『フュッセン〜シュタインガーデン〜アウクスブルク〜ディンケンスビュール〜ローテンブルク〜ヴァイカースハイム〜ヴュルツブルク』@ロマンティック街道/ドイツ

注:この話は1988年の「ユーレイルパスを使った21日間ヨーロッパ鉄道旅行」の一部です。
1988年9月15日、今日は、ドイツ旅行の白眉「ロマンティック街道」をバスで旅する日だ。
この時代、ユーレイルパスを持っていると、ロマンティック街道を走る「ヨーロッパバス」は、無料だった。
いまは違うらしいが、1988年だと、ユーレイルパスで北欧のストックホルムからヘルシンキのシリアラインのクシェットも無料だった。
こちらもいまは、お金がかかるらしい。
だから、ホント、1988年秋のヨーロッパ旅行は、ユーレイルパスが大活躍したものだ。
アメリカでも、グレイハウンドバス乗り放題のパスが最近なくなったらしい。
乗り放題のパスを使って、ヨーロッパの鉄道旅行、アメリカのバス旅行、これが、長期旅行者の基本だった。
それが自由に使えなくなったという意味は、長期自由旅行が滅びたという意味だね。
その点僕は、十分に鉄道もバスも乗りまくってきたから、世界旅行者と呼ばれるわけだ。
ヨーロッパや北米を、飛行機でいくら飛び回っても、ゼッタイに昔のような旅はできないのが哀しい。
そのバックパッカーの黄金時代のど真ん中に(日本はバブル景気で踊っていた時代に)、長期世界一周をしたというのは僕の喜びだね。
悩みは何にもなかったし。
悩みがあるとすれば、いつか旅が終わって、日本に帰らなければならないということだけだった。
それも遠い先の話、いまはユーレイルパスを使って、ヨーロッパを旅することだけを考えればいい。
さて、僕はフュッセンの道端で、少し早目に行って、ヨーロッパバスを待つ。
もう9月半ばで、夏休みも終わりの時期。
僕はもちろん、ヨーロッパバスに乗る予約なんかは、考えたことがない。
「乗れるに決まっている」んだから。
何しろここは、ドイツだよ。
ドイツ人が、バスの乗客を積み残すみたいな、そんな無計画なバスの運行をしているはずがない。
昨日出会って、食事をしながら話をした、ユースホステル泊まりの、男性1人女性2人の日本人旅行者も、今日のヨーロッパバスに乗るといってた。
ヨーロッパバスの乗り場で、待っていると、3人がやってくる。
他にももちろん乗客がいるが、そのほとんどが日本女性だ。
これにはちょっと、びっくりした(うれしくなった)よ。
バスは、午前8時15分にフュッセン(FUSSEN)を出る。
40人以上乗れる大型バスに、乗客は20人程度だ。
バスは、ロマンチック街道の途中で停車しては、トイレストップをしたり、食事をしたり、観光をしたりする。
1989年では、バスにトイレは付いてなかったと思うね。
まず向かったのが、シュタインガーデン(Steingaden)で、町はずれの草原でバスを降りる。
ヴィース教会(Wieskirche)があって、僕たちが入ったときは、ちょうど修復作業の途中だった。
バスはここで、午前8時45分から9時15分まで停車した。
いま調べたら、ヴィース教会は世界遺産に登録されているそうだ。
あんまり気にしていなかったので、豪華な内部装飾に驚いて、神に祈って、あとは外の草原の風景を楽しむ。
教会に入るときに、ドイツ人の英語ガイドさんから「教会内部の写真を撮るときは、フラッシュを使わないように」という注意があった。
次にバスは、アウクスブルク(AUGSBURG)の駅前で停車。
日本人のほとんどは、トイレに行きたくって、駅の反対側のトイレに向かって、走って駅を回る。
この時、「トイレはこっちだよ」と声をかけてあげて、ぐっと日本人OLさんたちと、親しくなる。
日本女性がバスに乗っているのはうれしい。
ただ、この日は、ちょっと多すぎたね。
せいぜい6人ぐらいならば、日本人みんなと親しくなれたと思う。
特に気の合う人を見つけたら、隣に座って、深い話もできただろうが。
ほとんどの日本女性は、スーツケースを持って旅をしてるので、バックパッカーではないしね。
また、OLさんの二人組になれば、まず二人で固まっている。
会社の同僚と2人で旅をしていたら、日本の日常を引きずっているわけだから、人との出会いも少なくなる。
だから、一人旅のほうがいいんだけれど。
とにかく、アウクスブルクでは、ヴィース教会の草原で我慢していたトイレを済ませて、みんなホッとする。
次のストップがディンケンスビュール(DINKELSBUHL)
ここが昼食のためのミールストップだった。
何人かと誘い合わせて、レストランに入って、ビールを飲む。
食事を終わって、トイレに行って、町の中を軽く歩いて、教会で祈る。
全体に中世のドイツ都市の雰囲気を残した、素敵な町でした。
しかし、中世のドイツ都市といえば、次のローテンブルク(ROTHENBURG)が、有名らしい。
一人旅の日本女性がここで、みんなに挨拶して、バスを降りていった。
ローテンブルクで、泊まって、ゆっくりと観光するみたいだ。
やはりローテンブルクがロマンチック街道のメインのようで、観光の時間も多かった。
ローテンブルクは城壁で囲まれていて、昔、その城壁修復のために、寄付を募った。
寄付をした人の名前を城壁に書いてある。
実は、大橋巨泉司会の「世界まるごとハウマッチ」というクイズ番組でやってて、僕もその番組を生で見ていた。
ただ、僕はハウマッチのプレート?を探したりはしなかった。
僕のノートには「3.25リットルのワインを飲んだ市長」とメモがある。
ローテンブルクの仕掛け時計で、ワインを飲み干す仕掛けがあるそうだ。
しかしそれも見なかった。
なぜか、バスの乗客はみんな「中世犯罪博物館(THE MEDIEVAL CRIMINAL MUSEUM)」へ行った。
ここの名物は、自白をさせるための拷問器具がたくさんあるところ。
魔女狩りで使われた拷問器具がいろいろあった。
まあ、人間というのは、残酷になれるものだと、感心する。
日本では、、拷問といえば、SMについての連想があるよね。
ここにはもちろん、「貞操帯」も、展示してあったりして、ある特別な方向へと想像が膨らむ。
犯罪博物館には拷問器具をまとめた本、写真集などが、売ってある。
僕はその本をたくさん買った、知的な美女を見逃さなかったね。
ローテンブルクがロマンチック街道の白眉。
だから、わざわざロマンチック街道を旅しなくても、ローテンブルクにさえ来れば、それでいいと思うね。
ローテンブルクを過ぎると、全体的に、「今日はこれで終わり」というけだるい雰囲気がバスの中に漂う。
僕は、手許にあった、ドイツ語の会話集をパラパラめくる。

この日は、朝は晴れていたが、昼過ぎてから、だんだん曇ってきた。
退屈しのぎに、ドイツ語会話集をめくって、「Es ist heute wolkig.(It's cloudy today./今日は曇りです)と独り言をつぶやいた。
すると、僕の片言のドイツ語を聴きつけて、バスガイドさんが「そうですね」と返事してくれた。
これは、本当に、ビックリしたね。
外国語なんて、この程度でいいんだということもわかる。
外国語を勉強する意欲がわかない人は、一度海外で、実際に言葉を使ってみたら、案外通じるものだとわかるよ。
バスは、次にヴァイカースハイム(WEIKERSHEIM)という町に寄った。
短時間の停車だったが、どうやらヴァイカースハイム城の庭園が名物らしい。
小走りで行って、庭園の入り口でちょっと覗き込むだけの時間しかなかった。
ただ、遅れてきた女の子たちに、庭園の方向を教えてあげたので、感謝されました。
バスの乗客は、ほとんどがヴュルツブルクで降りる。
このバスはフュッセンを出て、ヴュルツブルク(WURZBURG)が終点だったような気がする(フランクフルトまで行ったのかもしれないが)。
ツアーで知り合って一緒に観光していた、日本女性3人と男性一人は、ヴュルツブルクのユースホステルに行く。
僕も年齢制限がなければ、一緒に行って、今日の観光の感想でも交換したかったんだけどね。
バスガイドさんにヴュルツブルクの宿について聞く。
すると、「駅の観光案内所でホテルを見つけてください」という、あっさりした返事だ。
もちろん僕は、これまでも駅の観光案内所でホテルを見つけ続けてきたので、慣れている。
観光案内所では、「PENSION SPEHNUCH」という駅前の安宿を紹介してくれた。
ドイツ語しか話さないおばあさんが管理していて、身振り手振りで、部屋と建物の玄関の鍵をくれただけ。
料金は45ドイツマルク(3375円)だったが、フュッセンの30マルクの部屋より、かなり悪かった。
明日は、ハンブルクまで移動することにして、駅で時刻表を確認した。
ヴュルツブルクを午前9時25分に出る「IC586」が、ハンブルク(HAMBURG)に午後2時01分(14:01)に到着予定だ。
注:これは、僕の1988年秋の体験談です。現在のヨーロッパバスのルートや料金、ユースの年齢制限は、自分で確認ください。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx
xxx