ダブリンからのフェリーで、「ランボー3 怒りのアフガン」を見て、無事ロンドンの定宿「セントジョージホテル」に収まる。@ダブリン〜ロンドン
1988年10月16日。
今日は、アイルランドを出てイギリスに向かう日だ。

10月14日にロンドンを出て、船で寝て(シートでくたーっとして)15日朝にダブリンへ到着した。
15日の昼間にダブリンの名所を見て、ダブリンのB&Bに一泊。

そして、16日は朝からフェリーと列車を乗り継いで、ロンドンへ戻る。
ダブリンでは一泊しかしないわけだが、ロンドンからの往復ともに、列車とフェリーを乗り継ぐ。

14日は寝ながら移動だったから疲れたが、16日は昼の移動だ。
イギリスとアイルランドを隔てる「アイリッシュ海(IRISH SEA)」の風景を眺めることができる。

僕がパリからロンドンへ、ドーバー海峡をわざわざ昼間渡ったように、ダブリンからホーリーヘッドへも昼間のフェリーで渡る。
やはり、観光旅行だから、風景が見えない移動は意味がないからね。

その点、僕はアイリッシュ海を夜にも昼にも渡った。
ここでもちゃんと旅行者としての「芸」をしている。

これが、本物の旅行者というわけだね。
と、自分の旅行能力の素晴らしさに感動する。

午前6時半に起きて荷物をまとめ、宿泊代に含まれていた朝食(ENGLISH BREAKFAST)を取る。
7時20分に「DUBLIN CONNOLLY STATION」へ。

時刻表だと列車移動だと思っていたが、バス移動だった(バスの出発は午前8時)。
二階建てバスのダブルデッカー(DOUBLE DECKER)だったので、驚いた。

フェリーが出る場所「DUBLIN SEALINK FERRYPORT」へ到着。
この町の名前は「DUN LAOGHAIRE」というらしい。

フェリーの出発は、午前8時45分。
フェリーが港を出ていくのを、上甲板へ出て見る。

ダブリンへ着いた朝もダブリンを出る朝も、霧(MIST)がとても深い。
船が霧の中を、ゆっくり出ていくのを、甲板に立って眺めた。

船が港を出た後、フェリーの内部を探検して歩く。
船の本屋で、「The Labours of Hercules (Poirot)」が定価2.50ポンド(600円)なのに、2.99ポンドの値段がついていたのを不思議に思う。

ただこれは、アイルランドプントの表示だったのだと、いまこの旅行記を書いていてわかった。
2.99プントは、1プントが200円と考えれば、600円だからね。

アイルランドの通貨プントが、11プント(2200円)余っていたので、英ポンドへ再両替をする。
11プントを1.23のレートで、スターリングポンドに替えると、8.94ポンド。

さらにコミッション(両替手数料)を0.75ポンド引かれて、手にしたのは8.19ポンド。
一度アイルランドプントに替えていたお金がイギリスポンドに替わると、なぜか得した気持ちになる。

それが理由だったのか、船の免税店で、ウィスキーの「CHIVAS REGAL(シーバスリーガル)」の1/2リットル瓶を買った。
これが、6.50ポンド(1500円程度)。

1987年の9月にイギリスへ来てから、この時期は、もうウィスキーはほとんど飲んでいなかった。
日本では、特に離婚前は、昼からウィスキーを浴びるように飲んでいたのだが(笑)。

それなのになぜ、ウィスキーを買ったかというとだね、前回ロンドンにいたとき美女からプレゼントされた「フラスコ」があったからだ。
その美女のことを思い出して、ちょっと物思いにふけったりする。

時間潰しで、フェリーの中をうろうろ探検していると、映画館を発見。
料金は2.5ポンド(600円程度)。

上映していた映画は、「RAMBOV」でした。
日本では「ランボー3 怒りのアフガン」というタイトルだったと思う。

この映画の興味深いところは、ランボーがイスラム教徒のアフガン人と協力して、ソビエト軍と戦うところ。
アメリカがイスラム教徒に味方をしているわけだから、今となっては、いろいろと都合の悪い映画ではないかな(笑)。

ホーリーヘッドで列車に乗り継いで、ユーストン駅に着き、ビクトリア駅へ移動。
そのまま歩いて、定宿の「セントジョージホテル」へ。

予約はしてなかったが、部屋が空いていたので、すぐにチェックイン。
無事9号室に収まりました(シングル20ポンド/5000円)。

ピザをテイクアウトして、ワインを一本。
それからビールのロング缶を2本、これが夕食です。

さて、明日は何をしようか。
それは明日になれば決まるでしょう。

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

フランス/france BRITAIN/英国

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』 / 一等ユーレイルパス21日間の旅(1988/09/12-1988/10/03)

europe asia world index 東欧縦断旅行
xxx