『ハンブルク駅前に宿を取り、コペンハーゲンからオスロへのクシェットの予約を取って、レーパーバーンを歩く』@ハンブルク/ドイツ

注:この話は1988年の「ユーレイルパスを使った21日間ヨーロッパ鉄道旅行」の一部です。
1988年9月15日、フュッセンからヴュルツブルクまで、ロマンチック街道をヨーロッパバスで旅する
1988年9月16日朝、ヴュルツブルクで、マイン川の運河を見た。
そのあと、列車が出るまでの時間を使って、身の回りの細かな買い物をしたり、絵葉書を出したりする。
ヴュルツブルク駅で、午前9時25分発の「IC586 HERRENCHIEMSEE」の一等コンパートメントに入る。
この列車は、ミュンヘンからハンブルクへ向かう。
ミュンヘンを午前6時51分に出た列車が、9時17分にヴュルツブルク駅に到着。
ヴュルツブルク駅を9時25分に出発して、ハンブルグ到着が14時1分。
正直、この列車には、乗客が少ない。
というのが、ミュンヘンからハンブルクへ行くならば、もっと遅く出る「IC686 MAX PLANCK」がある。
これだと、ミュンヘンを午前8時37分に出て、ヴュルツブルクを午前11時25分に出て、ハンブルク中央駅到着が午後4時01分だ。
「IC586 HERRENCHIEMSEE」だと、ミュンヘンを午前6時51分に出て、ハンブルグ到着が14時1分。
「IC686 MAX PLANCK」ならば、ミュンヘンを午前8時37分に出て、ハンブルク到着が16時1分(午後4時01分)。
だから、列車には、ヴュルツブルク以前からは、あんまり人が乗ってなかった。
さらにだね、僕は天下御免の「一等ユーレイルパス」を持っているからね(笑)。
誰もいない一等コンパートメントが、簡単に見つかる。
僕は一等コンパートメントに一人入って、本を読んだりする。
列車が出発して、静かに走り始めたあとで、今朝買ったサンドイッチ2個を、フランケンワインで流し込む。
一等コンパートメントに一人きりで、静かな列車旅。
ハンブルクにたった4時間半で着いてしまうのが、惜しいくらいだ。
しかし、いくらドイツ鉄道でも、日本とは違って、ハンブルク(HAMBURG)予定の午後2時01分は、2時31分になった(30分遅れた)。
ハンブルク中央駅に到着したら、まず、今日の宿を見つける。
今までと同様に、駅の観光案内所へ行って、宿を探してもらえばいい。
このときの条件は、とにかく「駅に近いこと」次に「安いこと」かな。
「安い」というのは、これは、貧乏なバックパッカーとしては当然。
しかし、「ハンブルク中央駅に近い」というのは、別の意味がある。
僕は、列車の中で、すでに「トーマスクック・ヨーロッパ鉄道時刻表」を読んで、明日の計画を考えていた。
午前8時36分にハンブルク中央駅を出る「EC33 SKANDINAVIEN」が、コペンハーゲンに午後13時29分に到着する。
だから、明日の午前8時ころには確実にハンブルク中央駅にいたいわけだ。
午前8時半の列車に乗り遅れないためには、もちろん、ハンブルク駅前に宿を取ればいい。
駅の前のインフォメーションで、「HOTEL KOCHLER」を予約してもらった。
このホテルは、本当に駅のドまん前で、48ドイツマルク(3600円)。
予約手数料の3マルク(225円)をインフォメーションで支払い、残りの45マルクをホテルで払う。
キーデポジットが2.5マルクを追加で支払うが、もちろんこのお金は、チェックアウト時に戻ってくる。
シングルルームだが、シャワーとトイレは共同。
シャワー料金が無料だったのがうれしい。
ドイツのシャワーは、とにかくドドッと熱いお湯が出るところがいいね。
そのお湯を利用して、下着とTシャツを手洗いして、部屋に干す。
続いて、目の前のハンブルク駅へ戻り、明日(9月17日)の列車を調べる。
午前8時36分に出る「EC33 SKANDINAVIEN」が13時29分にコペンハーゲンに到着する。
約5時間の列車旅だが、今日と同じく一等車に乗るわけで、ガラガラのはずだから予約はしない。
コペンハーゲンで頭に浮かぶのは、「人魚姫の像(THE LITTLE MARMAID)」くらいしかない。
ということは、人魚姫の像を見さえすればいい。
すると、わざわざコペンハーゲンに泊まる意味はないのでは?
夜行列車で、コペンハーゲンからオスロへ一気に移動すれば、一泊のホテル代が助かるし。
調べると、21時17分にコペンハーゲンを出て、翌朝7時01分にオスロ(OSLO)に着く列車がある。
列車番号が「468」で、この夜行列車には、一等寝台、二等寝台のほかに、クシェット(簡易寝台)がある。
クシェットというのは、寝具などは提供されず、ただ横になれるベッドがあるだけというもの。
日本の昔の「B寝台」が、このクシェットを真似したという話がある。
寝具はなくても、身体伸ばして、横になれるので、旅には十分だ。
さすがにクシェットの場合は、予約なしというわけには行かない。
しかし、クシェットの追加料金はたったの21ドイツマルク(1575円)だ。
ユーレイルパスを持っているので、1泊千六百円程度で横になって移動できる。
これはありがたいね(笑)♪
つまり僕は、9月16日のお昼にハンブルク中央駅に着いて、駅前のホテルにチェックインして、熱いお湯で洗濯した。
そればかりか、翌日の列車時刻を確認し、コペンハーゲンからオスロへの夜行列車のクシェットの予約を取った。
このように、長期旅行というものは、せいぜい2日後までの旅行計画を、その場その場で考えていくものなんだよ。
てきぱきとやることをやったので、後はハンブルクの観光だね。
ところでハンブルクといえば、この時代、「レーパーバーン Reeperbahn )」という歓楽街が話題になっていた。
早い話、新宿歌舞伎町のようなところらしく、ポルノショップがあて、その他エッチ系のお店が並んでいるとか。
ドイツの古い町では、市庁舎、市庁舎広場、それから教会を見るのが、観光のメインルート。
そういう観光に飽きているので、ハンブルクでは、レーパーバーンを歩くほうが話のネタになる。
S1に乗って、レーパーバーンへ。
まだ明るいうちだったので、特に感想はないが、スケールが大きいことだけはわかった。
U3のST.PAULI駅まで、その手のお店がずらりと並んでいた。
新宿歌舞伎町と違うのは、歌舞伎町はビルに小さな店がたくさん詰まっている。
レーパーバーンは店がだらだらと広がっていることかな。
ただこの印象は、1988年の午後、ほんの1時間程度、僕が歩いたときのものです。
あと覚えているのは、S1の中や、中央駅の前でクラシックの演奏をしているのを聞いたこと。
メチャ上手だったね。
ロンドンの地下鉄駅でも、パリの地下鉄の中でも、演奏家がいたのを思い出す。
ふと、もう一年以上離れている日本のことを思い出す。
日本では、芸術というものは、コンサートホールや美術館の中にしか、存在しない国だったよね。
夕食は、町で買ったワインとサンドイッチで済ませた。
明日は、コペンハーゲンに移動する。
旅行者というものは、その日と翌日のことを考えていればいい。
つまり、明日朝の列車に乗り遅れないことが大事です(笑)。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx