ロンドン、ソーホーの中華街(LEE HO FOOK/WONG KEI)の想ひ出@ソーホー/ロンドン/英国

【中華街@ソーホー/ロンドン】
今はどうかわからないが、昔(1987年ごろ)は、ロンドンへ行った日本人はピカデリーサーカスへ行った。
ピカデリーサーカスには「ジャパンセンター」があって、日本語の本があったからね。

あと、そこで日本人向きの雑貨も買えたし、日本風のカレーライスも食べられた。
そして、ピカデリーサーカスからちょっと歩くと、ソーホーに出る。

ソーホーもちょっと変わったところで、ソーホーを歩いていると中華街に出る。
この中華街とソーホーには、いろんなエピソードがあるので、思い出しながら書いてみたい。

【利口福酒家「LEE HO FOOK」@CHINA TOWN/LONDON】
利口福酒家は、そのころJTBのガイドブックにも紹介されていた有名レストランだった。
僕とKくんが、セントジョージホテルに泊まっていた時、日本女性の留学生と出会ったんだと記憶している。

彼女は、両親を一流レストランに招待しようと考えていた。
予約をしたいが、場所も知りたいので、直接行ってみたいと告白する。

僕とKくんは、とにかく暇な人間なので、そういう話があれば、すぐに乗る。
つまり、一緒に「LEE HO FOOK」へ付いていった。

店は別に予約は要らないみたいな返事をした。
僕たちも、期待していたほどたいした店ではないと、判断したよ。

だから、何かあると通って、ワイワイやってました。
ボトルワインが7ポンドくらいだった。

そのころ、1ポンドが250円として、2千円弱。
日本では、レストランで飲むワインが高くて、2千円は安い!という感覚だったからね。

またKくんが、銀座のママの息子だから、レストランでガンガン食うのに慣れている。
僕は日本では、ちゃんとしたレストランにも入ったことのない貧乏人だ。

「こんなものでしょうねー」と、一食に4〜5千円使っても普通だと考えていた。
しかし、毎回こんなに使っていては、ちょっとおかしいと考え出した。

それからは、小さな店にも顔を出していた。

【「WONG KEI RESUTAURANT」@CHINA TOWN/LONDON】
ワンケイレストラン、このレストランの売りは、店員の無愛想さ。
客を客とも思わないサービスで有名だ。

なにしろ、「Lonely Planet」にも「サービスがひどいので有名」と紹介されてあったのだから(笑)。
ただ、おいしくて量があり、ワインも安い。

だんだんと、安い店を捜して、ついにはここにたどり着きました。
僕は午後の早い時間に行ったので、だいたいはガラガラで、とても気持ちよかったです。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx