ラルナカの海岸で、ブラジル人男性と一年も旅をしてる日本女性と会って話をする@ラルナカ/キプロス

ベイルート(レバノン)から飛んで、キプロスのラルナカへとやってきた。
着いたのが夜中で、空港のイミグレーションでは「ホテルの予約がないと入国させない」と言う。
でももちろんそういうときは、空港内のイミグレーションの手前に、ちゃんとホテル案内所があるってわけなので、心配は要らない。
というか、空港のホテル案内所に客を集めて、ホテルの紹介手数料を儲けようという、奥深い考えなんだよ。
で、「知らないところで、町から遠い、馬鹿高いホテルを予約させられたら、困るよなー」と、「金がないので、町の中心に近い、一番安いホテルをお願いします…」と、泣き顔で頼んだ。
すると、貧乏そうな東洋人をかわいそうに思ったのだろう、安いホテルを紹介してくれた。
それが「Onisillos(オニシロス)」で、1泊30米ドル、つまり3千円ちょっと。
部屋はバストイレクーラー付きのまともな部屋で、朝食まで付いていたから悪くなかったと思う。
この時期、1キプロスポンドが2米ドルという換算だった。
1米ドルが104円程度だったので、1キプロスポンドは208円。
空港を出て、道もわからないのでタクシーに乗る。
空港からラルナカの市内へは3ポンド(600円)の協定料金だったようだ。
タクシーの運転手には英語が通じた。
ホテルの名前を告げると、「そこは町の中心からずいぶん離れてるよ」と言われたけどね。
でも、ちょっと歩けばラルナカのビーチには行けるので、僕は平気だったけどさ。
このホテルで、イラク駐在の日本人国連職員に会って、国連の問題についてディープな話をした。
この話は、僕の「大人の海外個人旅行」に詳しく書いておいたので、金を払って読んでね。
翌朝さっそく、ホテルからラルナカの海岸へ歩いて行って、驚いた。
ここはヨーロッパ人の集まる、完全な観光地で、海岸にはリゾートホテルが立ち並び、砂浜にはビーチパラソル、日焼け用の白いデッキチェアがズラリと並んでたんだからさ。
で、リゾートにはふさわしくない貧相な感じで歩いていたら、これまたリゾートに似つかわしくないジーンズ姿の東洋人の若い女性を見つけた。
「エクスキューズミー、アーユージャパニーズ?」と、聞く。
すると「イエース!」という返事があったので、日本語に変えて、お話をした。
彼女はブラジル人の男性と一緒だった(残念!)のだが、なんと、ここでは野宿をしているという。
(この話は、「間違いだらけの海外個人旅行」にありますから、自分で本を買って読んでね♪)
ブラジル人男性と、彼と一緒に旅をしている日本女性と、僕の3人は、ラルナカの海岸でいろいろ話をしたよ。
でも、英語で話をしたので、途中で、日本女性(彼女もかなり英語は話せたが)に日本語で説明したりして、かなり疲れた(涙)。
このあと、観光案内所で知り合った、ハンガリー人大学院生と一緒にサービスタクシーに乗って、分割された首都ニコシアへ行って、グリーンラインへ行くんだけれど、それはまた、別の機会にね。
【写真】ラルナカの海岸に立つ世界旅行者先生(写真を撮ったのは、出会った日本女性です)。
【旅行哲学】世界中どこへいっても、日本人旅行者に出会うもの。
「大人の海外個人旅行」 

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD