『イスタンブールからブルガリアを通過して、ベオグラードへのバス旅(1988)』

【1988年には、日本人向けの安宿だったホテルモーラ(1996)@イスタンブール/トルコ】
注:この話は1988年のことです。現在の状況は自分で調べてください。

1988年の夏の終わり、僕は、ケニア滞在に一区切りをつけて、エジプトから、ヨルダン、イスラエル、ヨルダン、シリア、トルコと旅をして、イスタンブールへ戻ってきた。
この年の4月27日に、アテネからイスタンブールへ入っていた。

以前泊まっていた「エリットホテル」に、またチェックインする。
このころは、フリエ嬢という日本語ペラペラの若い女性と親しくなっていたが、再会すると「あれー、また来たの♪」という返事。

「エジプトからケニアに行って、戻ってきたんだよ」という説明をする。
僕はこれから、ヨーロッパを回って、ロンドンへ戻るつもり。

ロンドンへ戻ったあとどうするか考えてないが、年の初めにバルセロナにいたときに、アメリカのビザを取っている。
だから日本へ戻るにしても、おそらくアメリカ経由にすることだろう。

でもそれは、ロンドンで考えればいいことだ。
つまり、今度のイスタンブール滞在は、ヨーロッパへ入るための起点だ。

この時期、イスタンブールの日本人宿として有名だったのが、「モーラ(MOLA)」という安宿だった。
僕はエリットに泊まって、モーラへ行って、日本人旅行者をみつけては、話し相手にしていた。

車で世界一周中の大阪の男性とかなり親しくなった。
彼は、すでに南米を一周していたので、南米にある日本人宿の話を聞いりしたよ。

彼は「南米を旅している日本女性も情熱的だったねー、いやホンマ♪」と言っていた。
その言葉が頭から離れず、僕がロサンジェルスから南米へ旅に出た理由だったかもしれない。

それはそれとして、イスタンブールで出会った旅行者については、別にまとめて書こうと思う。
1988年のこの時代は、東欧旅行はなかなか大変だった。

というのは、ほとんどの東欧諸国はビザが必要だったからだ。

イスタンブールから西ヨーロッパへ入るには、ギリシアからイタリアへ船で抜けるルートがある。
これはユーレイルパスを使う学生旅行者のメインルートだ。

ただ僕は、イタリアもギリシアも旅をしている。
となると、陸路で西ヨーロッパへ入りたい。

ビザの問題を考えていくと、この時代でもユーゴスラビアにはビザが不要だった
ユーゴスラビアは一応社会主義国だったが、かなり自由化されていて、旅をする人も多かった。

普通のヨーロッパ旅行からちょっと足を伸ばす場合、東ではユーゴスラビア、西はスペイン・ポルトガル。
ここへ行っていると、ヨーロッパ旅行中の旅人の間では、ちょっと自慢が出来た。

さらに旅をすると、トルコやモロッコとなる。
でも、この時代は、学生のヨーロッパ旅行は1か月前後が普通だった。
だから、ヨーロッパを旅して、さらに、トルコまで行くのは珍しい。
スペインから、モロッコへの旅もあったが、トルコもモロッコも旅をする人は珍しかった。

僕としては、スペインからモロッコを旅している。
イスタンブールからユーゴスラビアへ入りさえすれば、あとはイタリアへ抜けることも出来る。
また、(ビザは必要だが)ハンガリーへ行くことも可能だ。

問題なのは、イスタンブールからユーゴスラビアへ、ギリシアを通らないとすると、ブルガリアを通過することになる。
そしてもちろんこの時代、ブルガリアへ入るにはビザが必要だった。

町を歩いていて知り合ったアメリカ人の若者と一緒に、タクシーをワリカンにして、ブルガリア領事館に行った
ブルガリアの観光ビザを取るのは時間もかかり、料金も高かったが、ブルガリアのトランジットビザ(通過ビザ)は、すぐに入手できる。

僕のノートには、「13000TL+4000TLX2=21000TL」とあるので、おそらくビザ代が13000トルコリラに片道のタクシー代が4000リラだったのかもしれない(確実ではない)。
ちなみにこの時代、トルコリラは0.1円と考えていた。

ブルガリア領事館でトランジットビザの申請をする列に並んで1時間半。
しかし、申請したら、ビザを受け取るまでは、たった5分だった。

おそらく申請書の中身など何も見ずに、自動的にビザを出していたのでしょう。
というのが、この時代としては珍しく、ブリガリアのビザはシールだったしね。

ビザをゲットしたあと、一度スルタンアフメット地区へ戻り、旅行会社でバスのことを調べる。
ベオグラード行きのバスを捜すわけだ。

ベオグラードへ行きたいと言うと、ウィーン行きのバスを紹介された。
ウィーンへ行く途中で、ベオグラードで降ろしてくれるという。

料金は6万5千トルコリラ(約6千5百円)。
出発は午後3時で、到着時間はわからない。

1988年9月3日に、スルタンアフメット地区の道端から、バスは出発する。
すると、バスの席が43番までしかないのに、49番まで席を売っていた。

もちろんバスに乗り込むときにトラブルが起きた。
夏の終わりのヨーロッパ行きバスなのだから、休暇を終えたヨーロッパの若者で、バスはぎっしりだ。

乗り込む前にパスポートをバスに預けたが、おそらくビザをチェックしたあと、出発前に返してくれた。
バスは午後3時の出発予定が、午後5時半に動き出す。

途中で休息はあった筈だが記憶にない。
このバスにはもちろん、トイレは付いてなかったからね。

トルコの出国審査はとても簡単だった。
ブルガリアの国境で、入国審査と税関の荷物チェックにかなりの時間がかかる。

バックパックはバスの屋根の上に縛りつけてあった。
バスの世話人が「荷物の鍵を開けろ!」という。

屋根に上って、自分のバックパックの南京錠を外したが、中を見せることはなかった。
外国人旅行者の場合は、チェックは厳しくないようだ。

バスの座席にもどり見ていると、屋根の上から荷物を放り投げている。
散らばった商品を見ると、どうやらジーンズと化粧品の密輸の摘発らしい。

この時代の社会主義国というのは、とにかく怖い印象があった。
不安を紛らわせるために、隣の席のニュージーランド人と話を始める。

たまたま彼は、僕と同じくベオグラードで降りるということで、心強い。
というか、同じところで降りる客をまとめて座らせたってことかもしれないが。

そのままバスで寝て、午前8時に、ユーゴスラビアとの国境へ到着する。
パスポートを持って入国審査に並ぶ。

僕の番になったら入国審査官は、パスポートを持ってどこかへ行ってしまった。
日本人がユーゴスラビア入国にビザが必要ないかどうか、確認するらしい。

バスの世話人が急がせるので、バスに戻る。
たぶん世話人が、パスポートをもらってくれるだろうと考える。

バスは動き出したが、走り出すとすぐに停まった。
そうして「みんなパスポートを持っているか!」と、声がかかる。

やはり、パスポートは自分でもらわなければならないようだ。
パスポートをもらい忘れたのが、僕を入れて3人いた。

バスを降りて、3人で小走りに戻り、パスポートを手にする。
あとは、世間話(主にユーゴスラビアの入国審査の悪口)をしながら、バスへ戻った。

ユーゴスラビアに入ると、道も広く、途中のサービスエリアもきれいだ。
午後3時に高速道路の脇で、バスが停まって、僕とニュージーランド人の若者が降ろされる。

「ベオグラード!」と言われただけだ。
駅の方向だけを聞いて、ニュージーランド人と一緒に歩き出した。

つまり、イスタンブールのトプカプターミナルを出たのが午後5時半。
ベオグラード到着が、僕の腕時計で午後3時だから21時間半だ。
ただ、実は、午後3時だと思っていたのは、実はユーゴスラビアでは午後2時だった。
というのは、トルコと(この時代の)ユーゴスラビアの間には1時間の時差があったからだ。
時差に気が付かない世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、1時間ズレたままベオグラードで活動します。
それがまた別の、興味深い勘違いを招くことになります。
ただこの話、ブルガリア国境、ユーゴスラビア国境でかなりの時間を取られた。
2009年現在だと、ブルガリアはビザが不要だし、国境審査も厳しくないので、もっと早く着けるでしょう。

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

turkey europe asia world index
エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)
xxx