2.0ポンド)を買ったが、それを「CAPITAL CARD」(2.1ポンド)に変更した、とノートに書いてある。
覚えてないが、ロンドン近郊のクラプハムジャンクションへ行くのに、「CAPITAL CARD」が便利だったのだろう。

クラプハムジャンクションは、僕がロンドンの一流語学学校「INTERNATIONAL HOUSE」に通っていた時、下宿していた「ハルバート夫人」の家があった場所。
僕の銀行口座は、「バークレイズバンク・クラプハムジャンクション支店」にあった。

熱心な読者は覚えているだろうか。
僕の「一等ユーレイルパスの旅21日間の旅」で、ハイデルベルクからライン川下りに行く途中、フランクフルト駅から日本に「金送れ」というハガキを出していた。

これが9月26日。
今日は10月11日だから、2週間ほど前に出したハガキだ。

実はロンドンに着いたとき、昨日だったか、バークレイズバンククラプハムジャンクション支店に電話をかけた。
その時は、入金があったことを確認しただけだった。

実際に行ってみると、僕の口座の残高は、2145.64ポンドになっていた。
50万円程度、日本から振り込みがあったようだ。

これでホッとしたね。
これで少なくとも、アメリカへ渡れる。

もし送金がなくて、ヨーロッパから日本へ帰ることになったら、中途半端だ。
もし南米、太平洋経由で日本へ帰るとしたら、それは大変だ。

でも南米へ行かないにしても、アメリカ経由で帰国できれば、世界一周旅行という形はできるだろう。
それなら、この旅の言い訳は付く。

それなら、アメリカへ渡ることにしよう。
でもその前に、ちらっとアイルランドへ行っておくかな。
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx