フィヨルドを見る@フロムからグドヴァンゲンのフェリー/ノルウェー

【ソグネフィヨルドと1988年のトーマスクック】
1998年9月18日。オスロからフロムへの旅。オスロ大学のサイクリストと会う@フロム(Flam)/ノルウェー

1988年9月19日。
移動続きでちょっと疲れていたのか、Brekk Innの清潔なシングルルームで目を覚ましたのが、午前7時半だった。
今日はとにかく、フィヨルド観光のフェリーに乗りさえすればいい。
フェリーはフロムから午前8時30分に出発の予定。
手早く身支度をして、ホテルをチェックアウトする。
外に出ると、昨日宿の場所を聞いた、髭を生やしたおじさんが犬を連れて散歩していた。
手を上げて挨拶をして、フェリー乗り場へ歩く。
フロムのフェリー乗り場とは、ただ小さな桟橋がフィヨルドに向かって突き出ているだけだ。
桟橋にバックパックを転がして、その上に座り込む。
フェリーは桟橋で客を待っているというのではなくて、静かなフィヨルドに突然出現した。
到着してすぐに乗り込むと、そのまま出発するのが8時40分。
フロムからグドヴァンゲン(Gudvangen)へのフェリーの料金が、このとき32ノルウェークローネ、つまり640円だったよ。
フィヨルド観光と考えれば、ずいぶん安くないかな。
もちろんこのフェリーは、地元の重要な交通手段なんだけどね。

フィヨルドを行くフェリーはがらがら。
バックパッカーらしい客も僕一人しかいない。

フィヨルドの両側の高い壁には、無数の細い滝が流れ落ちている。
しかも、フェリーは滝の音が聞こえるほど近くは通らない。
フェリーの乗客もほとんどいない。
フィヨルドを進む船の上甲板で一人、腕組みをして、雄大な景色に囲まれて、気持ちよい風を受けている。

夏のシーズンだときっと観光客で騒がしいだろう。
またもっと寒くなれば、とても甲板に立っていることもできないだろう。

この季節にたまたま僕がこの船に乗れたことに、神の意思を感じて、神に祈る。
フェリーは鏡のように静かなアウランフィヨルド(Aurlanfjord)をすすむ。

フロムとグドヴァンゲンの間のこのアウランフィヨルドは、有名なソグネフィヨルド(Sognefjord)の奥にある。
だからもちろん、ソグネフィヨルドといってもいいんだけどね。

2時間ちょっと、午前10時50分に、入り江の奥の町グドヴァンゲン(Gudvangen)に着く。
フェリーの乗客はほとんど、そのままグドヴァンゲンから鉄道のあるヴォス(Voss)へのバスに乗る。
バス料金が44クローネ(880円)。
このバスはフェリーよりも料金が高いだけあって、結構長い時間乗っていた(約1時間半)。
ヴォスの鉄道駅へ着いたのが、正午過ぎ。
フィヨルドを見た後の今日の計画としては、とにかく中学校の地理でも名前を教わった、有名な港町ベルゲンへ向かうこと。
昼間から夕方にかけてベルゲンを見て、今夜はベルゲンに泊まらずに、夜行列車でオスロへ戻るつもりだ。
ヴォスの駅で、ベルゲンからオスロへの夜行のクシェットを予約することにする。
ベルゲンを22時45分に出る夜行列車のクシェット(簡易寝台)に乗るつもり。
クシェット料金を80クローネ(1600円)払う。

払うのはこれだけ。
ユーレイルパスを持っているので、クシェットの予約料金以外の乗車券急行券は支払う必要がない。

ヴォスを12時52分に出た列車は、14時5分に無事ベルゲンへ到着する。
ベルゲンは静かに小雨が降っていた。
【旅行哲学】静かなフィヨルドを人の少ないフェリーから見る。これはポイントが高いね。
xxx

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx