エジンバラ城へいくと、エジンバラフェスティバルのポスターに蜷川幸雄の名前を見つける@エジンバラ/スコットランド
インバネスからネス湖を見て、レンタカーでスカイ島、ハリス島、ルイス島、と旅をしたスコットランドドライブ旅行は、予定よりも一日遅れで終わった。
インバネスへの到着が遅れて、オフィスが閉まってて、レンタカーを返せなかったんだ。

でもそれはそれでいい。
車があると、いくらでもインバネス周辺のB&Bを見つけられたからね。

スコットランドでは(おそらくイギリス中で)B&Bは道路沿いに看板を出している。
道路から見つけて、ドアを叩いて、主人と話をして、部屋を見せてもらって、料金の交渉をすればいいだけだ。

車で走っていながら、最初に見つけたインバネスのB&Bでは、部屋にダブルベッドが一つしかなかった。
男性2人だと寝にくいので断ったけどね。

別のB&Bで部屋を見つけた。
おぼろげな記憶だけれど、石造りのかなり立派な建物だった。

イギリスでは、というかヨーロッパでは、また米国でも、家というのは100年以上持つのが常識だよ。
その家に手を入れて、財産価値を保ち、または財産価値を上げて、中古家屋の売買市場があるわけだ。
若いカップルなどは、中古住宅を入手して、自分たちで家の修理をして、さらに高く売ることもある。
ところが日本の日本家屋というものは、安っぽい木造で、いくら手を入れても家自体の価値はほとんどない。
だいた30年もすればボロボロで、リフォームしなければとても住めなくなるものだ。
日本という国も薄っぺらで、日本人に個性も、自己主張がない。
それは、生活の根本である個人の家が頼りないからじゃないかな。
そういうことを、スコットランドを旅して、古い石造りの家と手入れの行き届いた庭なんかを見ながら考えてきたね…。

翌日は、とにかく車を返却して、すぐにインバネス駅から列車に乗る。
目的地はスコットランドの中心都市、エジンバラだ。

朝の列車に乗って3時間40分程度で、お昼にはエジンバラ駅に到着。
もちろんホテルは予約してないが、だいたいこんな大きな町の駅には必ず観光案内所があって、そこでホテルを紹介してくれるものだ。

駅の大きな観光案内所で、「駅から近くて安いホテル」を頼むと、「ホテルロワイヤル」を紹介してくれた。
これは本当に駅から近かったよ。
駅から通りを渡ったら目の前にある感じだったものね。
一階がパブになっていて、2階がホテルだった。
たしか、シャワーもトイレも共同で、そのトイレがいやに大きかった。
これは、1階のパブの客も使うのだろうか、とも思ったが、ホテル自体もかなり部屋数が多かった。
ただ僕らが泊まった時は、客はほとんどいなかったけどね。
まだ日は高いので当然、エジンバラといえばエジンバラ城を見物に行く。
エジンバラ城には、いろんな飾り付けがしてあって、なにかフェスティバルの準備か片づけをしているようだった。
これがエジンバラの演劇祭「エジンバラフェスティバル」だった。

ポスターに蜷川幸雄の名前があったことを記憶している。
蜷川幸雄は有名な演出家だということしか知らなかったが、スコットランドまで来て、エジンバラで彼の名前を見て、ちょっち感動した。

そのために、このあとバルセロナに行った時、一緒にスペイン語を勉強していた学友の、かなり知的なイギリス人に「蜷川幸雄のシェークスピア劇演出への日本の歌舞伎の影響」について、ずーっと(英語で)話をしてあげたものだ。
もちろん僕は、蜷川の演劇も歌舞伎も一度も見たことはなかったんだけどね。
でも、「エジンバラフェスティバルにおける蜷川の演出はだね…」と難しい英語を使って語りまくる日本人と会ったら、誰だって感動するだろうね。
ま、その日本人とは世界旅行者先生さま、つまり僕のことなんだけどね(笑)。
エジンバラ滞在もたった一日だけで、翌日は、ロンドンはキングスクロス駅(4時間半)へと向かいましたとさ。

蜷川幸雄のサイトを見たら、1987年9月『NINAGAWAマクベス』『王女メディア』海外公演[イギリス]とある。
ちょうどその時期にぶつかったみたいだね。


【旅行哲学】エジンバラでエジンバラフェスティバルのポスターを見ただけで、世界旅行者は蜷川演劇について、いくらでも語れる。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx