『満席と言われたTGV922の一等に乗り、時刻表を調べたり、パリの予定を考えたりしながら、パリ・リヨン駅へ昼過ぎに到着』@パリ/フランス
1988年9月28日、ストラスブールからバーゼルを見て、レマン湖畔の町ジュネーブへ着いた。
ジュネーブでは、旅行者を騙すぼったくり宿に泊まってしまって、気分が悪い。
一泊しただけで、とっととジュネーブを脱出するつもり。
ジュネーブでは、旧市街を歩いて、レマン湖を眺めれば、それで十分だしね。
もともとジュネーブは一泊だけのつもりだった。
というのが僕は、「21日間有効一等ユーレイルパス」を持っているので、毎日移動しないと大損していることになるからね。
さて、今日の行き先は決まっている。
ジュネーブからパリへのTGVに乗る予定で、昨日、すでに切符も予約してある。
ただ、ちょっと問題がある。
1988年9月では、ジュネーブからパリへのTGVは、一日に5本あった(しかなかった)。
午前7時09分発TGV920/ 午前10時04分発TGV922/ 午後1時01分発TGV924/午後4時50分発TGV926/ そして午後7時29分発のTGV928だ。
ジュネーブからパリへは3時間半程度で到着する。
宿を予約せず、現地で自分でホテルを決める、本格的な海外個人旅行の基本がある。
それは、「早朝移動して、お昼ごろに目的地へ到着し、ホテルを見つけ、その後観光」だ(「世界旅行主義」より)。
その理論から言うならば、始発の午前7時09分TGV920に乗るのがいい。
そうすれば、午前11時前にパリのリヨン駅に到着する。
ところが、「世界旅行主義」にはもうひとつの定理がある。
それが、「ホテル料金に朝食が含まれているならば、食べておく」ってこと。
たとえば、ストラスブールの宿「ホテルビクトリア」では、朝食は別料金だったので、朝食なしにして、料金を下げた。
ジュネーブで僕が泊まっている「HOTEL BEAU-SITE」は、宿泊料に朝食が含まれていて、朝食をキャンセルして料金を下げることができない。
また、このホテルの朝食時間は、午前7時15分から午前9時半までだ。
きっちり朝食を食べて、ジュネーブ駅まで歩いていくなら、午前7時過ぎの始発TGVには乗れない。
それはそれでいい。
だから、僕は昨日、次のTGV922に乗るつもりで、ジュネーブ駅で聞いてみた。
ところが「TGV922の一等車は満席」と言われたんだ。
僕は一等のユーレイルパスを持っているのだから、せっかくTGVに乗るならば、一等車に乗りたい。
そこで仕方なしに次のTGV924の一等車を予約した。
13時01分発、パリ着16時38分着の、次の「TGV924」の一等車、12号車76番席。
1988年9月29日の朝は、午前6時半に起きる。
荷物をまとめ、出発の準備を済ませて、ホテルの朝食を取りに行く。
ホテルの朝食を取りながら、じっくりと考えた。
パリ到着が午後5時近くになるのでは、やはりいくらなんでも遅すぎる。
僕は1987年の12月から1988年1月にかけて、パリに滞在していた。
パリに土地勘があるが、それだけに、パリでやることも考えている。
パリに着いたら、まず、日本の新聞を読みたい、それと日本風の食事を取りたい。
今年の春、ロンドンを出て以来、日本語の本はほとんど読んでいない(ナイロビの「日本文化会館」で少し読んだが)。
パリの日本書店で、日本語の雑誌も文庫本も入手したいものだ。
だから、もっと早い時間にパリに着いたほうがいい。
ジュネーブで昼過ぎまで時間をつぶす意味もないわけだしね。
ホテルの朝食を食べて、たっぷりの量の紅茶を飲みながら、心を決めた。
午前10時04分のTGV922に乗る。
一等は満席だと言われたが、当日になれば席はあるかもしれないし、なければ2等車に乗ればいい。
パリで午後の時間がたっぷりないと、明日の計画が立たない。
僕はパリにしばらくいるつもりはなくて、明日はまた別の町へ旅立つつもりだ。
だって、(何度も書くが)21日有効の一等ユーレイルパスを持っているのに、一つの町に留まっているのでは大損しているんだから。
明日どこへ行くかはまだ決めていないが、それは、目的地への切符が取れるかどうかに寄る。
つまり、今日中に明日の切符の手配をしておきたい。
そのためには、午後の早い時間にパリに着いて、今夜のホテルを決めて、明日の移動計画を立てなければならない。
バックパックを背負って、レマン湖を眺めながら、ゆっくりとジュネーブ駅へ歩く。
午前10時04分発TGV922について聞いてみる。
すると、予約窓口では「車掌に言えば席はある」との返事だ。
僕は3時間後のTGV924の予約をしているが、特に変更はなく、TGVに乗り込めばいいらしい。
実際、TGV922に乗り込んでみると、2等車はガラガラだった。
一等も二等よりは混んでいたが、三分の一は空席がある。
席は一列三席で、進行方向に向かって右側に独立した一席、通路を挟んで左側に連続した2席があった。
車両自体はいやに細い感じで、一等でも、それほど豪華という印象はない。
僕は左側の2席の窓側に座り、パリの予定を旅行ノートに書き出したりする。
途中で、フランス人のビジネスマンが僕の右の席と、同じ列の一人席に座った。
通路を挟んで話をしているので、僕から声をかけて、席を交換した。
僕は一人席に座って、車内販売からハイネケンビールを買ったが、15フランスフラン(345円)とちょっと高かったね。
トーマスクックヨーロッパ時刻表をあちこち開いて、パリからどこへ行くか、その列車の時間を調べる。
切符が取れるかどうかわからないので、目的地の候補をいくつか考えたりする。
パリ13時36分到着予定のTGV922は、2分早く、13時34分に、パリのリヨン駅(GARE DE LYON)のホームに入った(移動時間約3時間半)。
さてこれから、ホテルを見つけ、明日の列車の予約を取る。
その他、いろいろやることはあるね。
でもまず、フランスフランへの両替をしましょう。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx