『バルト海急行で、コペンハーゲンからバルト海を渡って、東ベルリン、そして西ベルリンへ』@西ベルリン/西ドイツ
1988年9月22日、ストックホルム午前11時05分発の31番列車に乗って、、コペンハーゲンに午後7時24分到着。
夜の7時過ぎにコペンハーゲンへ到着したら、普通はホテルを見つけて、後は寝るだけ。
しかし僕は、すでにコペンハーゲンには来ていて、「人魚姫の像」は見ている。
僕は、これから、コペンハーゲンからドイツのベルリンへ向かう列車「OSTSEE EXPRESS(バルト海急行)」に乗る予定。
すでにストックホルムで切符を購入済みだ。
手許にある「THOMAS COOK EUROPEAN TIMETABLE (April 1988)」で、ベルリンまでのルートを確認する。
僕が乗るのは、コペンハーゲンを午後10時12分に出る「バルト海急行」で、コペンハーゲンと東西ベルリンを結んでいる。
この列車は、まずデンマークを走り、ロラン島の南の端、GEDSER(ゲッサー)へ行く。
ゲッサーで車両は船に乗り、9月23日午前0時40分に列車を載せた船が、バルト海へ出る。
バルト海を渡って、東ドイツのWARNEMUNDE(ヴァルネミュンデ)へ。
ヴァルネミュンデは、ROSTOCK(ロストック)という大きな町の一部らしい。
船のヴァルネミュンデ到着が、午前2時45分。
ここで、東ドイツの入国手続きが、あって、列車が出るのが、午前3時半。
いろんな手続きがあるのだろう、ロストックの駅を出るのが3時54分。
東ベルリンのOST(東)駅到着が午前7時53分。
僕の目的地、西ベルリンのZOO駅が、午前8時58分の予定。
11時間弱の旅で、しかも、デンマークからバルト海を船で渡って、東ドイルに入り、東ベルリン、西ベルリンへ向かう冒険旅行だ。
今の人は知らないだろうが、西ベルリンという都市は、周囲を社会主義国の東ドイツに取り囲まれた、牢獄のような町なんだからね。
この時代、資本主義国と敵対していた社会主義国のど真ん中を走る列車だから、何が起きても不思議ではない。
この列車に乗るには、ある程度の緊張感、覚悟というものが必要だった。
今までの経験でも、ベオグラード(ユーゴスラビア)からブダペスト(ハンガリー)への国境では、厳しいチェックがあった。
そのときは、同じコンパートメントのアルジェリア人が、どこかへ連れて行かれたし。
コペンハーゲン駅に、バルト海急行が入線して、すぐに二等寝台へもぐりこむ。
コンパートメントは、片側だけの三段ベッドだ。
僕はその中段のベッド。
コンパートメントには、洗面台付きで、ミネラルウォーター、タオル、石鹸もあった。
列車が出発するとすぐに車掌がやってきて、列車の切符を全部、預かっていった。
出発が、夜中の10時過ぎなので、同じコンパートメントの乗客とは挨拶程度しかせず、あとは無言、とにかくベッドで横になったままだ。
船でバルト海を渡るときに、なにかあるのかと思っていたが、気がつかなかった。
ヘルシンキからストックホルムは船で寝た、続いて、ストックホルムからコペンハーゲンへ昼間の列車、そうしてコペンハーゲンからベルリンへのこの夜行列車だ。
結構眠りは深くて、列車が船に乗り込むところなんか、わからなかったんだろね。
午前2時半ごろに起こされて、パスポートのチェックを受けた。
おそらくこれが、東ドイツに着いたときの、ヴァルネミュンデの入国審査だったのだろう。
入国税か何かわからないが、5ドイツマルクを請求されて、東ドイツのはずだが、西ドイツマルクで支払った。
入国審査のあとで、続いて税関の検査。
これは、ただ、荷物を確認するだけで、中身を開けることもなかった。
そのまま寝ていて、午前7時15分ごろに一度起きる。
が、起きても何もすることがないので、またベッドに横になる。
東ベルリンのOST駅到着前に、車掌が回ってきて、乗客を起こして歩く。
到着は、午前8時ごろだが、東ベルリンの駅に降りることはできない。
列車は一時間ほど停車したままで、そのあと動いて、西ベルリンのZOO駅へ静かに移動した。
午前9時過ぎに到着したZOO駅は西ベルリンにあり、西ベルリンは西ドイツなので、普通の西ヨーロッパの駅と変わりない。
いつものとおり、駅の観光案内所へ行き、ホテルを紹介してもらう。
それが「ホテルカリフォルニア(HOTEL CALIFORNIA)」で、三人部屋を一人で使って、50ドイツマルク(3750円)。
これに、コミッション(ホテル紹介手数料)が、別に3マルク(225円)かかった。
ホテルは、クーダム通り35番地で、東京でいうと表参道のような場所だ(と僕のノートに書いてある)。
さて、西ベルリンに来たわけだが、長居はできない。
だって僕は、ユーレイルパスを持っているので、パスを使えない東ヨーロッパにいたら、毎日お金を損しているわけだ。
チェコスロバキアのビザを持っていることだし、明日は、チェコスロバキアの首都プラハへ移動してしまおう。
プラハから、とっととまた西ドイツに戻れば、ユーレイルパス圏にはいる。
明日移動するならば、今日中に、ベルリンからプラハへの列車の切符を買わなければならない。
またもちろん、西ベルリン観光もやってっと、とにかく東西ベルリンを分ける「ブランデンブルグ門」は見ないとね。
夜行列車で寝るのは疲れるが、ホテルで身体を休める暇はないよ(涙)。
でもまあ、旅先ではその場その場で、次々と課題が出てきて、それを解決していく。
すべての出来事は、重くのしかかることはない。
うまくいくにしろ、いかないにしろ、あっさりと、過ぎ去っていくだけだ。
そうして、その一日一日、やったことの一つ一つが、はっきりと記憶に残る。
その記憶を一生反芻して、楽しむことができる。
確かに、変わりばえしない、日本のだらだらした日常よりは、意味があるね。
旅したことが、なにかの役に立つことはない。
でも、生きるということは、変わった経験をすることだからね(「世界旅行主義」より)。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx