マルマリス(トルコ)からロードス島(ギリシア)へフェリーで渡り、バイクでリンドスへぶっ飛ばす@ロードス島/ギリシア

1988年4月、僕はアテネからイスタンブールへ飛んだ。
イスタンブールを見るだけで十分のつもりだったが、ついうっかりカッパドキアへ。
そのまま、トルコの自然や遺跡を見て回っていた。
5月10日、セルチュクの安宿に泊まってエフェス遺跡を見る。
このあと、トルコからギリシアへ戻って、そこから多分エジプトへ入るつもり。
だから、トルコからギリシアの島へ渡って、アテネに戻るのがいいだろう。
近くにマルマリスという町があり、そこからギリシアのロードス島へと船がありそうだ。
セルチュクのバスターミナル前で、「イズミール発マルマリス行き」のバスを捕まえる。
5時間かかってマルマリスへ到着。
マルマリスの港の近くにシングルルームを確保して、明日のロードス島行きの船の予約をする。
船会社の受付で知り合ったユーゴスラビアのゲイと話をしていた。
1988年5月12日、朝8時15分に港へ行って、預けておいたパスポートを受け取る。
欧米人観光客と一緒にパスポートが配られるのを待ちながら、世間話をする。
「赤いパスポートは日本のだから、僕のはすぐに見つかる」と言う。
すると、話を聞いていた、隣のノルウェー人が「ノルウェーのパスポートも赤いよ」と声をかけてくる。
確かにノルウェーのパスポートは日本のよりも鮮やかな赤だったよ。
ボートはけっこう小さいが、海が完全に凪いでいるので遭難の心配はない。
僕はボートの中でビールを2本飲んでボーっとしていた(このビールは1本200ドラクマ=200円)。
ロードス島は本当にトルコに近いので、ゆっくり走っても2時間で到着。
しかし、トルコの出国手続きに2時間、ギリシアの入国手続きに一時間かかった。
合計5時間のうち、船に乗ってたのはたった2時間。
でも、この手続きの面倒さが、国境を越える面白さでもあるわけでね(笑)。
ロードスの港で、ツアーの人たちはさっさとバスでどこかへ移動する。
小さなトラックがやってきて、(デンマーク人、米国人2人、そして僕の)個人旅行者を乗せて「ピタゴラス」というペンションへ到着(ドミで600円)。
僕は一人観光案内所へ歩き、紹介してもらった「ホテルプサロプラ(シングル1500円)」に泊まることにする。
このホテルは個人経営の小さなところだが、長期滞在のカップルなんかがいて、気軽に挨拶を交わしてすぐ仲良くなった。
マネージャーははっきりしたゲイで、結構優しくしてくれたよ。
この付近ではゲイの人によく会うが、そういう特別なところなのかどうか、それはわかりません。
実際僕がスペイン語を勉強していたバルセロナにも、ゲイの人は多かった。
ギリシアの島のロードス島にもゲイがいた。
これから行く、キーウェストには観光案内所のパンフレットにも、ゲイ用のホテルとか書いてあった。
旅をしていると、ゲイの人って多いんだなと思うね。
ここは、聖ヨハネ騎士団が作った「ロードス島の中世都市」が世界遺産になっている。
またリンドスにはギリシア遺跡のアクロポリスがあり、その風景はすばらしい。
ビーチを歩くとレンタルバイクがあったので、借りる(約1500円)。
スズキのDR−125Sというバイクだが、どのバイクにもバックミラーがない。
ロードスの町からロードス島の中央にある小さな白い町、リンドスへバイクでぶっ飛ばして往復した。
ヘルメットをかぶらずにほとんど車の走らない道をバイクでブイーンと走ると、とてもキモチイイね。
5月のロードスのビーチはまだ、シーズン前で、ビーチのパラソルもさびしそうだった。
この最初の世界一周の時は、僕はとにかく、海があれば泳ぐことにしていたが、ロードス島では遠慮しました。
ロードス島には、聖ヨハネ騎士団の遺跡などもあり、歩いて回るにはいい感じのところ。
ゆっくりすると、いい感じなのですが、僕はアテネへ戻り、そこからエジプトへ行くつもり。
僕はこの後、エーゲ海を渡る大型フェリーで、ピレウス港へと向かいました。
大型フェリーで出会った日本人カップルの話は、また別の機会にね。
【旅行哲学】海外でバイクを飛ばすと、日本でのバイクはバイクでないとわかるね。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx