シリアラインでヘルシンキに到着して、歩き回って、夕方にはまたシリアラインに乗ってストックホルムへ@ヘルシンキ/フィンランド

【ヘルシンキ鉄道駅(1996)】
ストックホルムからのシリアライン(Silja Line)の大型客船は、出発が午後6時。
静かなバルト海をすいすい進んで、フィンランドの首都ヘルシンキ到着が1988年9月21日、翌朝の午前9時。
横になってゆっくり寝れたので、気力体力は十分回復している。
今日の昼はヘルシンキを歩き倒して、夕方にはまた船に乗り、ストックホルムへ戻るつもり。
だって、ユーレイルパスがあるので無料だからね。
船の中でフィンランドの通貨マルカ(FIM)へ両替する。
手持ちの20ドイツマルクが44.10マルカに変わる。
1マルカは、1988年9月のこの時期、だいたい30円と考えればいいだろう。

ここでは手数料がない(No Commission)が、その分、両替率(Exchange Rate)は少し悪いのだそうだ。
手数料分を両替レートの悪さで回収しているわけだよ。

フィンランドの入国審査(Immigration)はほとんどないも同然で、ほかの人たちはノーチェックで通り過ぎる。
しかし、僕は、呼ばれてチェックを受けた。
よく観察すると、どうやら東洋人は全部チェックされていたね。
港の両替所を見たら、両替率はすこしいいが、一回あたり10マルカ、つまり300円の手数料を取る。
とにかく、観光案内所のあるヘルシンキ中央駅へと歩く。
駅の地下の両替所では15マルカ、手数料は450円だった。
昼間しかフィンランドにいないので、1200円程度しか両替しなくてもいいのではと、思った。
船で手数料無しで両替したのは、小額の両替ならば、賢かったわけだ。

ヘルシンキ駅の観光案内所も、北欧らしく、愛想がよくて、とても親切だ。
市内地図と、ヘルシンキのウォーキングツアーのパンフレットをくれる。

夕方シリアラインでストックホルムへ戻る予定だが、別に予約をしているわけではない。
ほかのルートも調べてみる。
歩いているとインツーリスト(ソ連の国営旅行会社)のオフィスを見つけた。
船で会ったデンマークの若者が一週間でソ連のビザが取れると言っていたので、聞いてみる。
すると、旅程のアレンジとビザで最低10日はかかるそうだ。
また、ソ連の宿泊先のホテルリストを見せてもらったが、高級ホテルばかりで、とても手が出ない。
そこで、あっさりと諦める。

注:1996年に行ったとき聞いたら、4日でビザは取れるそうです。また、宿泊先もユースが手配できるとか。今ならば、もっと簡単にロシア入国ができると思いますよ。

同じコースを取ってストックホルムへ戻るのも芸がないので、ちょっとポーランドへのルートを考えてみた。
すると、フィンランド航空(Fin Air)で、ヘルシンキからワルシャワまで1595マルカ、約4万5千円。
ヘルシンキからポーランドのグダニスクへの船もあるが、週に火曜日金曜日の2回で、夜に出て到着は2日後の朝だという。
これはとても疲れそうなので、あっさりと止める。
結局、今日の夕方のシリアラインで戻るしかないわけだ。
もちろんそれのほうがいい。
だって、シリアラインの快適さは経験済みだから。
歩き回っていて考える。
ヘルシンキで昼飯を取ることを考えると、どう考えても1200円程度では足りない。
そこで手持ちの30ドイツマルクを両替すると、手数料10マルカぼったくられて、約60マルカになる。

マクドナルドへ行って、コーヒーとビッグマックを頼むと、23マルカ(約700円)。
やはり北欧は物価が高いね。
ストックマンデパートへ行って、北欧デザイン家具や食器などを見学。
記念に一番安いプラスチックのコップを買うと、これが5.5マルカ(165円程度)。

観光案内所でもらったヘルシンキウォーキングツアーのパンフレット「See Helsinki on Foot」の第1コースを歩いてみる。
ちなみに、このコースは6番まであります。
ヘルシンキ中央駅の巨神像が、フィンランドの青い空に映えて、とてもいい感じだ。
エスプラナティカ通り、Senate Square(元老院広場)の階段に腰を下ろして休む。

【2度目のヘルシンキ(1996)】
その後もどんどん歩く。
歩きつかれて、午後4時に港へ戻り、すぐにチェックイン。
乗船は午後4時半だった。
船を歩き回っていると、デッキで日本女性を発見する。
「売れないイラストレーター」と自己紹介された。
彼女の話では、オスロで童話作家会議があって、それに参加するという。
また、船も個室を取っているとのこと。
だから、かなりお金はあるわけで、ひょっとしたら有名な人だったのかもしれないよ。

シリアラインには、もちろんサウナも付いていた。
話のネタに、もちろんトライしてみる。

サウナ料金が28.6SEK(スウェーデンクローナ)、約600円。
紙シートとバスタオルを渡される。
ほかの人を観察しながら、彼らがやるとおりに、まねをする。
このシートをお尻に敷いて、タオルはシャワーの後に身体を拭くだけ。
つまり、サウナの中は全裸だ。
サウナの中では、客がサウナ石に水をかけて蒸気を出している。
日本ではこれはしないよね。
サウナの後のビールが18クローナ、つまり約360円。
サウナとビールで千円ならば、まあ我慢できるかな。
個室サウナ(ファミリー用)もあるとのこと。
すると、サウナの中でエッチもできるのではないかと、想像をたくましくする。
確かにそう思う人も多いようで、観光案内所でもらったパンフレットには、わざわざ「サウナとセックスは関係ありません」と強調してあった。
フィンランドといって思い出すのが、雪の積もった森にサウナ小屋が建っていて、小屋から全裸の男女が飛び出してきて、湖に飛び込むシーンだろう。
これをみれば、誰だって「サウナ小屋でエッチしていたんじゃないかなー」と思うよね。
僕の考えでは絶対にやってるともうよ。
僕だったら、絶対にやるからね。

そういう妄想をたくましくして、ストックホルムで買っていた、ワインの残り一本を飲んで、眠りにつきました。

【写真】ヘルシンキ中央駅
【旅行哲学】フィンランド人はサウナ小屋の中でエッチをするのかしないのか、それが永遠の謎。
xxx

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx