『ジェノバ駅で、メディア関係の不倫カップルに、有名人と間違えられて写真を撮られる』@ジェノバ/イタリア
1988年4月4日、パドヴァを出て、ジェノバプリンチペ(Genova Principe)駅に到着したのが、13時42分。
駅前の「HOTEL STELLA」に宿を決める(1泊シングル、バストイレ付きで2900円)。
明日は、イタリアを出て、南仏のニースへ行くつもりだ。
部屋を決めて、バックパックを置いて、駅に戻って明日の予定を立てる。

駅の時刻表を見ると、ジェノバからニースへの列車は、たくさんある。
ジェノバ発ニース行きの、朝から昼の列車発車時刻は以下の通りだ。

08:02, 08:23, 10:02, 10:25, 12:02, 13:00, 14:02, 15:00, 16:02

ジェノバ(イタリア)からニース(フランス)までは、インターシティだと3時間。
EXPやfastになると4時間くらいかかるが、たいした違いはない。

ニースの宿探しを考えると、ジェノバを午前中に出て、ニースには午後の早い時間についた方がいいだろう。
多分、8時2分か8時23分に乗るだろう。

さらに調べてみる。
8時23分の「IC46」に乗れば、ニース到着が11時20分。

8時2分の「934EXP」だと、国境での乗り継ぎもある。
そのせいか、ニース着が13時29分と、なんと2時間も遅れる。

こうなると、明日の出発は、午前8時23分発の「IC46」に決定してしまうね。
泊まっているのはジェノバプリンチペ駅のド真ん前なのだから、まず乗り遅れることはない。

明日の鉄道時刻を確認したら、一安心して、昼食を取る。
朝から何にも食べてないからね。

プリンチペ駅はかなり小さかったが、そこにはピザ屋(PIZZERIA)があった。
ピザ屋で軽く食べて、ビールでも飲めば、一人旅の昼食としては十分。

森田昭雄の「MADE IN JAPAN」を読み続けている。
本を読みながら食事をするには、駅のピザ屋のようなところが気楽だ。

というわけで、駅のピザ屋でビールを飲みながら、本を読んでいた。
そこへ東洋人のカップルが入ってくる。

ヨーロッパを旅していて、東洋人に出会えば、日本人かどうか考える癖がついている。
当然その2人が日本人かどうかを考える。

顔つき、表情を見て、日本人だろうと判断する。
本を読みながら耳をそばだてていると、日本語をしゃべることで確認する。

僕の趣味のひとつが、人間観察だ。
人間観察が趣味だから、相手に応じた話を、すぐに盛り上げられるってことね。

特に、海外旅行中の日本人カップルというのは、簡単だ。
日本人カップルの場合は、男性が必ず、2人きりの旅に飽きている(笑)。

もちろん、男性がミエミエにブサイクで、女性と付き合うのに夢中になっている場合は別だよ。
でも、普通の男性ならば、女性と一緒に旅していれば、必ず少しは退屈している。

旅先で一日中一緒で、昼はいろいろと女性の世話を焼き、疲れる。
さらに、夜は夜でがんばらなければならないのだから(涙)。

女性の場合は、好きな男性と一緒にいて独り占めしていることが、最高の状態だ。
だから、普通の日本女性は他の男性に目移りをすることはない。

これは僕が、海外旅行中のカップルと出会って、数限りなく体験してきたことだ。
だから、僕が海外で、日本人の男女カップルと出会ったら、男性に話しかけることで、話を広げることが出来る。

もちろん、ブサイクな男とブサイクな女のカップルの場合は別だ。
彼らはやっと見つけた相手と、互いにベターッとくっついているので話は出来ない。

僕がジェノバ駅のピザ屋で出会った男女は、2人ともモテそうだった。
これならば、話をするのは簡単だ。

「ご旅行ですか?」という言葉から、話を始める。
どうやら男性は、メディア(特に出版関係)の仕事をしているらしい。

そうして、2人は結婚していない。
ひょっとしたら、男性は結婚していて、女性は仕事上の知り合いの関係なのではないかと考える。

僕は離婚したのが原因で、世界一周旅行に出ている。
だから、男女関係の機微について、語ってあげました。

例えば、「セックスさえしていれば、2人の仲は戻りますね」とかね。
「セックスがなくなると、男女関係はダメですね。結局、男と女はセックスなんですよ」と、ズバリ説明する。

互いのバックグラウンドには深入りせずに、軽い世間話をしていたが、僕が「もう日本を出て長くなりますねー」と言ってしまった。
実際僕が日本を出たのが1987年9月だったから、この1988年4月で8か月になるわけだ。

すると、この出版関係者は、僕がよど号に関係しているのではないかと考えた。
それが僕はよくわかった。

というのは、1988年というのは、ソウルオリンピックの年だった。
大韓航空機爆破事件が起きたのが、1987年11月29日。

よど号関係者が、ソウルオリンピック妨害のために何か事件を起こすのではないかと、誰でも考えていた時期だ。
そして、わけのわからない日本人中年男性が、ジェノバの駅にいて、「日本を出て長くなる」と言っている。

この時期にヨーロッパに長期滞在している日本人中年男性が、よど号事件と関係があると考えて不思議ではない。
だから、男性の方は、僕を疑ったのがよくわかった。

もちろん僕は全く関係がないのだが、聞かれてもいないのに、誤解だと説明してもおかしい。
男性から写真を頼まれたので、快く撮らせてあげました。

それが、ただの「世界旅行者」の写真だったというのは残念だったろうが。
僕の1988年のジェノバ駅で撮った写真は保存しておいた方がいいでしょう。
僕のこの「ヨーロッパ旅行記」がベストセラーに成る可能性もある。
そうしたら、昔の写真をフライデーにでも発表すればいいから。

彼らはジェノバ駅で乗り継いで、どこかへ移動するようだ。
僕は、彼らと別れて、駅を出る。

明日の朝、ジェノバを出るのだから、ジェノバを見る時間は、この日(1988年4月4日)の午後しかない。
だから、ジェノバを見ようと考える。

ところでジェノバには、なにか見るものがあるの?
これが問題だ。

ジェノバはローマ時代からの伝統を持つ、港町。
港町ということは、貿易で栄えたという意味。

だから古い町並みがあって、そこが観光の中心となるだろう。
2006年にジェノバの旧市街(Le Strade Nuove and the system of the Palazzi dei Rolli)が世界遺産に登録された。

ただ僕がジェノバを旅したのは、1988年だ。
ジェノバの旧市街が見所だという情報もなく、特に旧市街を歩く気持ちもなかった。

ジェノバは港湾都市として栄えてきたのだから、港を一目見ればそれで十分という考え。
しかも、ジェノバには霧のような小雨が降っていて、遠くへ歩きたくない。

ジェノバプリンチペ駅から、ジェノバ港の全景を見えるところまで歩いて、戻ってきた。
あとは食事をして、部屋で暖かくして、寝たいだけ。

町歩きから戻って、駅の近くの「香港飯店」へ入ったが、あんまりおいしくなかった。
結局、今日で、「MADE IN JAPAN」を半分ほど読んだ。

日本人が書いた英語の本なので、日本人英語で書かれていて、とてもわかりやすいです。
突然難しい表現や構文、単語が出てくることもなく安心して読めます。
italy france uk east europe route europe
index worlld list

xxx