『シェルブールからポーツマスへのSEALINK社のフェリーに乗って、船酔いをしながら入国審査を受ける』@フランス/イギリス

がらんとした2等の客席に座って、バッグから分厚い英語のペーパーバックを取り出す。
スティーブン・キングの「IT」だ。
この本はもともとバルセロナで、スペイン語の「ESO」という題名で評判だったのを知って英語版を買った。
しかし、多分アルジェで1冊なくして、今度またボルドーの本屋で見つけた。
さらに、この本をロンドンでもなくして、アテネでまた買って、トルコのコンヤで3冊目を読み終えた
この本を読んでいると、人の運命というものを考える。

隠された記憶。
表面に現れない、自分を導くものの存在。

僕の旅行も何かに導かれている。
だから、旅行ルートを自分で決定している訳ではない。
ただ、流れのままに旅を続けているだけなのだ。
例えば、今手元に120Fちょっと、つまりぎりぎり1泊分残っている。
ということは、僕がシェルブールに1泊しなければいけないと決められているのだろうか、というふうに考えるのだ。
列車は時刻表通りにシェルブール駅に着いた。
午後4時15分だ。
まだ明るいので、とにかくイギリス行きのフェリーターミナルに行って時刻と料金を調べることにする。

駅を出る人の流れに沿って歩きながら、横に歩いていた人に「フェリー乗り場はどこですか?」とフランス語で尋ねる。
と、英語で「こっちだと思うよ。でも、フランス語はよく解らないんだ」と英語で返事がもどる。

そう言われて、よくまわりを見て、耳に入ってくる言葉を確かめると、いつの間にか英語が増えている。
顔を見ても、イギリス人が多いのに気付く。
イギリスに近いんだ!
僕はパリで病気になって寝込んで、じっと部屋に閉じこもっていた。
南仏からけっこう急いで観光で旅してきたフランスに比べれば、学校に通いながら定住し生活していたイギリスは僕の第二の故郷だ。
懐かしくなって、急に帰りたくなる。

フェリーターミナルで時刻を調べると、2時間後の6時15分には、「SEALINK」社の船がポーツマスへ向けて出ることになっている。
出発時刻もちょうどいい。

思いきって乗ってしまおうか…?
しかし、問題はポーツマスへの到着時刻が夜の10時になることだ。
安い宿が見つかるだろうか?
宿をどう見つけるかというのが旅行者の旅の組立の基本になる。
夜中に土地カンのない町に入るのは明白なタブーのひとつだ。
しかし、ポーツマスと言ったら有名な軍港だ。
日露戦争の講和条約を結んだポーツマスはアメリカにあるが、きっとこの港から名前を取ったのだろう。
こんな大きな船が着く有名な港町に、安ホテルがないなんてことはない。
しかも、フェリーは僕の目の前にあるのだ。
「目の前に出発間際の船があれば必ず乗り込む」というのは、スコットランドのスカイ島からニューヘブリデス諸島に渡った時に決めたルールだ。

いやでもなんでも、これは船に乗るのが定められていると考える。
切符はやはり226F(5200円)だ。
切符売り場の女の子も英語をしゃべるのですっかり嬉しくなってしまった。
シェルブールの町をじっくり見れなかったのは残念だが、この町はやはり何時か女の子と来ることにしよう。
中年のおっさんが一人で「シェルブールの雨傘」の世界をしのぶなんて似合わないからね。
トゥールを出るときから降り続いていた小雨はやまず、出国審査を簡単に済ませて船に乗り込むころ空模様はますます不気味になって来た。

船は非常に大きくて、船室も広い。
乗客がかなり乗ったはずなのにがらんとしている。
しかし港を出て、一歩英仏海峡に踏み出すと、海の荒れ方は並大抵じゃない。
座席はゆったりとしたひじ掛け付きのソファで快適なはずだが、ほとんど立ち上がることが出来ないほどに大きく揺れる。
立ち上がれば、あっちへよろよろ、こっちへふらふらという具合。
最初はちょっと面白がって、揺れながら、船中を探険したりしていたのだ。
が、急に頭の芯に船酔いを感じてからはシートに座ったまま本も読まず、ただこの苦しさが過ぎ去るのを祈るだけの状態。
やはりシェルブールで一泊して朝のフェリーに乗った方が良かったのだろうか。
それならば一気にロンドンまでたどり着けて、ビクトリアステーションの裏にある僕の定宿「セントジョージホテル」へ泊まれたのに。
少し後悔している所に、アナウンスがある。
船内で英国の入国審査をやるということだ。
隣の席に置いていたバックパックを荷物置きのラックに載せ、それをチェーンでパイプに結びつける(これは盗難防止のためだ)。

貴重品の入った吉田の「ラゲッジラベル」を斜めに肩に掛けて、下のデッキにふらふらしながら歩いて行く。
船中での入国審査といえば、ジブラルタル海峡を渡るスペインからモロッコへの船中では入国管理に長い列が出来ていた。
だが、この船ではまだ誰も来ていない。
僕一人が入国管理官の前に立つ。

型通りの質問がある。
僕は正直に答えて問題はない。
トラベラーズチェックもあるし、銀行口座もある。
もちろんイギリスで働く気は全くない。
問題があるとすれば、イギリスからの出国切符を持ってないということだ。
それに対しては、「イギリスで切符を買ってアメリカへ飛ぶかもしれない。ロンドンの英語学校在籍の友人と相談しないと決められないのでどのくらい滞在する予定か解らない」という言い訳がある。
バルセロナで取ったアメリカのB-1,B-2ビザがあるので、アメリカに行くことは納得させられる。
役人もまともな英語をしゃべる日本人に会ったのは珍しいのか、暇なのか、いろいろと突っ込んでくる。
そこへぐっと大きな揺れが来て、船がぐぐっと傾いた。
僕は思わずよろけて役人の机にしがみついて体を支えた。
が、急にまた吐き気がして、「おえっ」と声を出してしまった。
役人はこれは危ないと感じたのだろう。
テーブルの上の書類を自分の方に引いて、「もう行っていい」と言うなり、6ヶ月の滞在許可をくれた。
これはいいテクニックだ。
船中で入国管理がある時には船酔いで、吐きそうな振りをすれば厳しい追求を逃れられると言うことだ。
苦しみながら、バッグからノートを取り出し、ささっとメモを取る(僕の旅行のお話は、全部こういう実体験に基づいているから、読者に感動を与えるんだよ)。
時間がたつにつれて、波も風も収まってきた。
フェリーは午後10時過ぎにポーツマスへ入港した。
船の入港前に、雨は止んだようだった。
フランスを夜の6時15分に出て、到着が午後10時過ぎだが、時差があるので5時間かかったのだと思う。

窓から見るポーツマスの港は真っ暗で、街の灯りも頼りない。
とても大きな繁華街や、安ホテル街があるようにはおもえない。

やはり、何の情報もなく、真夜中近くに新しい町へ着くのは無謀だったろうか…。
夜空を見上げると、雨の止んだ空に、星がきらきらと瞬き、その中を一筋、さーっと星が流れる。

「神さま、仏さま、僕に道を示してください!」と、僕は強く祈る。
その流れ星が一瞬きらりと大きく輝きを増して、僕に答えてくれる。

これでいいはずだ。
なにがおころうとも、それは神のさだめ。

なぜなら、砂漠を渡る隊商に道を示したように、カリブ海を行く海賊船を導いたように、空に輝く星は旅人を見守るただ一人の友なのだから。
italy france uk europe world index

italy-france-uk
xxx