ノイシュバンシュタイン城を見た翌日、フュッセンからヨーロッパバスで、ヴュルツブルクへ@ロマンチック街道/ドイツ
チューリッヒ駅で、思いがけなくユーレイルパス(ファーストクラス、21日有効、630スイスフラン=53,550円)を入手した。
パスを手にすれば、誰でも考えることは一つ。
とにかく「毎日移動を続けて、パスの代金の元を取る」ってことだよね。
僕のようなもともとの貧乏人になると、限界までパスを使い倒してやろうという挑戦心が、もりもりと沸きあがる。
それで、世界旅行者は毎日移動を続けた。
なにしろ、21日しかないのに、北はフィンランドから、西は、スペイン、ポルトガルまで旅したんだから。
このオハナシは「21日間で14の違った国を訪問した話」で読んでね。
こちらです→『ユーレイルパスでの21日ヨーロッパ鉄道旅行(1988)』
まずは、パスを買ったチューリッヒから、一等コンパートメントに乗って、ミュンヘン。
ここの観光案内所で、日本の女の子と出会って、一緒に有名なビアホール、ホーフブロイハウスへ。
楽しい夜を過ごす♪
翌日は、ミュンヘンを歩き回ったあと、鉄道を乗り継いでフュッセンへ。
ユーレイルパスがあると、ほとんどは予約せずに、列車に飛び乗って、空いた席に座り、車掌が来たらパスを見せるだけ。
こんな楽なことはないね♪
フュッセンの観光案内所で、シングルルーム(30DM=2250円)を確保する。
さっそくノイシュバンシュタイン城を見に行く。
バスから降りて、ノイシュバンシュタイン城へ歩いていく。
アメリカ人の女の子と一緒になって、旅の話で盛り上がる。
定番のノイシュバンシュタイン城のあとは、これも定番のホーエンシュバンガウ城を見る。
城もたいして変わりばえがしないので、僕にとってはこれで十分。
のんびり歩いてフュッセンの町へ戻る。
途中で、日本人旅行者を見つけて、フュッセンの町のカフェで食事をする。
別の日本人の女の子が来たので、さらに声をかけ、合流して盛り上がる。
男性二人、女性二人でちょうどよかったのだが、彼らはみんなフュッセンのユースホステルに泊まっている。
結構盛り上がったのに、適当なところで解散だ。
僕もユースへ行こうかと一瞬考えた。
ただ、バイエルン州のユースホステルは宿泊者に年齢制限を設けていたんだ(1988年の話ですから、要確認)。
僕は、ほんのちょっと(!?)歳を取りすぎてたってことだけどさ(涙)。
残念!
翌朝、お目当ての「ヨーロッパバス」に乗る。
昨日一緒だった若者たちも一緒。
だが、大型バスの乗客は20人程度で、その8割が日本人の女の子!
ロマンチック街道を見てまわるのだから、なかなか上品な女子大生さんOLさんが多く、世界旅行者はついついニッコリとしてしまう♪
さて、「ロマンチック街道」の旅へ、出発進行!
アフリカ東欧とつらい旅を続けてきた世界旅行者が、ここでなぜ取ってつけたようにロマンチック街道を旅している。
その理由は誰でもわかるよね。
だって、このバスは、ユーレイルパスを持ってれば、無料!(今は違うみたいなので、注意してください)。
無料なんだよ(笑)。
フュッセンでヨーロッパバスに乗り込んで、出発が午前8時15分。
次に、スタインガーテン。
ヴィースキルへの停車が8時45分から9時15分まで。
ここで修復中の教会(ヴィース教会)を見学した。
アウグスブルグで多くの乗客がトイレに行く。
ところが駅のトイレを使おうとすると、大回りで、みんな汗をかく。
みんな急いでいるのに、声を掛け合ったりした。
すると、全体的に、打ち解けて、仲良くなり、話があちこちで始まる。
ディンケンスビュールは、完全にドイツの中世の町として作られている。
ここで昼食を取ることになっていて、ちゃんと時間が空けてあります。
僕は昨日知り合った藤本くんと、ビアホールに入り、ドイツ風の食事ともちろん生ビールを飲む。
次がローテンブルク。
ここも興味深い町なので、ひとりがローテンブルクで泊まるということでバスを降りた。
最後がヴュルツブルクで、解散。
僕はヴュルツブルクの駅の案内所でホテルを紹介してもらった(45DM)よ。
特に宿を指定したのではなかったが、あとで調べてみると、「地球の歩き方」で紹介されていた。
この日、世界旅行者はローテンブルクの犯罪博物館で、同じバスの一人の女の子が、展示してある拷問器具を瞳を潤ませてじっと見たのを見つけた。
そのあと、隠れるようにして、拷問器具の本をたくさん買ったのを見逃さなかった。
なかなか頭のよさそうな、知的美人だったなー。
でも僕は、二言三言、言葉を交わしただけだ。
世界旅行者と彼女の間には何も起きなかった。
僕はユーレイルパスで、ヨーロッパ中を走り回っている。
彼女は、他の人と一緒に、ユース泊まり。
僕は駅で見つけた宿に泊まって、明日は、ハンブルクに行ってしまうんだ。
旅では、出会っては別れの繰り返しだ。
だから、人と出会ったいい想い出(ステキな人と出会ったが、何もなかったなーということね)だけが、美しいまま残るんだよね。
秋のドイツのロマンチック街道の、遠い昔の、淡い恋の想い出でした。

【旅行哲学】日本人の女の子が多い団体ツアーは楽しいね♪
xxx