二日酔いで起きたせいか、なぜかブライトン(BRIGHTON)へ行って英語学校をチェックしたり、わけのわからないことをする。@ブライトン/UK
【世界旅行者協会の集まりで@養老乃瀧/新橋】
1988年10月13日、二日酔いで起きる。
その理由は、昨日ビクトリアコーチステーションで会った日本人男性と、話が盛り上がって、飲み続けていたからだ。

ビクトリアコーチステーションで会って、まずビクトリアステーションのパブでビールを軽く飲んだ。
話が合うので、続いて、ソーホーの中華料理店でワインを飲む。

長居しすぎて、そこを追い出されて別の中華料理店でさらに飲んだ。
最後には、日本人ビジネスマン御用達の高級居酒屋で日本酒を飲んだ。

僕は、お酒を飲むときは、一軒の店で、じっくりと腰を据えて飲むタイプ。
だから、パブ、中華料理店2軒、高級居酒屋という並びで、昼の12時ごろから夜遅くまで飲み続けたのは、初めての経験。

昔、六本木で飲んでたころは、俳優座の「ハブ(HUB)」で待ち合わせをして、居酒屋のコースだった。
「世界旅行者協会」で飲んでた頃は、新宿の焼鳥横丁の「鳥園」で集まって、終電まで飲んでた。

そのあとは、新橋の「新橋駅前書店」で集まって、新橋の「養老乃瀧」で飲んでいた。
特に新橋養老乃瀧は、午後4時の開店時間から電車に乗り遅れる午後12時ギリギリまで6〜7時間、ひたすら話をして、飲み続けるのが習慣だった。

だから「初めて会った人と4軒はしご」は、僕の人生でも確実に初めてのことだった。
彼の名前も忘れてしまったが、旅先の出会いとしては、いい思い出になったね。

旅先の出会いでも、日本で再会すると、盛り上がらないのが自然だ。
僕が二度目の世界一周旅行で東欧縦断(フィンランドのヘルシンキからギリシアのアテネまで陸路移動)したとき、で、ヘルシンキで日本人学生さんと知り合った。

彼も僕も大学でロシア語をやっていたので話が合った。
二回目の世界一周旅行だと、e-mailアドレスを教えて、東京で「世界旅行者協会」の集まりに誘って、話をしたが、日本では話が合わなかったね。

だいたい、旅先の出会いは楽しくても、日本に戻って、日常の中で会うと、つまらないものだ。
僕がアジア横断した時、中国奥地のカシュガルで出会った日本人の若者集団は、住所を交換して、日本で再会を約束していた。

でも、日本で会っても、それほど盛り上がらなかったと思うよ。
逆に言うと、日本で旅仲間を募集して、日本で会って話をして、人間を確かめて一緒に旅に出ても、旅の中では気が合わなかったりするもの。

日本と旅先は、全く雰囲気が変わるからね。
旅では、旅独特の時間が過ぎていくんだ。

ところで、旅先の出会いや、日本での僕の飲み方をだらだら書いたのは、ただ文章を長くするためなので、怒らないように。
この日1988年10月13日は特に書くようなことはしなかった。

二日酔いで、ぼーっとしていた。
昨日ちょっと話をした東京の女子大生二人と会って、同じテーブルに着いて話。

頭がぼんやりしたまま、ビクトリアステーションへ歩き、ブライトン(BRIGHTON)への往復切符を買う。
これは昨日、佐賀の女子大生二人と、ブリュッセルへの切符を調べたとき、ブライトンと間違えられたせいだったかな。

これを書いていて気が付いたこと、
僕は、昨日は、佐賀の女子大生2人と会って、一緒に切符を調べた。

そのあと、日本のサラリーマンと一日、わけがわかるなるほど飲み続けだった。
今日は、東京の女子大生二人と同じテーブルで朝食を食べて、冗談を言う。

つまり、人と出会い続けている。
話をしたり、飲んで訳が分からなくなったりしている。

これでもわかるように、旅の楽しさというのは、「思いがけない出会い」なんだよね。
最近の日本人には、なんでもスマホで解決できると考えている人もいるようだ。

でも、スマホでわかる世界は、スマホ内の世界でしかないんだよ。
そして、スマホもいずれは無くなってしまうから、スマホに頼った人たちの存在も経験も、すべてが無になってしまうんだ(笑)。

駅で、ブライトンまで往復切符を買う。
日帰りの切符「CHEAP ONE DAY RETURN TICKET」を買うと、7.8ポンド(1950円)。

ブライトンまで、1時間ちょっとなので、気軽なお出かけ。
でも、ブライトンは、海岸にあって終着駅だ。

僕の旅行ノートには、語学学校の名前がいくつか書いてある。
という意味は、ブライトンで語学学校に通おうと考えたのかもしれない。

「EUROCENTRE BRIGHTON」を訪れて、英語学校のシステムを聞く。
ロンドンから1時間程度のブライトンなら、落ち着いて勉強できるかも。

海岸をちょっと見て、ロンドンへ戻る。
ロンドンでも、「ピットマン」とか「セルズカレッジ」とかに、電話したようだ。

ノートに学校の名前が残ってるからね。
僕の心の中では、アメリカへ行くことはほとんど決定している。

ただ、まだ、迷いがある。
アメリカへ行くとしたら、南米へは下らないにしても、アメリカ一周はするだろう。

それは、なかなか大変だろうね。
語学学校へでも行って、ワイワイすごす方が楽だけど。

それは、明日考えましょう。
xxx
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx