『ポーランドのビザを取り、シェーンブルン宮殿を見て、シュニッツェルを食べて、大きなグラスでワインを飲む』@ウィーン/オーストリア

【1988年9月9日に取ったポーランドのビザ】
1988年9月8日に、船でブダペストからウィーンへ着き、観光案内所で、キモチのいいシングルルームを紹介してもらった
今日9月9日は、観光は後にして、とにかく「ポーランドのビザをゲット」しなければならない。
東欧の社会主義国が次々と崩壊していったのが1989年。
僕がヨーロッパを旅しているのが、1988年。
ヨーロッパの社会主義国崩壊前夜を見る使命が、旅行の神様から、僕に与えられていたわけだ。
今まで旅してきた、ユーゴスラビアも、ハンガリーも、社会の矛盾が表面化しているのが感じられたね。
いまは、観光旅行をするのに、ビザが不要な国が増えてきたが、そもそも海外個人旅行は、ビザを取るところから始まるのね。
特に、海外で大使館を訪ねていって、自分でビザを取る、これこそが、海外個人旅行の醍醐味なんだよ。
大使館というものは、その国そのものなんだから。
僕は、ユーゴスラビアではハンガリーのビザを取りハンガリーではチェコスロバキアのビザを取った
その前には、エジプトでヨルダンのビザを取り、ヨルダンでシリアのビザを取って中東を北上した。
また、イスタンブールではブルガリアのトランジットビザを取っている。
だらだら書いてしまいましたが、読者の皆さんのお役に立ちたいという気持ちで書いてるのではありません。
単に、「正真正銘純粋な旅の自慢話」なので、ちょっと長いけれど、お許しください(笑)。
泊まっていたホテルには、宿泊料に思いがけなく朝食が含まれていてうれしい。
この朝食時間が午前7時から10時ということだった。
確認すると、チェックアウト時間は午前11時。
ホテルに泊まるときは、とにかくチェックアウト時間を確認しておいたほうがいいよ。
日本のホテル、旅館なんかは、以前は、朝10時には宿を追い出されていたものだ。
また、チェックインが午後3時なんていうところもまだまだ多い。
でも、特にバックパッカー宿は、チェックイン・チェックアウトは正午が普通だ。
安宿の場合は、部屋があればすぐ部屋がもらえるし、安宿のほうが便利なんだけどね。
しかし世の中には、わざと朝8時や、朝9時にチェックアウト時間を設定してある宿もある。
これは、無知なバックパッカーを引っ掛けるためだから、注意しておいたほうがいい。
さてとにかく、朝一番で、ポーランド大使館へ行く。
観光案内所で聞いていたポーランド大使館の場所を、ホテルのフロントで再確認して、行き方も再確認する。
地下鉄のU2とU4を乗り継いで、ポーランド大使館へ。
ビザの申請書を受け取り、英語で必要事項を書き込む。
ただこの時考えなければならないことがあった。
問題なのは、ポーランドの滞在日数だ。
もちろん、余裕を持って滞在日数を申請すればいい。
ところがこの時期、ポーランド入国には、「強制両替制度」があったんだよ。
「一日あたり15ドル」の両替をしなければならない。
強制両替があるなら、入国のときにお金を替えさせられるかもしれない。
すると、例えば、滞在許可を10日と申請しておいた場合、入国のときに15ドルの10日分、150ドルもの大金を両替させられるかもしれない。
だから、滞在許可の申請は、たった4日にした。
1988年では、ポーランドの社会主義は崩壊する途中で、国内の治安も悪かった。
ポーランドへ行くとしても、ワルシャワに立ち寄って、クラクフでも見れば、十分だと考えていたしね。
このページのトップにある、ポーランドビザの画像を見れば、「1988年9月9日」という日付と、滞在予定日数が「04日」、そして強制両替の「15ドル」が読み取れる。
ポーランドビザは、申請したその日、待っていると、一時間ほどで発行された。
ポーランドビザは420オーストリアシリング(4200円)。
ビザとしては、ほどほどの値段かな。
この時代に、ポーランドへ旅したとたら、それは、旅行者としては、大きな勲章だった。
社会主義ポーランドが民主化される前夜だったのだから。
気になっていたポーランドのビザを、ウィーンで簡単に入手したので、気分がハイになった。
チェコスロバキアのビザは、ブダペストでゲットしてある。
ということは、ウィーンからは、このままプラハ(チェコスロバキア)、ワルシャワ(ポーランド)と移動できるわけだ。
でも、ほとんど情報がないし、正直、ビビルね。
それに、ワルシャワへ行ったとして、そこからさらにどう進むか、それも考えないといけないし。
ま、難しいことは、明日考えましょう(「世界旅行主義」より)♪
今日はまだ時間があるので、ウィーン観光をすることにして、まず思いつくのは、「シェーンブルン宮殿」。
U2で、シェーンブルン宮殿へ。
庭園をズンズンと奥まで進み、庭を見ながらゆっくりと戻ってきた。
僕のノートには、「ベルサイユ宮殿よりもmeilleur」とメモしてある。
有名なシュニッツェル専門店で、シュニッツェル(平たいトンカツみたいなもの)を食べた。
シュニッツェルが55シリング(550円)、グラスワインが27シリング(270円)を2杯。
うれしかったのが、グラスワインとはいっても、日本のようにけちくさいグラスではなくて、グラスに4分の一リットル入っていること。
本屋を見つけて、ベルリッツの「旅行者のためのドイツ語(GERMAN FOR TRAVELLERS)」を購入。
今日、ウィーンの町を歩いたら、いやに東洋人が多いね。
レストランでも出身国を聞いたりしたが、ベトナム人、フィリピン人、中国人が目立った。
お昼のシュニッツェルだけでは、お腹がすいて、夜になって、ホテルのレセプションで近くのイタリアンレストランを紹介してもらった。
ホテルの人に、チップの事を聞いたら、「10パーセントでいい」という返事をもらう。
イタリアンレストランでは、なかなか可愛いベトナム人のウェイトレスがサービスしてくれた。
大きなピザ(チーズが溶けていてメチャおいしい)にワイン(4分の一リットルグラス)、冷え冷えの生ビール(大)を取って、チップを入れて130オーストリアシリング(千三百円)。
今日は、とにかくポーランドのビザを取って、シェーンブルン宮殿を見た。
ウィーン名物(らしい)シュニッツェルも食べたし、おいしいピザも食べたね。
それよりも何よりも、グラスワインのグラスが大きくて、4分の一リットル入ってるのは感動した。
値段とおいしさを比較すれば、かなりレベルが高い。
ただ、バックパッカーとしては、ちょっと高すぎるんだが(涙)。
居心地のいいホテルに泊まり、清潔なベッドに寝て、食事がおいしくて、ワインが安い。
ウィーンはなかなかいいぞ。
明日は、ウィーン中心部を歩いて観光してみようかな。

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ
europe asia
world index
xxx