『東京飯店で遅い昼飯を食べて、街を歩き、チャマルティン駅でタルゴ(TALGO)の一等個室寝台を取る』@マドリッド/スペイン

1988年10月1日、リスボンを日本人美女と一緒に半日観光した。
しかし何事も起きず、僕は寂しく、サンタアポローニャ駅の列車「エストレージャ・ルシタニア号」に乗る。
この列車は、リスボンを午後9時15分に出て、翌日(1988年10月2日)朝8時半にマドリッドのチャマルティン駅に到着予定だ。
朝予約したときは、「二等寝台」ということだったが、今までヨーロッパの鉄道を乗り倒してきた僕の目からは、ただの「クシェット」としか判断できない。
別に寝具が提供されるわけでもなく、ただの平らなベッドがあるだけだからね。
しかし、6人のコンパートメントには、僕のほかは、日本人旅行者が一人、つまり日本人2人でコンパートメント独占の雰囲気だ。
海外の長距離列車、寝台車では、時々外国人をまとめて席を割り振ることがある。
このときが、それだったのかどうかわからない。
でも、日本人旅行者と二人で、コンパートメント独占というのは、うれしいね。
どうやら、彼は僕のことを覚えているようで、いろいろ話しかけてきた。
僕が今朝、サンタアポローニャ駅に着いたとき、駅で会ったというんだ。
そういえば、今朝、駅で日本人旅行者を見て、軽く挨拶したことを、ぼんやりと覚えている。
ただ、そのときは、別の日本人女性を見つけたので、そちらに集中していた。
「男性の一人旅と、女性の一人旅を見つけたら、女性に話しかけること(「世界旅行主義」より)」という有名な格言もあるしね(ウソ)。
彼はマドリッドに2年半留学していて、スペイン語を勉強していた大阪人。
もうすぐ帰国するそうで、マドリッド情報をいろいろと教えてもらった。
僕は明日マドリッドに着いて、昼間ちょっと観光して、夜にはまたパリへの列車に乗る予定。
彼から、「東京飯店というレストランが安くておいしい」と教えてもらって、メモする。
もちろん僕も、マドリッドへは来たことがある。
そのときは、2泊しただけで、プラド美術館を見て、マドリッドを歩き、トレドへ往復しただけで、とっととバルセロナへ移動した。
その夜は、リスボンを歩き回った疲れがあって、ぐっすり寝た。
翌朝、予定より少し遅れて、午前9時ごろにマドリッドのチャマルティン駅に到着。
リスボンからマドリッドまで、だいたい10時間の列車旅だったわけだ(時差が1時間あるので、リスボンの午後9時はマドリッドの午後10時になる)。
さて、今日は1988年10月2日で、日曜日だ。
僕の「21日有効一等ユーレイルパス」は、9月13日に購入し、使い始めた。
つまり、僕のユーレイルパスの有効期限は10月3日までだ。
だとしたら、とにかく、マドリッドにいるわけにはいかない。
ユーレイルパスの最後は、パリにしたい。
パリへ戻れば、パリは土地勘があるし、ロンドンへ移動するにも楽。
今夜の列車で、パリへ行ってしまえば、ちょうどいい感じだ。
そうして、パリからマドリッドへは有名な列車「タルゴ(TALGO)」がある。
アトーチャ駅の窓口で、タルゴのことを調べてみる。
タルゴはマドリッドのチャマルティン駅を、午後7時50分(19時50分)発で、翌日の午前8時48分にパリ・オーステルリッツ駅に到着。
一等と二等の寝台車がある。
もちろん僕は、二等寝台を取るつもりだったが、満席だ(涙)。
やはり、日曜日の夜に出て、月曜日の朝9時前にパリに到着する便利な列車だからか(汗)。
そこで、別な列車「RAP301 PUERTA DEL SOL」を考えた。
この列車は、チャマルティン駅を午後6時10分(18時10分)に出て、オーステルリッツ駅到着が翌日の午前10時半。
タルゴは11時間だが、プエルタデルソルは16時間以上かかる。
プエルタデルソルには、二等寝台車だけで、一等寝台はないとのこと。
1等も2等も座席車はあるわけだから、寝台がないならば、座っていけばいい。
この時期の特徴として、スペインでは鉄道は予約が必須だった。
そこで僕は、チャマルティン駅から、国境の「HENDAYE」まで、一等の座席を予約した。
ちなみに、フランスとスペインでは鉄道の線路幅が違うので、このHENDAYEで列車の台車を載せかえることになっている。
そのためか、時刻表では、午前2時8分に到着して、出発は午前3時36分となっている。
この予約手数料が200ペセタ(200円)。
ちなみに、タルゴ(TALGO)では、軌間可変仕様(左右の車輪の間隔が変えられる)となっているので、台車を乗せかえる必要がない。
だから、国境でも時間を使わないってわけね。
僕のユーレイルパスは、もちろんスペインでも有効だが、スペインだけは、鉄道は予約しないといけないので、その手数料がかかるってことです。
僕がバルセロナにいたころは、バルセロナのサンツ駅の窓口には、鉄道を予約する日本人旅行者の長い列ができていたものだ。
これで、マドリッドからパリへの列車は確保した。
次は、両替しなければね。
駅の両替所には長い列ができていて、自分の番になるまで、1時間くらいかかった。
でも、両替しなければ、地下鉄にも乗れないしね(涙)。
50米ドル札を出して、20ドル分だけ両替する。
すると、10ドル札3枚と、2426ペセタに替わる(つまり、1ドルは123ペセタ)。
手許に残っていた、100ポルトガルエスクードは、76ペセタ。
これに対して、250ペセタの手数料がかかって、手にしたのは、2252ペセタ。
計算すると、1ペセタは1.1円程度だが、面倒なので、1ペセタは1円と考える。
こういう風に、ユーロが導入される前は、とにかく両替に時間がかかり、また両替するたびに、お金がどんどん減っていったものなんだよ。
駅のコインロッカーに、バックパックを放り込む(125ペセタ/125円)。
地下鉄で「東京飯店」へ行った。
これは、列車で一緒だった日本人留学生から、勧められた店だ。
メトロの「TIRSO DE MOLINA」で降りて、東京飯店のある「EMBAJADORES 24」へ行ってみた。
しかし、さすがスペインの店で、開店は午後1時半でした。
時間つぶしに、日曜の「蚤の市」を冷やかして歩いた。
軍服や小鳥、絵画などを売る店が、それぞれ固まっているのが面白かったね。
また、日本人の若者が結構多く店にいたので、適当に話をする。
1988年ごろは、ヨーロッパを旅行していた日本人が、スペインに流れて来て、住み着くというのが流行ってた。
だから、そういったタイプの人たちかと思ったが、そんなディープはことは聞かない。
さて、時間をつぶして「東京飯店」へ、突入。
表に日本語で「ラーメン」と書いてある赤提灯があった。
店の中は結構広い。
朝から何も食べてないので、まずラーメン(360ペセタ)、牛肉とタマネギの炒め物(260ペセタ)、ご飯(70ペセタ)、白ワインボトル(180ペセタ)。
合計870ペセタ、つまり約870円。
これは、さすがに時間つぶしまでして、開店を待った価値があったね。
でも、昼飯を食っただけで、マドリッドを去ったのでは、ちょっと根性なしかも。
というわけで、ソル広場まで、歩いた。
ソル広場からマヨール広場へさらに歩く。
前回来た時は冬で、全体的に人が少なかったが、今回は10月になったばかりのせいか(日曜日でもあったし)、観光客がたくさんいたね。
さらにグランビアへ歩いて、町を見学する。
1988年10月の印象は、ゲームセンターがあちこちにあって、セガとナムコのゲームだらけだったこと。
予約した「プエルタデルソル号」の出発が、午後6時10分なので、少し早めにチャマルティン駅へ到着。
今日は、たくさん歩いて疲れた。
ユーレイルパスを使うのも今日が最後だ。
だとしたら、「一等寝台に乗ってみるのも話のネタかしら」と思いつく。
特に、タルゴには、個室寝台があると聞いていたし。
世界旅行者としては、ここは一丁派手にキメてみたほうがいいかしら。
窓口で問い合わせをするために、番号札を取って並ぶのにイライラした。
タルゴの二等寝台は満席で取れないのを確認して、一等個室寝台を聞いてみると、確かに存在する。
思いがけなかったのは、その料金で、なんと「18515ペセタ」だ。
1ペセタは、厳密に言うと1.1円程度なので、つまり約2万円だ。
しかしこれは、個室寝台だけの料金。
僕は一等ユーレイルパスを持っているので、この値段。
もしパスがないと、3万5千ペセタ(38500円)とのこと(驚)。
いいじゃないかっ!
まず、僕の人生では、このチャンスを逃したら、一等個室寝台に乗ることなんか、まず絶対にないだろうからね(涙)。
というわけで、僕は一等個室寝台を取って、チャマルティン駅の構内を、ゆったりと歩く。
二等に乗るために待っている一般大衆の皆様を通り過ぎて、「僕は一等個室寝台に乗る、選ばれた人間だよ」という余裕を見せる。
たまたま、駅構内で、日本人の若者集団を見つけたので話しかける。
彼らは、日本の観光専門学校の学生で、今夜スペインからパリに向かうとのこと。
そこで、「僕は今日、タルゴの一等個室寝台に乗るんだけどね」と、自慢した。
しかし、彼らは、タルゴとは何か、まったく知識がないみたいで、がっかりしたね(涙)。
明日朝パリへ着けば、僕の「21日有効一等ユーレイルパスの旅」は完結する。
正直、走り回って疲れたよ。
僕は、発車予定の午後7時50分より前に、タルゴの一等個室寝台に乗る。
出発前でも、列車が動いてなくても、とにかく長く乗っていたほうがオトクだからね。
参考:「世界旅行者のヨーロッパユーレイルパス21日鉄道走り回りルート(1988)」

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx