パリ北駅でロンドンまでの列車を調べ、ムーランルージュから、サクレクール寺院を歩き、夕食に白ワインを2本空ける。@パリ/フランス


「21日一等ユーレイルパスの旅」が終わった後、パリにしばらく滞在していた。
大きな目的は、パリの日本大使館で、「パスポートの再発行と合冊」をすること。

パスポートの再発行は3日(10月4日に申請して、10月7日に受け取り)で終わった。
その間は、ひたすらパリを歩き回っていた。

パリを歩き回っていて考えていたのは、「このまま世界一周旅行を続けるのか、それとも、また英語の勉強を続けるのか」という根本的な大問題。
僕は世界旅行者だが、ただの平均的な日本人なので、決断力はない。

だから、決めることはできず、結論を先延ばしする。
「パリで決めずに、ロンドンで考えてみよう」となる。

海外旅行をするにしても、英語を続けるにしても、ロンドンへ行けばいいのは確かだ。
イギリスからは、とにかくアイルランドへ簡単に行けるからね。

10月9日朝、ロンドンへの列車が出るパリ北駅(Gare de Nord)へ行ってみた。
パリを出て、昼間にドーバー海峡を船で渡り、ロンドンのビクトリアステーションへ着く列車を確認する。

この列車は、ブローニュ(Boulogne)へ行き、そこから船に乗り換えて、英国のフォークストン(Folkstone)へ。
そこからまた英国の鉄道に乗り換えて、ロンドンのビクトリアステーションに到着。

料金はパリからロンドンまで、フェリー込みで395フラン(8千円)。
切符を買う窓口は、北駅の13,14,15番。

パリ北駅出発が午前8時5分で、ロンドンのビクトリアステーション到着が午後3時(15時)23分の予定。
きれいに確認した。

しかし、僕はまだ切符を買わない。
というのは、世の中、今日、何が起きるかわからないから。

ものすごい美女と出会って、一生に一度の恋が始まるかもしれないし。
僕は常に、何か変わったことが起きるかもしれないと考えて、生きてきた。

たしかに、いろんな変わったことが起きて、面白かった。
そうそう、僕は、嘘をついたことはないと思うよ。

僕はいままでに付き合ってきた女性を、本当に愛してきたんだし。
ただ僕はワガママだったので、女の子を幸せにするために自分の生き方を犠牲にすることはできなかったんだ。

そういう意味では、いま、離婚して世界一周旅行に出ていることは、もともとの僕の夢がかなったのかもしれない。
正直言うと、世界一周旅行をしていること自体、それほど幸せだとは感じてないけどね。
しかし、世界一周旅行をすることは、僕の運命だったのだろうと思う。
もちろん運命とは神が与えるもので、自分で選ぶことはできないのだが。

北駅を見て、駅構内の様子もわかったし、明日午前8時05分の出発に問題はない。
もし寝坊して乗り遅れたら、明後日に移動すればいいだけだ。

パリはいくらでも時間潰しができる、やさしい町だからね。
ロンドンは、ちょっと冷たい感じがする。

だから二回目の世界一周旅行では、アメリカへ飛ぶのはパリからにした。
ヨーロッパを長期旅行する若者にアドバイスするのは、ヨーロッパ最後の都市はパリにした方がいいってこと。
パリは何も特別なことをしないでも、通りを歩いて、公園に行くだけで、十分楽しめる。
日本人の集まる地域もあるので、日本食も食べられるし、日本語の本も読めるよ。

いろいろ言ったが、今日は多分、実質的には、パリ最後の日になるだろう。
二回目の世界一周旅行でまたパリに来ることにはなったが、一回目の世界一周旅行の方が感動的だし。

のんびりとパリを味わいながら、歩きたい。
パリ北駅から、歩いてムーランルージュ、サクレクール寺院へ行った。

サクレクール寺院は、1987年12月に、最初にパリに滞在していた時に、一人で来たところだ。
日本語の達者なフランス人神父さんから日本語で話しかけられたのを覚えている。

でも、彼はいなかった。
地下鉄で、カルチェラタンへ、ホテルの近くへ戻る。

夕食は、外で買ったローストチキン(Poulet roti)と、安い白ワイン(vin blanc)を2本。
そして、春巻を2本。

部屋でワインを飲みながら、日記を書く。
二回目のパリでも、凱旋門、エッフェル塔、ノートルダム寺院、サクレクール寺院へ行った。

シャンゼリゼは何回も歩き倒したし、いろんな公園にも行った、
サクレクール寺院で祈った。
そして、明日はロンドンだ。
ロンドンからどこへ行くのか、それが問題だが。

僕は祈る。
「僕を正しく導いてください」と。
xxx
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx