ハイデルベルク@ドイツ

西ベルリンからフリードリッヒシュトラッセ駅で東ベルリンへ入り、リヒテンベルク駅を出たのが午前7時38分。
ドレスデンを経由して、(そのころの)チェコスロバキアへ入国。
エルベ川を船が通る景色を見ながら、プラハ到着。
両替にバタバタしたり、コインロッカーの使い方に迷ったりした。
プラハの名所、火薬塔、旧市街広場、カレル橋、小地区広場、プラハ城、黄金小路という名所を見る。
その日のうちに、そのまま夜行列車で西ドイツへと抜ける。
2等車のコンパートメントをオランダ人、アルバニア人、そして日本人の僕の3人でうまく使うことができた。
座席を引き出して、ちょうど三人分のベッドができるので、ゆったりと眠ってニュルンベルグへ到着。
ニュルンベルグの朝を散歩していて、迷い込んだ聖セルバドス教会はミサの最中。
旅の無事と世界平和を祈る。
寄付を集めに来た神父さんに手持ちの5ドイツマルクコインを献金したら、特別に感謝の言葉をもらった。
昼過ぎにまた列車に乗り、シュツッツガルトを経由して、午後4時にはハイデルベルクへ到着する。
ハイデルベルク駅前の観光案内所が閉じていると思って、駅のホールのホテル予約専用電話で、「Hotel Central」を予約した。
ホテルを決めたあとで、観光案内所が開いているのに気がつく。
観光案内所でもホテルを予約してくれるが、予約手数料を取られるので、ラッキー♪
といったところだが、せっかくなのでハイデルベルクの地図をもらう。
ホテルはシングルルームで46ドイツマルク(1DM=75円で計算して、3450円)。
このホテルで改めて感動したのが、ドイツの宿の清潔さと機能性だったね。
シーツは真っ白でパリッと糊が効いていて、シャワーは熱いお湯がドカッと出る。
フランスやスペインなんかだと、安宿では本当にいい加減なところもある。
ドイツの宿はどこもきっちりしているのが、2つの国のお国柄を示している。
ホテルに荷物を置いて、ハイデルベルクを歩くことにした。
古い町並みを抜けて、けっこう歩いて、ネッカー川にかかる橋まで出る。
ハイデルベルクといえばドイツの大学都市だが、日本では「アルトハイデルベルヒ」という小説の舞台として記憶されているようだ。
これは、学生としてこの町にいたカールスブルグの皇太子、カール・ハインリッヒとレストランの娘、ケーティーとのはかない恋を描いた、マイアー・フェルスターの小説。
と言っても、僕は読んだことないんだけどね。
日本陸軍が若手のエリートをドイツに留学させていた時、ドイツ娘との恋愛が多かった。
森鴎外の「舞姫」は、彼のドイツでの恋愛体験を元にして書かれたという(僕は読んだことないですが)。
日本陸軍のエリート留学生は、ドイツ娘との恋愛で、ドイツ寄りになったという話もある(このドイツ娘たちはナチのスパイだったという話もある)。
まあ、世の中は結局セックスで動いている、ということだよね。
日本人にとってはドイツ娘との恋愛は、それほど非現実的なことではなくて、だからこの話に人気があったんだろう、と僕は思う。
僕が旅行していた時も、そうそうアレッポ(シリア)の僕の部屋に訪ねてきた日本人の男性が、ドイツ女性と一緒の部屋に泊まって旅行していた。
文章でただ「ドイツ女性」と書くと、背の高い筋肉質の知的な女性を思い浮かべるだろう。
けれど、その日本人男性と一緒だったそのドイツ女性は、かなり太ってぶくぶくだったけどね。
でもまあ、ドイツ女性は日本人男性を相手にしてくれるという噂はあります。
ですから、旅先で知り合ったら、ちょっと誘ってみるのもいいかもしれない。
ハイデルベルクの正直な感想としては「観光都市でたいして面白くない。ニュールンベルクの方がずっといい」と僕のノートに書いてあることを紹介しておこう。
翌日僕は、フランクフルトを経由して鉄道でビンゲンへ行き、そこでライン川下りの船に乗ったんだけど、その話はまた別の機会にね。
【旅行哲学】ドイツや北欧、デンマークの女性は日本人男性にも優しいという噂があります。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx