ダブリンに着いた日に、とっととダブリンの観光を済ませたが、ダブリンの不景気が街を歩いているだけでわかった。ダブリン/アイルランド
1988年10月15日。
今日は、アイルランドのダブリンへ上陸する日だ。。

10月14日午後10時にロンドンユーストン駅から列車に乗った。
4時間半後の、10月15日午前2時半ごろに、列車はホーリーヘッドの港に着く。

列車を降りて、歩いて船に乗る。
この時は、列車がそのまま船に乗るわけではなかった。

コペンハーゲンからオスロの間では、列車ごと船に乗り込んだものだ。
また、コペンハーゲンからベルリンへ向かう時も、列車は船に乗り込んだ。

ホーリーヘッドからダブリンのフェリーに列車が積まれない理由。
それは、ダブリンに着いたら、さらに列車で走るような距離でもないからだろう。

SEALINK社のフェリーに乗り込むのが、午前3時。
フェリーの大きなシートに座る。

日本のフェリーでは、床に雑魚寝状態だったりする。
ヨーロッパではそんな難民みたいな状況はありえない。

例えば、ストックホルムとヘルシンキの間の「シリアライン」では、一番安いクラスでも、クシェットのような設備があった。
一人一人の寝る場所が大きくて、きちんと整備されている。

この「ホーリーヘッドとダブリンの間を結ぶフェリー」でも、乗客のシートは、大きくて、リクライニングして、立派なものだ。
しかし、乗客の中にはもっと立派な設備を期待している人もいたらしい。

白人女性が(もちろん英語で)「私はファーストクラスの切符なのに、船はファーストクラスじゃないの(怒)」と大声で、文句を言っていたよ。
やかましくて迷惑だったね。

だって、午前3時過ぎだから。
みんな適当なシートに座って、すぐ眠りについた。

船は午前3時15分にホーリーヘッドの港を出る。
そのままシートでうとうとして、ダブリンのフェリーポートへ到着。

これが午前7時ごろ。
乗船時間は4時間弱というところか。

ダブリンの港に到着したら、そこには無料のバスが待っていて乗り込む。
着いたのは、ダブリンのユーストン(EUSTON)駅で、1988年10月15日午前8時前になった。

ロンドンのユーストン駅を午後10時に出て、列車とフェリーを乗り継いで、ダブリンへ到着が午前8時前。
乗り換えなどで何やかんやあったが、トータルで10時間程度かかったわけだ。

ダブリンのユーストン駅から、また別のバスに乗って、観光案内所のあるシティセンターへ。
このバス料金は別に払い、50ペンス(100円)。

アイルランドの通貨は「プント(PUNT)」で、僕はフェリーの中で、両替していた。
ノートにあるメモによると、「39.21ポンド→45エールプント」となっている。

面倒なので、1プントは200円と考えることにした。
僕は今日(10月15日)の夜に一泊して、16日にはまた船に乗ってイギリスへ戻る。

アイルランドでは、一泊しかしないので、この程度の両替でいけるのではないかと考えたわけだ。
観光案内所が開くまで、時間潰しに朝食を取る。

朝食Bセットが、1.30プント(260円)とメモしてある。
僕が覚えているのは不思議な光景だった。

ダブリンの朝は、霧が濃い。
僕はレストランで朝食を取ったが、そのレストランには、タキシードを着た若者たちと、ドレスを着た若い女性が何人もいた。

まるで映画の撮影でもやっているのかと、見まごうばかりの情景だった。
僕は別にそれを詮索しないので、ただ、不思議な感じがしたという記憶だけがある。

街がだんだん動き出し、観光案内所が開いて、僕は地図やパンフレットなんかをいろいろもらう。
そしてもちろん宿を紹介してもらう。

名前は控えてないが、B&B一泊が12プント(2400円)。
それから予約手数料が、50ペンス(100円)。

すぐに宿へ行って、荷物を置いて身軽になる。
休みもせずに、ダブリンの観光に出る。

まず「トリニティカレッジ(TRINITY COLLEGE)」へ。
次に「クライストチャーチ(CHRIST CHURCH)」(入場料50ペンス)。

さらに、「パトリックス大聖堂(PATRICKS CATHEDRAL)」(入場料60ペンス)
カトリックの教会は、壁に有力者の真鍮ピカピカのパネルが貼ってあって、権力欲がムンムンしている。

観光案内所でもらったパンフレットによると、この日はダブリン千年祭(DUBLIN MILLENNIUM)、DUBLIN THEATRE FESTIVALの最終日だった。
行くと、「IRISH LIFE VIKING ADVENTURE」という催し物があったので、参加してみた。

参加料が2プント(400円)。
内容は、バイキングの扮装をした人が、バイキングの説明をして、質問に答えるみたいなことでした。

役者が出てきて、コントみたいなものをやり、適当に楽しかったです。
僕のノートに、「浅草の夜逃げ屋みたいなのを見た」とある。

が覚えてません。
この時代のダブリンは、景気が非常に悪くて、町も荒れてた。

ちょうど、上野や浅草みたいなにおいがしたのでしょう。
そのあと、アイルランドの景気も良くなったという話を聞いたが。

これで、ダブリンの観光は終了。
日本にいる友人知人に(もちろん自分にも)絵ハガキを出す。

列車やフェリーの中で読み続けていた、アガサ・クリスティの「ELEPHANTS CAN REMEMBER」を読了。
引き続き、「PERIL AT ENDHOUSE」に取り掛かる。

アイルランドの郵便ポストは、緑色なのが興味深い。
街には、「スリ(PICKPOCKET)に注意」のサインが多い。

歩いていると、小銭をねだる男女が多かった。
やはり、景気が良くないのだと肌で感じる。

これで、僕のアイルランド旅行は終了。
明日の朝、アイルランドを出て、ロンドンへ向かいます。
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france イギリス旅行記

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx