ブダペストからウィーンへ水中翼船に乗る@ブダペスト/ハンガリー

【世界旅行者@ブダペストにて(1996)/後ろがドナウ川、向こうの丘の建物が王宮】
ブダペスト東駅の待合室で一夜を過ごし、翌朝出会った日本人の男性1人、女性1人と一緒に民宿に泊まる。
しかし3人で一つの部屋に泊まっても、何もなかった。

僕の長い海外個人旅行では、ほとんどシングルルームに泊まっていたので、他の人と同じ部屋に泊まるというのはいい経験だった。
それに、男女ミックスで泊まるなんてね。

モロッコのフナ広場で出会った、某有名芸術大学大学院の女の子が、男性2人と泊まっていたことを思い出す。
おそらくその時に、「世界旅行者としては、一度は男女3人で同じ部屋に泊まらないと話のネタにならないなー」と思っていたに違いない。

世界旅行者はものすごくわがままな人間なので、他人がやったことは自分でもやらないと気がすまないんだ。
でもこの考えだから、世界旅行者の膨大な海外旅行経験に、さらに新しい経験が付け加わったってことね。

これで、世界旅行者の海外個人旅行経験は、さらに完璧に近くなった。
しかもこれは、1988年の話なんだからね(笑)♪

翌日は僕は2人を部屋に残して、とっとと1人でブダペストの町へ出た。
僕はいろいろ考えること、やることがあった。

僕は、ブダペストの後は、オーストリアの首都ウィーンへ向かうつもりだ。
その交通手段を考えなければならない。

もちろんヨーロッパ旅行の定番、鉄道でウィーンへ入ることは可能だ。
ブダペストからウィーンへは、鉄道でたったの3時間程度だから、列車に乗るのが普通だろうね。

しかし僕はすでに、西ヨーロッパを中心に列車は乗り倒している。
もし可能ならば、なにか鉄道とは違う、変わった行き方をしたいものだ。

バスの時間を調べると、午前7時と午後5時にウィーン行きがあった。
この料金が20米ドル。
ただ、バスについては、イスタンブールからベオグラードまでの長距離バスで疲れたばかりだ。

聞くと、その他にドナウ川を行く水中翼船があるとか。
ドナウ川を船で行くとは、これは話のネタになるよ。

考えただけでもウットリするね。
船着場へ歩いて行く。

暇そうにしていた人に、切符の予約のことを聞く。
「ガラガラだから来れば乗れる」とのうれしい返事だ。

出発は午前7時だから、明日起きたときに考えてもいい。
料金は48ドル。

次に、チェコスロバキア大使館へ歩いた。
ビザ代23ドルで、その場でチェコスロバキアのビザをゲットする。

ビザを取るという一つ大仕事を済ませたことに、ホッとする。
海外の大使館や領事館へ行って、ビザを取るってことだけでも、すごくいい経験なんだ。

ブダペストでチェコスロバキアのビザを取ったやつなんて、そんなにはいないよ。
ここでも、世界旅行者としての勲章が一つ増えたわけだ。

今ではチェコスロバキアという国自体が存在しない。
しかも、チェコもスロバキアもビザなしで旅行できる。

でもそれでは、ちっとも面白くないんじゃないかなー。
やはり何か障害があって、それを乗り越えて入国した時の感動はいいものなんだよ。

その経験を反芻しながら、街角のイングリッシュパブに入る。
ビールが安かったので、ジョッキを3杯飲む。

そのあと一気に鎖橋を渡って、ブダペストの名所を見に行く。
ブダキャッスルヒルに登る乗り物が10フォリント(25円)。

ブダ王宮、英雄広場、漁師の砦、マーチャーシ教会などの観光名所をとっとと歩く。
National Archives(国立公文書館)もなかなかステキだった。

丘の上のヒルトンホテルが、昔の建造物と一体となっていて、その建築技法に感心する。
歩いていると酒屋を見つけた。

ハンガリーの名物がトカイワインというものとは知っていたが、高くて手が出ないと思っていた。
ここで安いトカイワイン(170フォリント、約400円)を買った。

しかしいま考えると、ひょっとしたらトカイワインではなくて、「トナカイワイン」だったかもしれない。
たいしておいしくもなかったからね。

続いて、南駅と、西駅を見る。
西駅ではモスクワ行きの列車と、プラハ(チェコスロバキア)行きの列車を見つける。

そこで考えた。
水中翼船でウィーンへ行くとしたら、明日の朝7時に船着場へ行けばいい。
すでにチェコスロバキアのビザを取っているので、今日見た午後8時15分のプラハ行き列車でチェコスロバキアへ行ってもいい。

それとも、もっと滞在して、ポーランドと東ドイツのビザを取ってもいい。
しかし、結局翌朝早く目が覚めてしまったので、時間の潰しようがなく、水中翼船に乗ることにした。

船着場へ行ってその場で切符を買う。
船に乗り込む前に、パスポートチェックがある。

税関も両替所もある。
やはり一応国境越えの国際線というわけだ。

船の中は自由席で、早いもの順に席を確保する。
船は午前7時過ぎに出て、ドナウ川の左岸がハンガリー、右岸がそのころのチェコスロバキア(現在のスロバキア)を見ながら快調に走る。

船は快調に走るが、水中翼船なので、窓に水しぶきがかかって、ほとんど外の景色は見えなかったよ(涙)。
右にブラチスラバが現れるのが5時間後、昼の12時10分。

そのまま走って、ブダペストからウィーンに到着したのが約6時間後の午後1時15分だった。
船着場近くで地下鉄に乗って、町の中心へ。
オペラ下の観光案内所へ行って、今夜の宿を紹介してもらいました。
カイロから中近東を通り、トルコへ入って、ブルガリア、ユーゴスラビア、ハンガリーと旅してきた。
さすがにウィーンまで来ると、ヨーロッパに入ったという感覚がする。
オスマントルコも、ウィーンを包囲しただけで、陥落させられなかったしね。
さて、これからどういう風に旅を続けるか。
それは、ウィーンでじっくり考えようかな。
というのが、観光案内所で見つけたホテルが、とても感じがよかったんだ。
旅の半分は泊まったホテルの印象で決まる(「世界旅行主義」より)からね。
注意:ただ、鉄道だと、3時間程度で移動できます(笑)。

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index
xxx