スキポール空港からロサンジェルスへの機内で@KLM

【エールフランスの機内で、旅行パンフレットと「Lonely Planet」を読む】
世界旅行者の二回目の世界一周旅行では、まずアフリカを縦断して、ナミビア経由でロンドンへ飛んだ。
さらにヘルシンキ(フィンランド)から東欧を縦断して、イスタンブール(トルコ)へ下り、さらにギリシアへ入る。
その後、次々とヨーロッパ中の小国を旅していった。
サンマリノ、スロベニア、クロアチア、リヒテンシュタイン、なんかね。
もちろんバチカン市国は最初の世界一周のときに、ローマのテルミニ駅から歩いて(!)行ってたから今度はパスした。
バルト三国も、ベネルクス三国もとっくに旅をしている。
で、当然フランスとスペインの山岳国境にある小国「アンドラ」へも行ったと言ってしまうのは簡単だ。
日本にざらにいるウソツキ旅行者諸君ならば、アンドラも簡単に旅行国数に数えるだろう。
だってだれもわからないんだから(笑)。
でも僕は「僕は行かなかった(行けなかった)」と、告白する。
そのときにちょうどフランス国鉄が山猫ストを打って、チューリッヒからの列車が動かなかったからだ。
チューリッヒ駅で「この列車は動きません」と、鉄道案内所の30代のチョー美人に言われたら、世界旅行者は神の声を聞いたと考える。
「今度はまだ、アンドラへ行ってはいけません。アンドラまで行ってしまったら、もうヨーロッパへ旅をする理由をなくしてしまうからね」
それならそれに従おう。
世界旅行者は南仏へ行く予定を切り上げて、パリへと入った。
このように、世界旅行者は生まれてから一度もウソを言ったことがない。
だから、自分の海外旅行の記録としての「世界○○カ国を旅した」というところに、ひとつも傷や嘘があってはならないのだ。
でも世界旅行者は、日本の安っぽい旅行者諸君に恐れられているようだ。
その理由はだね、「世界旅行者の書くことに、一つも嘘がない」ってことなんだよ(笑)。
旅行ではいくらでもウソがつける。
だから、まず旅行者は全員ウソツキだと考えていい。
ところが、僕だけはひとつもウソがない。
これこそが本物の証明でもあり、またここが本当に強みなわけだ。
日本人旅行者はほとんど全部、旅行について嘘を言ってるから、世界旅行者に劣等感を持ってるんだ。
それが、「ねたみ、そねみ、ひがみ」という日本人固有の性質に合体して、世界旅行者を激しく憎むわけだね。
だから、世界旅行者を好きな人、大ファンというのは、劣等感がなくて、すごいことをすごいと正しく認められる人が多い。
例えば、海外経験が長い、一流大学卒、または大学院生、医学部学生、医者、弁護士などのエリートばかりなんだよ。
ただ、エリートが僕の本を買っても一冊だけ。
旅行素人の書いた馬鹿旅行本を低レベルの人が買っても一冊となるので、ここが問題なんだよなー(涙)。
本の評価として、売れた冊数ではなくて、読者の知能指数を入れてほしいものだね。
知能指数の高い人が読む本だけのランクをつければ、僕の本はエリートの間ではベストセラーだということがはっきりわかるのだが。
さて、まじめな話はここでやめておいて…。
パリのリュクサンブール公園近くの、フランスの有名な旅行代理店「ヌーベルフロンティエール」へ行った。
そこで(アムステルダム経由)ロサンジェルス行きのKLMの片道切符(世界旅行者は米国のビザを持ってるので片道で入国できる)を買う。
パリからアムステルダムへ飛ぶ機内は、ほとんどが白人のビジネスマンだったよ。
アムステルダムの巨大なスキポール空港で飛行機を乗り換えて、席につく。
ロサンジェルス行きの飛行機は完全な満席状態だ。
実はパリでチェックインする時も、別のルートに変更させられそうになったことはあったんだ。
だから、この飛行機は完全に満席だった。
僕の横のシートに横にかなり金持ちそうな白人の男性が、死にそうな感じで乗ってきた。
僕はもちろんエコノミークラスなのだが、隣の白人はどう考えてもエコノミーに乗りそうなレベルではない。
僕の右横にその金持ちで死にそうな男性が入り、僕の真後ろにその娘らしい美女が席を取っている。
またさらに、ほかの席から、親戚?らしい、これも金もちぽい若者が2、3人やってくる。
そして、「大丈夫ですか、ロサンジェルスにはすぐつきますから…」と言っている。
僕は思った。
「なるほど、この金持ちの男性は重い病気で、ロサンジェルスのUCLA医療センターなんかで治療を受けるために無理に飛行機に乗ったのだな。そうでなければエコノミーに乗るはずもないし」ってね。
ところで、僕の後ろの娘らしい白人美女は、僕の後ろの席から肩越しにこの金持ちの男性にしょっちゅう話し掛けるわけだ。
かなりうるさかった。
もちろん世の中の道理がわかっている、親切な日本人旅行者としては「席を替わってあげましょうか?」と言ってあげるのが、当然だ。
ただ、最初からこの白人の金持ち連中が、東洋人である僕をまったく無視している。
挨拶もせず、勝手に振舞っているのがちょっとカチンときていた。
そこで、「向こうからお願いされるまでは知らんふりしていよう!」と決意する。
後ろに座ってた娘は、「このエコノミークラスに座っている貧乏東洋人は、私のような金持ち白人に当然席を譲るべきだわ!」と、考えている。
そうして、僕の耳元で、死にかけたお父さんにいろんな話をする。
こうなったら、日本人の意地にかけて、ぜえーったいに、世界旅行者は席を譲らない!と、覚悟を決めた。
それに、「飛行機の中の自分の隣の席に座っていた人が、着陸したら死んでいた」というのは、世界旅行ネタとして絶対にほしいよね。
東洋人蔑視の病気の白人が世界旅行者の隣で神に召されたとしたら、それは神の定めなのだ。
しかし、世界旅行者は本当は心のやさしい人間で、神に愛されている。
後ろの席の白人女がとってつけたようなやさしい顔と丁寧な英語で話しかけてきた。
「私の父の体調が悪いので、隣に座りたいのですが、よろしかったら席を交換していただけないでしょうか?」と言う。
僕は、この丁寧な文章が終わる前に、言葉が始まったとたんに「イエス、オフコース」と答えたよ。
知らないふりをするのも精神的に疲れるものだからね。
さて、娘さんと席を交換して、後ろの席に移動すると、僕の隣には黒人が座っていた。
アフリカ旅行をしていたので、ついうっかりと「アフリカのどこ出身ですか?」と聞いてしまったが、彼はハリウッドの俳優だった。
日本のアニメについていろいろと深い話をしたものだ。
その話はまた別の機会にね。
KLMの僕の席のテーブルを取った写真があるのでそれを紹介しておきましょう。
ロンリープラネットの「アフリカ」、ミネラルウォーター、そして「ヌーベルフロンティエール」のアフリカ旅行のパンフレットだ。
というのは、このころヨーロッパから西アフリカへ飛ぶ可能性をちょっと検討していたからだけれどね。
【写真】アムステルダムからロサンジェルスへの機内のテーブルの上。
【旅行哲学】旅先では人に親切をすると気持ちがいいね。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)
italy france uk