france-UK-ireland-UK(1988/10/03-1988/10/22)

【ノートルダム寺院】
『オーステルリッツ駅に着き、カルチェラタンで歩いてホテルを探し、HOTEL HENRI IVに落ち着いて、僕の21日間のユーレイルパスの旅が終わる』@パリ/フランス
『パリの日本大使館で、パスポートの再発行と合冊を申請し、凱旋門へ行って、シャンゼリゼ通りを端から歩き倒す。』@パリ/フランス
パリからどこへ行くかを考えながら、エッフェル塔に上り、シベリア鉄道で日本へ帰る可能性を調べてみる。@パリ/フランス
雨のパリで、旅行計画を考え、「GOOD MORNING VIETNAM」を見て、リュクサンブール公園を歩く。@パリ/フランス
再発行されたパスポートを受け取り、パレロワイヤル、ポンピドーセンター、ノートルダム寺院と歩く。@パリ/フランス
いままでのこと、これからのことを考え、ロンドンへ行くと決定し、シャンゼリゼのマクドナルドで、ラゲッジラベルを持つ若者と話す。@パリ/フランス
パリ北駅でロンドンまでの列車を調べ、ムーランルージュから、サクレクール寺院を歩き、夕食に白ワインを2本空ける。@パリ/フランス
『パリ北駅から鉄道でブローニュ、ドーバー海峡を昼間のフェリーでフォークストンへ越えて、ロンドン(ビクトリアステーション)へ』

【ビクトリア劇場】
インターネットで写真や評判をいくら見ても部屋は決められない。自分の目で見るのが一番という、当たり前の話。@ロンドン/イギリス
ロンドンで両替を調べ、銀行口座へ50万円の入金を確認して、神に感謝して、まだ生きられると安心する。@ロンドン/イギリス
ビクトリアコーチステーションで、興味深い会社員と知り合って、僕には珍しく、はしご酒をする。@ロンドン/UK
二日酔いで起きたせいか、なぜかブライトン(BRIGHTON)へ行って英語学校をチェックしたり、わけのわからないことをする。@ブライトン/UK
夜行の列車とフェリーで、イギリスからアイルランドへ行く。宿代を節約するためだが、こういう旅は身体が若くないとできないね。ロンドン/UK
ダブリンに着いた日に、とっととダブリンの観光を済ませたが、ダブリンの不景気が街を歩いているだけでわかった。ダブリン/アイルランド
ダブリン 【ロンドンから鉄道でホーリーヘッドへ、そこからフェリーでダブリンへ。ダブリンの町は濃い霧に包まれていた】
ダブリンからのフェリーで、「ランボー3 怒りのアフガン」を見て、無事ロンドンの定宿「セントジョージホテル」に収まる。@ダブリン〜ロンドン
暇潰しのために、適当な英語学校へ行って、適当な話相手を見つける。@ロンドン/英国
この時代のアメリカ旅行といえばグレイハウンドバス。だからロンドンのグレイハウンドオフィスへ行って、いろいろ調べる。@ロンドン/英国
ハイドパークへ行って、池でボートを漕ぐ。アメリカへ行くのは間違いない。南米へ行くかどうかは、ロサンゼルスで考えることにする。@ロンドン/英国
2日後のニューヨークへの航空券を買い、銀行から金を下ろして、ドルのトラベラーズチェックを作り、グレイハウンドのアメリパスを買う。@ロンドン/英国
イギリスを発つ前日に、こまごまとしたことをやり、ロンドンを歩き回り、見逃していた「マダムタッソー」に行ったりする。@ロンドン/英国
『ロンドンからニューヨーク(JFK)へ、クウェート航空で飛ぶ(1988/10/22)』@ヒースロー/ロンドン(イギリス)〜JFK/ニューヨーク/米国
【ニューヨーク秋物語(1988)】へ続く。

【エンパイアステートビルディング展望台にて(2000)】

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』 / 一等ユーレイルパス21日間の旅(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

フランス/france パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe asia world index 東欧縦断旅行
xxx