フランス人に口説かれている日本女性を見る@カディス(Cadiz)/アンダルシア/スペイン

大きな地図で見る
スペインはアンダルシアの町、セビージャ(Sevilla)の安宿で、いつになくちょっと遅く目を覚また。
さて今日はどこへ行こうかと考える。
セビージャとは「セビリアの理髪師」で聞いたことがあるだろう、あのセビリアのことね。
でも、セビージャの方が本当の発音に近いんだ。

まあそれはそれとして、すでにアンダルシアは、コルドバから入って、グラナダ、セビージャと見ている。
アンダルシアの有名な町といえばこれだけじゃないかな。
すると、すぐにスペインの南の端に港町アルヘシラスへ行って、そこからアフリカへ渡ってもいい。
しかし、どうせならば、アンダルシアの町をもっとあちこち見てまわっておきたい。
だって、スペインならばスペイン語を話すにも慣れているから旅は楽だ。
でもいろいろ危ない話を聞いているモロッコへ入るのは怖いからね(笑)。
昨夜セビージャで会った学生連中(同志社の女2人、中央大学の男1人、あと1人の男は忘れた)があまりにレベルが低かった。
一緒に食事をして酒を飲んだが、話の面白くない連中と付き合うのは金をもらってもイヤだね。
とにかく疲れた。
今日はあまり疲れることはしたくない。

疲れずに新しい町へ行くというなら、セビージャからすぐ近くにあるカディスへ行くのがいいだろう。
なぜって、「カディスの赤い星」という冒険小説で、カディスという町の名前だけは知っていたからね。
注)逢阪剛の「カディスの赤い星」は、面白いですよ♪
セビージャからカディスまではローカル列車でたった2時間。
カディスの一つ手前にJerez de la Fronteraという駅がある。

ここはへレスの特産地。
へレスとはシェリー酒のことで、ここにシェリー酒工場があるらしい。

が、それはカディスに着いてから考えることにした。
結局行かなかったんだけれども、それは特にシェリー酒が好きでもなかったからね…。

カディスの空中写真を見ればわかるが、カディスは本土と細い道で結ばれている。
ここを鉄道で行くと、まるで海の上を走っているような気分になったよ。

駅についてすぐに観光案内所へ行って、地図をもらう。
この時期、スペインの町では観光案内所に行けば、市内地図から名所案内からとキレイな印刷のパンフレットを山のようにもらえたものだ。

ホテルも観光案内所で、安いところを紹介してもらったような気がする。
そのホテルが、さすがに安いだけあってほんのちょっとだけ町の中心から離れていた。

ホテルにチェックインしたあと、歩いて市街を散策する。
かなり大きなバールがあったので、中に入る。
すると、カウンターに日本人の女の子が2人いた。
1人の女の子はジーンズにTシャツに上着の、よくいる卒業旅行のバックパッカースタイル。
もう1人の女の子は、特にドレスアップしているわけではないが、スカートをはいていた。
2人の雰囲気が違うので、これは多分、別々に旅をしていて、途中で会って一緒にいるんだなと、予想したね。
というのは、この1988年の春はとにかく日本人の学生がドドッとスペインにあふれていたからね。
僕自身も毎日違う日本人学生諸君と一緒に酒を飲んで飯を食って、クダを巻いていたんだから…。

一瞬声をかけて食事に誘おうかとしたが、男性と話をしている。
知らない振りをして、カウンターでビールを飲みながら、彼らの話を聞いていた。

この話しかけていた男性というのが、制服を着たフランス人の水兵と士官だった。
多分フランス軍艦がカディスの港へ寄ったのだろう。

フランス人と日本女性2人は、互いにヘタな英語で会話をしている。
その内容はというと、早い話、フランス人から「一緒に食事に行こう」と誘われているわけだ。

僕は、絡まれているのならば口を挟んで助けてあげようかな、と思う。
だから、「大丈夫ですか?なにかあれば僕が話ししますよ」と日本語で声をかける。

するとフランス人の士官が「お前は日本人か?」みたいに、英語で話しかけてくるので、フランス語で返事をする。
そこで、ちょっと世間話をしたが、ただ、よく雰囲気を見ると、スカートの日本女はもうすっかりやる気だったね。

女の子がセックスを欲している、その性欲が体温で熱されて、身体からモワーッと立ち上っている。
それが誰にでもわかる。

もう1人のジーンズの女の子は、ちょっと困った様子だった。
彼女としても、一緒に旅している女の子を放っておくわけにも行かないだろうし。
でも、彼女はそんなにやる気もないみたいだ。
僕も困ったよ。
1人が乗り気なのだし、無理に割って入るのも、お節介だしね。
しばらくいたが、僕はなるようになればいいさと、バールを出て1人で食事をしたんじゃなかったかな。

僕が気になっているのは、1人は絶対にエッチしたけれども、もう1人も成り行きでやっちゃったかどうか、だね。
僕の人生経験から考えると、2人ともやっちゃったと思うけどね。

問題は、4人で相手を交換しながらエッチしたかどうか、そこがわからないんだ。
この話を読んで「それ、私です♪」と心当たりのある人は、すぐに世界旅行者へ連絡ください。

これが僕が「外国人男性に口説かれてその気になっている日本女性」を見た最初だったね。
だから、カディスといえば町並みよりもなによりも、この日本女性のことしか覚えていないんだ。

【旅行哲学】日本女性が発情したら、世界旅行者でも止められないかも。
EUROPE BARCELONA SPAIN WORLD INDEX

xxx