ロンドンからアテネに飛び、ツーリストポリスに道を聞いて、暗い街を歩いて、飛び込みで宿を決める。@アテネ/ギリシア

【パルテノン神殿@アテネ/ギリシア(1996)】
1988年4月22日、金曜日。
昨日は、美人留学生さんたちとビールをたくさん飲んで話をしたので、二日酔いだ。
頭がボーッとして、身体がだるいので、起きたくはない。
しかし、今日は、ロンドンからアテネに飛ぶので、気合を入れなければならない。
バックパックを広げて、荷物を再度チェックする。
吉田のラゲッジラベルのショルダーバッグの中身を、慎重に確認する。
午前9時10分に、ホテルを出る。
アールズコートから地下鉄で、ヒースロー空港へ。
フライトは、昼の12時半だから、余裕があるのがいい。
ヒースロー空港で、余っていたポンドのキャッシュを、トラベラーズチェックにした。
空港の本屋で、JOHN LE CARREの「A PERFECT SPY」を買う。
それから、どこかでなくした、STEPHEN KINGの「IT」を買う。
「IT」は、バルセロナで買って以来、3冊くらいなくしたかな。
イギリスでも一冊なくしていた。
それから、雑誌の「TIME」を買って読んでいた。
オリンピック航空のフライトは、20分ほど遅れる。
離陸をして、ヨーロッパ大陸の上空を順調に飛行して、夕方にはアテネ着だ。
空港に着陸するときに、乗客が一斉に拍手をしたのが面白かったね。
アテネの空港では、ターミナルまでトラクターみたいな乗り物で移動した。
特に問題なく入国を済ませ、空港バスの133番に乗って、アテネの中心シンタグマ広場へ(料金は30ドラクマ)。
空港への到着が午後6時過ぎになって、入国審査や、両替などをして、バスに乗る。
アテネの中心シンタグマ広場に到着したころは、ちょうど日が暮れかかる時刻だった。
ところで、ヨーロッパを西の端のロンドンから東の端のアテネまで飛んだ。
そのフライト時間が、12時半から午後6時まで、5時間半は、時間がかかりすぎだと思うだろう。
その通りで、ここには「時差」が2時間あるんだ。
つまり、ギリシアの午後6時は、ロンドンではまだ午後4時。
だから飛行時間は、実際は3時間半程度だった。
大陸間の移動など、最初から時差が大きい場合は意識するのだが、中途半端な移動距離だと、時差を忘れてしまうことがよくあるよ。
シンタグマ広場でバスを降りたときは、ちょうど日が暮れかかる時刻だった。
アテネに全く土地勘がないのに、飛び込みで宿を決めるなんて、これは正直、危ない。
アテネの治安がどうなのか、わからないからね。
アテネでは、怪しい噂も聞いているし。
通りを歩いていたら、ツーリストポリスがいたので、ホテルの場所を聞く。
ま、これはただ、心配だったので誰かと話したかっただけだ。
通りを歩くと、小さなホテルがたくさん見つかる。
いまは4月の終わりだから、ギリシアの観光シーズンはまだ始まってない。
だから、部屋は簡単に見つかるはず。
そう予想していたわけだが。
4階建て程度の中級ホテルに飛び込んでみる。
これは、ホテルの設備と相場を知りたかったからだ。
これが「ホテルアマゾン」で、普通のビジネスホテルという感じ。
シャワーとトイレがついていて、ベッドもちゃんとしている。
ツインのシングルユース(2人部屋を1人で使う)で、2500ドラクマ。
この時期、1ドラクマが1円と考えていたので、2500円。
夜の街をホテルを捜してうろうろするのは、危険だ。
この日は、最初のホテルで決めてしまった。
なにしろ、ロンドンで泊まっていたB&Bが、シャワーもトイレも共同で、4000円していたからね。
さすがにギリシアでは、ホテル料金も安い。
夕食を取りに外へ出て、シンタグマ広場のカフェで、食事を取る。
緊張しているのか食欲もなく、スパゲッティとワインだけにした。
ワイン1本とスパゲティだけで、820ドラクマ。
ただ、このカフェは、シンタグマ広場に面したところなので、観光客料金もあるかなという感じがした。
ところで、ギリシアのワインは、松脂の臭いがきつ過ぎて、僕にはスムーズに飲めない。
さすがの僕も一本飲めないまま、ホテルの部屋に戻って、とっとと寝ました。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
ギリシア旅行記 / greece-turkey-greece-egypt
xxx