IALYSSOS(イアリソス)船上の日本人カップルに、アムステルダムの住所を教えられる@ロードス島〜ピレウス/ギリシア

トルコのマルマリスから小さなボートで2時間かかり、ギリシアのロードス島に渡った。
ロードス島からエーゲ海を船に乗って、アテネの外港ピレウスへ入る。
そのあと、アテネからエジプトへ飛ぶ計画だ。
トルコのバス旅行が思いのほか時間を取ってしまったので、ロードス島に長居はできない。
まだ5月なので、ビーチでゆっくりとしようとしても、シーズン前でまだ水が冷たい。
どこでも必ず泳ぐ決意のさすがの僕も、ここでは二の足を踏む。

観光案内所で紹介してもらった「ホテル・プサロプラ」は、1泊シングルで1500ドラクマ。
1ドラクマが 0.9円と考えて、約1350円。

ホテルの階下がバーになっていて、マネージャーは耳にピアスをした筋肉質の伊達男だ。
2人きりの時は、僕を見つめて片目を閉じたり開けたりする。
きっと、目が悪いのだろう。
ただ、ギリシアの島には、ゲイの人が多いというのも、世界常識なんだけどね。

城壁の中の旧市街をうろつき、オフロードバイクでリンドスまで往復して、2日でロードス島とはお別れ。
船会社のオフィスで、ピレウス行きのボート「イアリソス」の切符を買う。

2等の2人用船室を 1、5人分払って個人使用する。約7000ドラクマ(6千3百円)だ。
高いようだが午後4時出発で翌日の正午にピレウス着だ。
エーゲ海を行く20時間の船旅だし、ゆっくり眠りたい。
デッキで眠るには、いまの季節は寒過ぎるし、寝袋もないからね。
知らない人と2人部屋というのは、気を使って最悪なのでこれは仕方ない。
船室を1.5人分払って1人で使えるというのは、ポイントが高いよ。
このあとアメリカ大陸へ渡った時、メキシコのカリフォルニア半島のラパスからマサトランへフェリーに乗った。
この時は、船室を一つ確保するのに、2人分はらったからね。
午後3時に我が「イアリソス」が港に着く。
大型のフェリー船だ。

船客は港で立って待っている。
その中に2人の東洋人のカップルを見つけた。

日本人のような雰囲気だ。
気付かない振りをして、本当に日本人かどうか、2人がどういう関係なのか、を遠くから観察する。

日本人だと即断して、慌てて声をかけると恥をかくからね。
アテネのイフェストウ通りのバザールで、日本人に間違いないファッションの可愛い女の子に「こんにちわ!」と声をかけたことがある。
すると、中国語で返事をされて、びっくりして逃げ出したこのは、ついこのあいだだ。
ロンドンで学校に通っていたころは日本人の女の子ばっかりだった。
そのころは、日本人を見る目もあったのだが、北アフリカからヨーロッパに戻ってからは東洋人が全部日本人に見えてしまう。
乗船して甲板にいると、東洋人は僕たちだけなので互いに自然と意識している。

日本語をしゃべっているのを確かめて、話しかける。
「日本からですか?今の時期珍しいですね」
「いいえ。オランダから来たんです」
思いがけない答えが返る。

話を聞くと、彼らはオランダの日本レストランで働いているというのだ。
日本を出てもう4年になるという。

これまでニューヨーク・ロンドンの日本料理店で働いてきた。
2人はニューヨークで働いている時知り合って、同棲を始めた。
事情があってロンドンに移ったが、ロンドンは生活しにくい所だった。
それで次に、アムステルダムへ移動した。

ロンドンが生活しにくい所だというのは、僕も4ヶ月ほどいたので納得する。
アムステルダムとは思いがけない所だが、ビザも必要ないし入国管理もないので世界中の訳あり人間の吹きだまりだそうだ。

何でもありで、人種のるつぼだから、みんな互いに無関心で気楽だという。
「2人で働いていると、日本では考えられないような大きいアパートを借りれるし、こうしてギリシアへも旅行に来れるでしょ。親は心配してるけれど、日本に帰っても何にも楽しいことないじゃない」と女の子が僕に言う。

その通りだと思う。
外国の庶民の生活には余裕がある。
一度それに慣れてしまったら、働きづくめの上に人間関係が面倒な日本に戻って来れるはずがない。
それが、長期海外旅行、長期海外滞在の罠だろうね。

2人はオランダからロードス島への滞在型ツアーでやってきた。
これからアテネに寄って、飛行機でロードス島へ戻って、ツアーに復帰するという。

僕も久しぶりの日本人だし、彼らも仕事場の日本人以外に会うのは久しぶりだというので話が弾む。
僕は早速ビールに誘う。

旅先であった日本人と今までの経験を交換することは旅の大きな楽しみだ。
男の子は25歳ぐらいで、女の子も同じ位の歳。

彼らの経験では、ニューヨークが一番楽しかったという話だ。
「本当はニューヨークで生活するのが夢なんですけれど、ビザの問題があって入国出来ないんです」と言う。

僕もロンドンで英語を勉強した後、バルセロナでスペイン語学校に通い、その後北アフリカに渡ってからはずっと移動を続けている。
この頃アメリカ経由で日本に帰る計画を考え始めていたので、彼らのニューヨークについての話を興味深く聞く。

僕も北アフリカから南欧にかけて旅行したばっかりだったので、彼らのおもしろがるような失敗談がいっぱいある。
ロンドンの悪口だけでも話は盛り上がる。

ついレストランの営業が終わるまでビールを飲んで粘って、追い出されてしまった。
自分の部屋に戻って、ベッドに寝ながらバルセロナからずっと持っている、ステファンキングの「IT」を読む。

エンジンの音が変わって、船がどこかの島に近付く様子だ。
甲板に上って、小さな港に船が着くのを見る。

夜は肌寒く、闇は深い。
流れ星がひとつ。
今日も無事に一日が過ぎた。
心で神に祈る。

次の朝はゆっくり眠った。
正午過ぎ、ピレウスに到着して、カップルと一緒に上陸する。

ピレウスは前に一度来たことがあるので2人を案内して歩く。
彼らはイドラ島へのボートを捜す。

ボートの時間を調べると、一緒に食事をする時間がない。
ここで別れることにする。

お互いもっと話したいことがあったが、さよならを言う。
彼はアムステルダムの住所と電話番号を紙に書いて「絶対に来て下さい」という。

僕はピレウスから地下鉄に乗る。
アテネに入る。
アテネの中心部のモナスティラキ駅を出た所で、住所を書いたメモを捨てた。
僕は多分、アテネからアフリカへ行く。
アフリカから、多分もう一度ヨーロッパへ戻ってくる。
ヨーロッパは、まだ旅し残したところがたくさんある。
アムステルダムへもおそらく行くことになるだろう。
彼らの所に世話になれば楽かも知れない。

でも僕は「関係」から逃れて来たのだ。
「関係」を求めて来たのではない。

【旅行哲学】人は簡単に出会うが、別れることがもっと大切だ。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx