《鉄道に乗って、一日で4か国、ヨーロッパの三つの国境を越える》
アムステルダム(オランダ)ブリユッセル(ベルギー)ルクセンブルク(ルクセンブルク)ストラスブール(フランス) 1988
(ユーレイルパスを利用してヨーロッパを走り回ったルートについてはこちらを参照してください)
チューリッヒで21日有効のユーレイルパスを購入してから、ひっきりなしに動いている。
昔は「ヨーロッパではユーレルパスを購入出来ない」という日本のガイドブックを信じていた。
自分でも「旅行というのは一カ所にじっくり留まって、そこを歩き回り、その土地の良さを肌で感じるということなのだ。ユーレイルパスを使ってヨーロッパ中をただ動き回るというのは本物の旅行じゃない」とまで言い切っていた。
チューリッヒでユーレイルパスを持っている学生に出会った時は、おせっかいにも「君の旅行は間違っているね!」と説教までしたものだ。
しかし、いったんパスを手に入れてしまえば、人はがらっと変わる。
パスを手にしてからは急に動きを速めて、これまでの2週間で、スイス〜西ドイツ〜デンマーク〜ノルウェー〜スウェーデン〜フィンランド〜スウェーデン〜デンマーク〜東ドイツ〜西ドイツ(西ベルリン)〜東ドイツ〜チェコスロバキア〜西ドイツと旅して、昨日ライン川を下り、ケルンの大聖堂を見て、暗くなったころアムステルダム(オランダ)に着いた。
アムステルダム中央駅前の、大きな観光案内所が閉まる直前だった。
外は真っ暗なのに、観光案内所(VVV)だけが明るく光っている。
9月も終わりだと言うのに、思ったより観光客が多い。
ホテル予約のカウンターには長い列が出来ている。
正直言うと、ヨーロッパの旅行に関しては、ホテルの心配をする必要はない。
という意味は、自分でホテルを捜してうろうろ動き回るより、どこに行ってもまず観光案内所がある。
だから、観光案内所で相談して、紹介された所に泊まるのが一番簡単で、間違いがないのだ。
ミュンヘンの観光案内所で出会った女の子は友達から紹介されたホテルにこだわっていた。
僕がこの女の子に声をかけた理由は、一人でビアホールに行きたくなかったからだ。
ミュンヘンでは観光客は、有名なビアホール「ホーフブロイハウス」に行くに決まっているのだからね。
彼女と機械じかけ人形のある時計台で有名なマリーエン広場で待ち合わせしたが、すっぽかされたかと思ったほど遅れてきた。
僕が案内所で紹介して貰ったホテルに直行してすぐ落ち着けたのに対して、女の子は友達が紹介したホテルに自分で直接行った。
しかしそこがいっぱいで泊まれず、又もう一度観光案内所に戻ってホテルを紹介してもらったのだ。
それからシャワーを浴びたり、身支度をするのに時間がかかったということなのだ。
その後2人で「ホーフブロイハウス」へ行った。
僕は、1リットルのジョッキを3つと、女の子の余ったビールまで飲み干して酔っ払ってしまった。
いつものことなんだけどね(笑)。
さて、アムステルダムに着いて、もしこの観光案内所が開いていなければ困る訳だ。
が、さすが観光施設が整ってるオランダなので、ずいぶん遅くまでやっている。
ここが閉まっていたら、鉄道を使ってそのままどこかに行ってしまってもいい。
VVVで紹介されたのはホテルリーガル、一泊シングルルームで朝食込み45ギルダーと紹介料が 3.5ギルダー。
この時の交換レートはだいたい1ギルダーが70円。
つまり全部で3400円。
特に安くはないが、駅から本のいっぱい詰まった僕のバックパックを背負って歩いて行ける距離だし、ドイツに比べれば高くはない。
経営者は中年の太ったインド人だ。
地下が食堂になっていて朝食が取れるようになっている。
僕の部屋は狭い階段を上った3Fの隅の部屋で、全てがきちんとした小綺麗なドイツの部屋に比べればぐっと落ちる。
が、元々部屋を楽しむつもりも時間もない。
どうせ一泊しただけで、明日は又列車に乗るつもりだ。
ユーレイルパスを持っていたら、移動せずに一所にとどまるだけで、大金を失っていることになるんだからね。
マネージャーに道を聞いて、アムステルダム一番の観光名所「飾り窓の女」を見学に行くことにする。
観光旅行には基本があって、ミュンヘンは「ホーフブロイハウス」、アムステルダムは「飾り窓の女」を見ることと、決まっている。
日本で言えば、長崎はオランダ坂、金沢は兼六園、奈良は東大寺、といったようなものだ。
これを逃したら、観光旅行している意味がない。
ギリシアのロードス島からピレウスへの船で出会った、アムステルダム在住の日本人カップルと話したことがある。
彼らの話では「アムステルダムは世界中の訳の解らない人たちの吹きだまり。
誰も他人のことを気にしない過ごし安い所」だそうだ。
観光案内所でもらった地図を見ながら歩く。
途中で感じの良さそうなバーを見つけて入る。
カウンターの、30代後半の、昔は結構奇麗だった白人女が男の客と話しているだけで、他は誰もいない。
1パイントのビールが5G(350円)。
女は僕にどこから来たのかと英語で聞く。
ドイツ人も英語がうまいけれどオランダ人にはかなわないね。
飾り窓の場所を確かめて歩きだす。
人けのないがらんとしたダム広場を通り過ぎ、飾り窓地域に入る運河を渡ろうとするちょっと手前に、屋台があるのを見つける。
お腹が減っているので春巻を頼んでビールがないのかと聞く。
この店は、カウンターの下からハイネケンの缶ビールを出してくる。
春巻とビールで合計 4.5G。
さてやっと運河沿いの飾り窓ゾーンに入った。
びっくりしたのは言葉の通りに飾り窓に赤い照明がついていて、本当に窓があること。
そして、本当に、目の前の窓の中に女の子がいて、女の子と客が直接話をしていることだ。
「飾り窓の女」というのは、観光資源なので、観光客としては、ちょっと見ればそれで十分。
見学して話の種を作っただけで、帰ることにする。
うろうろしていると中華料理屋を見つける。
メニューに「牛肉入りヌードル」を見つけて頼むが、出てきたのはグロテスクな「モツ入りそば」だった。
気持ちが悪くてモツは食べられなくて、でもお腹はすいているので、我慢してスープをすする。
結局悟ったのだが、アムステルダムは新宿みたいな町なのだよ。
ホテルへ帰る途中に、もう一度アムステルダム中央駅に寄る。
明日の朝の列車の時刻を確かめなければいけない。
もちろん英文の「トーマスクック」は持っているが、一年前の1987年のものなので、絶えずチェックすることが必要だ。
英文の時刻表「トーマスクック」は、数字の書いてある時刻表なので、日本人ならば誰でも読めます。
さて、駅で明日朝のブリュッセル行きをチェックする。
列車は時刻表通りで、6:22、7:03、7:24とある。
明日は、一日で4ヶ国を旅するつもりだが、そのためにはこの3本のどれかに乗るしかない。
この後は8:26となるのでこれでは遅過ぎる。
次の日はホテルの朝食が朝7時からとなっていたので断って(朝食ぬきなので宿泊料を値切ろうとしたが駄目だった)、中央駅に6時半に着く。
駅の両替所で手持ちのギルダーをベルギーフラン(BF)に換える。
もともと東銀の額面5万円のトラベラーズチェックをドイツでマルクに換え、それをオランダのギルダーに換えて、更に余ったものをベルギーフランに換えている。
よく解らないが、大体1BF=4円見当になるだろう。
7時3分アムステルダム発パリ北駅行き列車に乗る。
このまま乗って行けば午後1時にはパリに着ける。
だが、今日は1日でオランダ〜ベルギー〜ルクセンブルグ〜フランスという4ヶ国旅行をする計画だ。
ヨーロッパは確かに見る所がいっぱいあって面白い。
だが、アフリカや中近東・インドなどから比べれば、フランスやドイツに挟まれたこういう小さな国々を、物価もホテル代も高いのに、わざわざ特に細かく見て歩く必要はない。
そのくらいなら、パリにずっと滞在して、毎日一人で町を歩いていた方がずっといい。
でも、東アフリカでビザを山ほど取っていながらついに国境を越えなかったことで心残りがある。
もしアメリカまで渡るとすれば、結果的には結構な数の国を旅行することになる。
ここで稼いでおかないと長期旅行者の自慢話「行った国の数レース」に参加する際に損をする。
もちろん、他のみんながやってるようにいくら嘘を言ってもいい。
だが、僕は嘘の言えない、気の小さい人なのだ。
アムステルダムからのこの列車は、ユーレイルパスで乗れる一等車は結構込んでいて、どのコンパートメントにも窓際の席には予約が入っている。
やっと一等車の窓際の空いた席を見つけて座った。
すると、車掌が来てユーレイルパスの名前が本人かどうかパスポートと照らし合わせてチェックする。
これはユーレイルパスを使っていた間で最初で最後のことだった。
オランダの国内鉄道とすれ違うが、犬の顔のような、昔のアメリカの漫画映画に出てくるような黄色の電車なのでびっくりする。
後で調べてみると、やはり通称が「ドッグノーズ」とか「チワワ」となっているとか。
ブリュッセル・ミディ駅着は9:56AM。
ここから中央駅へ電車を乗り継ぐ。
ブリュッセル中央駅発の11:21AMに乗ることにすると、ここで1時間ちょっと観光する時間がある。
ブリュッセルでは、小便小僧を見ればそれでいい。
丁度コペンハーゲンに行けば人魚姫像を見るようなものだ。
駅を出て、グランプラスへと歩く。
何かお祭りが終わった雰囲気で、セットが取り片づけられる途中だった。
可愛い女の子がグランプラスの特設ステージでこの頃ヨーロッパでよく聴いたフランス語の歌を歌っていた。
有名な歌手なのかもしれないが、わからない。
時間がないのでグランプラスの華麗な装飾をゆっくり鑑賞する暇はない。
地図を眺めながら路地をたどり、足早に小便小僧を捜す。
すぐに見つけたが、思った通りに小さかった。
でも、人魚姫像で一度がっかりしているので、こんなものだと思っていて別に失望したという訳ではない。
マクドナルドみたいなファーストフードでハンバーガー1ヶ95BF(380円)とビール1ヶ34BF(140円)を2缶。
時間があったので、郵便局へ行って、日本の友達と実家に、絵はがきを出す。
この時代は、カメラを持ってなかったので、絵葉書を記録代わりにしていたのだ。
中央駅のコインロッカーは新型で、30BFする。
1台のマシンが20ヶ以上のロッカーを管理している。
荷物をいれてドアを閉じると、紙切れが出てきて、荷物を取りだす時はその紙を突っ込むというのだが、うまく作動しない。
結局荷物預かり所の兄ちゃんが開けてくれた。
中央ヨーロッパの鉄道駅のコインロッカーは我が儘勝手にいろいろばらばらの面白い仕掛けになっている。
決して成功しているとは言えないが、とても個性的なので誰か調べれば面白いだろう。
ロッカーで手間取ったが、ぎりぎりブリュッセル中央駅11:21AM発に間に合った。
フランスのストラスブールでホテルを捜し、市内観光をして、食事をするためにはどうしても観光案内所が開いている夕方には着きたい。
ブリュッセルを昼の12:20に出る列車が夕方5時にストラスブールに着く。
その後の列車になると到着が夜9時を過ぎるのだから、これを使うしかない。
11:21発に乗るのは、ルクセンブルグで約35分ほど下りられるからだ。
列車で通り過ぎただけでその国を訪れたなんて言う人もいるが、それはおかしい。
どうしてもその国の街を自分の足で歩かなければいけない。
それでなければ、その国へ行ったとは言いたくない。
14:12ルクセンブルグ駅到着。
荷物をコインロッカーに放り込んで歩きだす。
時間は30分しかないのだから、とにかく有名なアドルフ橋まで歩いて行こうとする。
時計を見ながら15分歩いてもたどり着かない。
どうやら道を間違えたらしい。
仕方ない。ルクセンブルグを歩いたのだから、これでいいことにしよう。
少し疲れてしまった。
慌てて駅へ戻り、14:49発のストラスブール経由バーゼル行きの列車に乗り込む。
ルクセンブルグ駅の前は何の変哲もない普通の街だった。
旧市街はちょっと離れた所にあるらしい。
計算では十分にそこまでたどり着けるはずだったのだが、仕方がない。
乗り込んだ一等車のコンパートメントの中は僕一人。
バックパックから裁縫道具を取りだして、外れていたアーミージャケットの肩のボタンを縫いつけにかかる。
ストラスブールへは予定通り午後5時に到着。
駅前のインフォメイションでホテルリストを入手する。
ここではドイツなどと違って観光案内所でホテルの予約をしてくれる訳ではない。
でも、立派なホテルリストがあって、場所を親切に教えてくれる。
地図を2F(1フランスフラン=23円)で買って、街の案内書をもらう。
まだ外は明るいので歩いてホテルを捜すことにする。
駅から正面の道を歩くと、駅に近くて安いので目をつけた「ホテルビクトリア」がある。
細い階段を上がってレセプションで値段を聞くと93Fとのこと。
ホテルリストには75Fとあるので文句を言うと、値上がりして1泊78F、それに朝飯が15Fなのだとか。
明日の朝早く出発してバーゼルからジュネーブまで行く予定。
朝食は断って78Fで泊まることにする。
最初に見せられた部屋がホテルの入口に近いので「うるさいのは嫌だ」といって、別の部屋に替えてもらう。
22号室。
この値段だと当然シャワーは部屋の外にある。
見せてもらうと、シャワールームには鍵がかかっていて、1回10F(230円)だという。
高すぎる!
でもまあ、乾燥したヨーロッパでは別に風呂にこだわることもない。
しかし、部屋代とは別に、朝食代、シャワー代と、余分なお金がかかる。
ドイツに近いとはいっても、さすがフランスだ。
ドイツではホテルの値段は案内所で聞いた通りで、シャワーは熱いお湯がドバッと出る。。
フランスでは、ホテル料金は名目で、シャワーとか朝食とか、更に自分で交渉しなければいけないのだ。
ストラスブールの旧市街へ歩いて行く。
カテドラルで膝まづいて祈る。
ステンドグラスの大きさにびっくりする。
広場に面してフランス風のカフェやバールが開いている。
旧市街は完全な観光地だ。
ソーセージサンドイッチとビール、それにヴァンブラン(白ワイン)のハーフボトルを買って戻り、部屋で乾杯をする。
一人でこんな小さな部屋に泊まって、ヨーロッパの旅を続けていることを思う。
ユーレイルパスはあと1週間有効だ。
明日はジュネーブに行く。
一泊した後、明後日はそこからTGVでパリに向かう。
それからこの前行き損なったポルトガルへ足を伸ばさなければならない。
うまく行けばそこから戻って、さらに船でアイルランドまで行くつもりだ。
なぜこんなに取りつかれたように走り回れるのかって?
それには理由がある。僕には神が乗り移っているのだ。
ヨーロッパを旅する貧乏人に取りついて、タイムリミットになるか、旅人が疲労で倒れるまで狂ったように動き回らせるという伝説の魔神。
それが「ユーレイルパス」の神だ。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx