『一等ユーレイルパスでの21日ヨーロッパ鉄道旅行(1988)/旅程と説明』 

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次(1988)』も、チェックください。

北欧早周り (デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドを鉄道と船で連日移動)

1日で4カ国 (オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、フランスを1日で回る)


【ブダペスト東駅】

ヨーロッパの旅行は、鉄道がいいし、鉄道以外にない。
だって、ヨーロッパの文化は鉄道によって支えられ、鉄道こそが現代のヨーロッパ文化を作ったのだから。

だから、ヨーロッパの各都市の鉄道駅、これこそが最高の観光名所なんだよ。
それは、各都市の教会を見て歩くのと同じことだ。

だったら、ヨーロッパの都市の鉄道駅を見るためにも、鉄道旅行が大事だよね。
ここを、安いからとバスに乗って移動したり、飛行機で一気に飛んでしまったら、それは本当に旅の好きな人ではないよ。

とにかく、ヨーロッパは鉄道で旅をするのが原則なんだ。
ここを、間違えないで欲しいね。

ヨーロッパの鉄道旅行といえば「ユーレイルパス(現在はユーレイルグローバルパスというようだ)」だ。
いまではいろんなパスが出てきたが、考える必要はない。

一等ユーレイルパスを買えばいいだけなんだ(一等パスだと、もちろん二等にも乗れます)。
一等ユーレイルパスで、ゆったりとヨーロッパを旅する。

これ以上の贅沢はないだろうね。

【追加情報】

ユーレイルパスは、ただ鉄道料金が安いだけではなくて、列車の中で寝る(夜を過ごす)ことができる。
つまりヨーロッパの馬鹿高いホテル代が節約できる

また、ホテルを捜す時間、 (一般的には町の中心から遠い)ユースホステルに行く時間が節約できる
さらには、駅には何でもある。

駅で荷物を預けられる(そして身軽になって観光をする)、駅でトイレに行って、髭を剃り、歯を磨き、食事をする。
全部駅で済ますことができる。

また、観光案内所、ホテル紹介所、などは駅の中や近くにあるものです。
もちろん駅前には、必ず安いホテルがあります。

この点で鉄道旅行は、常に駅から駅へ移動しているので、非常に有利です。

さらには、鉄道駅には当然旅行者が集まる。
カフェで休んでいると、同じような旅行者と出会える

旅行者が出会えば、そこには旅という共通話題があるので、話が盛り上がり、情報交換ができる。
ちょっと話をして、一緒の列車で移動することも、一緒に観光することも、一緒のホテルに泊まることもあり、恋愛も生まれないとは限らない

また、ヨーロッパ旅行のときは、大きな一枚の地図(僕はミシュランのヨーロッパ地図)を持っていくと、一目でだいたいの距離、つまり時間が予想できますし、鉄道路線が書いてあるので、乗り継ぎもわかります。


1988年、ナイロビからロンドンへたどりつく途中の話。
ナイロビから、エジプトへ飛んで、ヨルダン、イスラエル、シリア、トルコ、ブルガリア、ユーゴスラビア、ハンガリー、オーストリア、と旅をして、スイスのチューリッヒへ入ったとき。

ザルツブルグからチューリッヒの列車運賃があまりに高いので、これでは旅を続けられないと、焦って、チューリッヒ駅にジャーマンレイルパスを買いに行きました。
すると、「ユーレイルパスもありますよ」と言われて、21日有効のパスを購入

これは、そのパスを使って、目いっぱい走り回った経過です。
参考にして下さい。

特に、注意して欲しいのは。

1)鉄道は、予約なしに乗っていること。予約の必要なクシェット(簡易寝台)や寝台も、当日か前日に予約をしていること。

2)ホテルは予約なしに、現地で、その日に見つけて泊っていること。

3)一人旅なのに、ほとんど毎日、違った人と出会い、食事をしたり、酒を飲んだりして、盛りあがっていること。

4)旅はスピードが命ですから、どんどん移動をしていること(例えば、一日で4カ国旅行など)

これが本物の「ヨーロッパ鉄道旅行」なんですね(えっへん)。

1988/09/13 チューリッヒ〜ミュンヘン(4時間半)

前日(1988/09/12)に、チューリッヒ駅の窓口でユーレイルパスが買えることを知ったが、その時はまだ買わなかった。

スイス、チューリッヒ駅で、ユーレイルパス(ファーストクラス・21日有功)を、630スイスフラン(53,550円)で、購入
ミュンヘンへ。

観光案内所の列で話しかけたyukoと、マリエン(マリーエン)広場で待ち合わせして、ホーフブロイハウスへ。
大ジョッキ3杯飲む。

観光案内所で紹介してもらったホテル泊(48ドイツマルク/3600円)。
ミュンヘン泊。

1988/09/14 ミュンヘン〜フュッセン(2時間)

ミュンヘン観光の後、昼の列車で、フュッセンへ
フュッセンの観光案内所で、ホテルを紹介してもらう(30ドイツマルク/2250円)。

ノイシュバンシュタイン城、ホーエンシュバンガウ城、を見る
藤本くん、日本女性と夕食を食べていたら、別の女の子が来たので、4人で盛り上がる。

フュッセン泊。

1988/09/15 フュッセン〜ヴュルツブルク(ヨーロッパバスの観光)

『フュッセン〜シュタインガーデン〜アウクスブルク〜ディンケンスビュール〜ローテンブルク〜ヴァイカースハイム〜ヴュルツブルク』@ロマンティック街道/ドイツ

8時15分発の、ヨーロッパバスに乗る。
日本人の女の子が多い(8割は日本女性♪)。

ヴィースキル、アウグスブルグ、(中世の町がそのまま残っているロマンチック街道の白眉)デュンケルスビュール、ここで昼食を取る。
続いて、ローテンブルク、ヴュルツブルク観光。

ヴュルツブルク駅の案内所で見つけた、ドイツ人おばあさん経営の小さなホテルへ。
ヴュルツブルク泊。

1988/09/16 ヴュルツブルグ〜ハンブルグ(4時間半)

朝、藤本くんと偶然再会し、マイン側の運河を見る

昼、『ハンブルク駅前に宿を取り、コペンハーゲンからオスロへのクシェットの予約を取って、レーパーバーンを歩く』

「IC586」に4時間半乗って、ハンブルグへ。
ハンブルグ駅前にあるホテルに決める。

ハンブルグ名物、レーパーバーンのセックス地帯を見学。
17日の、コペンハーゲンからオスロへのクシェットを予約(1500円)。

ハンブルグ泊。

北欧早回り旅行

1988/09/17 ハンブルグ〜コペンハーゲン(5時間半)コペンハーゲン〜オスロ(10時間)

ハンブルグからコペンハーゲンへ。
ウィーンでドイツ語を勉強している日本人、北欧帰りの日本人と立ち飲みバーで話。

コペンハーゲンで、人魚姫の像を見て、街を歩く。
オスロへのクシェットで、イスラエル人夫婦と話(ヨルダンのペトラ遺跡のことなど)。
車内泊。

1988/09/18 オスロ〜ミルダル〜フロム(7時間半)

朝、オスロに着いて、ちょっと街を歩き、王宮へ。
10:20の列車で、ミルダルへ。

ミルダルで乗り換えて、フロムへ。
フロムの観光案内所で、BREKK INNを紹介してもらう(ここの情報ノートは日本人だらけ)。

夕食は、町で出会ったオスロ大学の学生サイクリストといっしょ。
フロム泊。

1988/09/19 フィヨルドの旅
フロム〜グドヴァンゲン(2時間)、グドヴァンゲン〜ベルゲン(1時間)ベルゲン〜オスロ〜ストックホルム(15時間)

フロムからフェリーボートに乗り、ソグネフィヨルド(Sognefjord)の奥にあるアウランフィヨルド(Aurlanfjord)のすばらしい景色を見る。
フェリーでグドヴァンゲン(Gudvangen)へ。

グドヴァンゲンからヴォス(Voss)へバスで移動。
ヴォスから鉄道でベルゲンへ。

ベルゲンからオスロへ。
オスロで乗り換えて、そのまま夜行でストックホルムへ。

列車の中で、東京からの母娘と話。
車内泊。

1988/09/20 ストックホルム〜ヘルシンキ(15時間)

午前7時、ストックホルム着。ストックホルム市内観光。
英国在住黒人とうろうろ。

歩いていると日本人と出会い、日本レストランを探したが、見つからず。
船のYHに泊っているウィーンドイツ語男と再会。

午後4時15分、シリアラインへチェックイン。
船中泊。

1988/09/21 ヘルシンキ〜ストックホルム(15時間)

荷物を預けて、ヘルシンキ市内を、歩いて観光。
午後4時に、シリアラインへチェックイン。

日本女性イラストレーターとデッキで話。
船には、「個室サウナ」もある。
船中泊。

1988/09/22 ストックホルム〜コペンハーゲン(8時間20分)コペンハーゲン〜ベルリン(11時間)

シリアラインの船、午前9時、ストックホルム着。
ストックホルム午前11時5分発の列車「バルト海急行」でコペンハーゲンへ(19時24分着)乗車時間8時間20分

ストックホルム駅で、中国からシベリア鉄道で来たうるさい若者と出会う。

コペンハーゲンから、ベルリンへの二等寝台(コペンハーゲン発22時12分、ベルリンZOO駅着午前8時58分)、乗車時間11時間
車中泊。

1988/09/23  ベルリン滞在

東ベルリンに到着、そのあと西ベルリンへ。
西ベルリン観光。
東ベルリンからプラハ、プラハ西ドイツ国境への切符を買う。

雨の中を、戦勝記念塔からブランデンブルグ門までを歩いて往復する。
観光案内所で紹介してもらったホテルへ。
ベルリン泊。

1988/09/24 ベルリン〜プラハ(6時間)、 プラハ〜ニュルンベルグ(10時間)

地下鉄フリードリッヒシュトラッセ駅から東ベルリンへ入る。
リヒテンバーグ駅を、午前7時38分出発。

ドレスデン経由、10時45分、チェコスロバキアに入国。
エルベ川沿いに走って、プラハへ。

荷物を駅のロッカーに預けて、プラハを歩いて観光。

プラハ夜行列車で、ニュルンベルグへ(プラハ20時15分発、ニュルンベルク到着が午前5時50分)。
車内泊(オランダ人、アルバニア人と3人でコンパートメントを占領して快適に寝た)

1988/09/25 ニュルンベルク〜ハイデルベルク(4時間)

ニュールンベルグ市内観光。教会で祈る。
シュツッツガルトで乗り換えて、午後4時、ハイデルベルク着。

市電と歩きで、ハイデルベルク観光。
日本軍人がドイツ寄りになった理由を考える。

ハイデルブルク駅から電話をして、ホテル(ホテルツェントラル/HOTEL CENTRAL)を見つけた。
ハイデルブルク泊。

1988/09/26 ハイデルブルク〜フランクフルト(1時間)、フランクフルト〜ビンゲン(40分)、ビンゲン〜コブレンツ(3時間半)、コブレンツ〜アムステルダム(4時間)

ハイデルベルクから約一時間で、フランクフルトへ。
フランクフルトから、ビンゲンへ。ビンゲンで、ライン川下りの船に乗る。

ローレライはただの岩山。
ドイツ人の団体から強い酒を飲まされる。日本人旅行者とワインを飲む。

コブレンツで船を下りて鉄道。ケルン経由、アムステルダム、午後8時着。

駅前の案内所でホテルを見つけ、すぐに飾り窓の女を見学。
明日のブリュッセル行き列車の時刻を確認。

アムステルダム泊。

1988/09/27 アムステルダムブリュッセル(2時間半)、ブリュッセル〜ルクセンブルグ(2時間半)、ルクセンブルグ〜ストラスブール(2時間)
(一日で4カ国旅行のお話はこちらへ)

アムステルダム駅、朝7時3分発の、パリ北駅行き列車に乗る。
ブリュッセルで降りて、小便小僧、グランプラス見学。

ルクセンブルグで降りて、歩く。
午後5時、ストラスブール(フランス)着。

ストラスブール大聖堂など見学して街を歩く。
駅の観光案内所でホテルリストをもらって、自分で歩いて駅近くの安宿に決める。
ストラスブール泊。

1988/09/28 ストラスブール〜バーゼル(1時間半)バーゼル〜ジュネーブ(3時間)

ストラスブールから、バーゼルへ
バーゼル駅のフランス出国審査で、少し手間取った。

バーゼルを少し歩いて、午後の列車でジュネーブへ
ジュネーブ駅のホテル案内板から電話をかけて、ホテルを予約する。
ジュネーブ泊。

1988/09/29 ジュネーブ〜パリ(3時間半)

TGVの一等席で、ジュネーブからパリへ。
翌日の、リスボン(ポルトガル)行き列車の予約(SUD EXPRESS)。


【東京堂書店@パリ】

東京堂書店で日本の本を購入、「ラーメンひぐま」で中華丼とネギラーメン
駅のホテル案内所でホテルを見つける。
パリ泊。

1988/09/30 パリ〜リスボン(25時間半)

パリオーステルリッツ駅から、午前8時15分、SUD EXPRESSに乗り込む。
途中まで一等車に座っていて、寝るときに、二等のクシェットへ移動。
車内泊。

1988/10/01 パリ〜リスボン(25時間半) リスボン〜マドリッド(10時間)

ポルトガル、リスボン、サンタ・アポロニア駅に朝、到着。
日本女性を見つけたので、荷物を駅に預けて、いっしょにリスボンを歩く。

午後9時15分発の、マドリッド行きエストレージャルシタニア号に乗る。
日本人旅行者と二人で、コンパートメント占領。
車内泊。

1988/10/02 マドリッド〜パリ(13時間)

午前8時30分、マドリッド・アトーチャ駅着。
東京飯店で食事、日曜ノミの市をうろうろ。

19時40分発の、TALGOの一等個室寝台を予約。
ユーレイルパスがあるので18515ペセタ、約二万円(ないと35000ペセタ、約4万円とのこと)。
タルゴの車内泊。

1988/10/03 パリに到着して安宿に泊まる。

パリ、オーステルリッツ駅着。
カルチェラタンを歩いて、「Hotel Henri W」(シングル80フラン、つまり1800円ちょっと)を見つける。

パリ泊。

(結論)

これが、僕の21日間のユーレイルパスを使ったヨーロッパ旅行でした。
旅した国は、

スイス、 西ドイツ、 デンマーク、 ノルウェー、 スウェーデン、
フィンランド、 東ドイツ、 チェコスロバキア、 オランダ、 ベルギー、
ルクセンブルグ、 フランス、 スペイン、 ポルトガル

の14カ国になります。

訪問した町(その町を自分の足で歩いた)は、以下の33か所になりました。

チューリッヒ、ミュンヘン、フュッセン、ヴィースキル、アウグスブルグ、
デュンケルスビュール、ローテンブルク、ヴュルツブルク、ハンブルグ、コペンハーゲン、
オスロ、ミルダル、フロム、グドバンゲン、ベルゲン、
ストックホルム、ヘルシンキ、ベルリン、プラハ、ニュルンベルグ、
ハイデルベルク、フランクフルト、ビンゲン、コブレンツ、アムステルダム、
ブリュッセル、ルクセンブルク、ストラスブール、バーゼル、ジュネーブ、
パリ、リスボン、マドリッド

20泊21日のなかで、ホテルで寝たのが11泊、列車や船で寝たのが9泊です。

まあ、パスがあると、元を取ろうと、必死で移動するといういい例ですね(笑)。

それから、この一人旅の途中で、ほとんど毎日、日本人と出会って、酒を飲んだり、いっしょに観光していたりすることに注意して下さい。
一人旅の方が、人とたくさん知り合えるので、とても楽しいですよ♪

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』 / 一等ユーレイルパス21日間の旅(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行

xxx