お腹の大きな日本女性とバッキンガム宮殿へ歩いたが、テムズ川に出てしまった話@ロンドン/イギリス

【バッキンガム宮殿(1996)】
世界中の有名な観光地には、「そこに行ったら、とにかく見なければならない場所」というものがある。
ニューヨークならば、「エンパイアステートビルディング」がポイントだね。

もちろん、「自由の女神」のあるリバティ島へ船で行ってみるのも、いいだろう。
ニューヨークの「五番街」もいいし、「セントラルパーク」も行かなければならないね。

いまは安全になった「ハーレム」にも行きたいし、スノッブな「イーストビレッジ」でしばらく過ごすのもいいだろう。
もちろん、ニューヨークにあるたくさんの美術館、博物館にも行く。
さらには、もちろんセントラルパークを歩くのも大切だ。
このすべてを、特に意図せずにやっているのが世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)なんだよ。

パリならば、エッフェル塔と、凱旋門、シャンゼリゼは歩かなければならない。
僕は「ポンピードーセンター」にこだわってたりしたが。

さて、イギリスはロンドンの話だ。
ロンドンだと、ビッグベンを見て、ロンドン塔とタワーブリッジを見ればいいかな。

いやいや、やはりロンドンといえば、「バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)」。
そして、バッキンガム宮殿の衛兵交代を見るのが、ポイントじゃないだろうか。

【バッキンガム宮殿(1996)】
1987年に、はじめてロンドンへ来て、最初はちょっと高いホテルに泊まった。
それから、僕たちの定宿になる「セントジョージホテル」の、ベルグラーブ通りに面したツィンルームに居座った。
僕と、銀座ママの息子のKくんがイングリッシュブレックファースト(English Breakfast)を楽しんでいる。
と、すぐ横のテーブルに、日本人の女の子を見つける。

【バッキンガム宮殿の衛兵】
彼女は、イギリス人の男性と一緒だ。
いまの僕ならば、歳もとっているし、遠慮して話しかけません。

でも、その時は旅に出たばかりで、気分が高揚していた(ハイになっていた)。
また、僕の横には日本人の若い男の子がいる。
僕は、銀座のママの息子の、この男の子に、自分が大胆な人間だと見せたい気持ちもあったんだと思う。
というのは、僕1人だったら僕は遠慮して、他のカップルに話しかけるなんてしないからね。
逆に言うと、すぐ横に二十歳くらいの男の子がいたから僕は話しかけようと、思ったのかもしれない。
というのは、たぶんウソで、僕の本心は、誰にでも話しかける人間なんだけどね(笑)。

で、僕は、気軽に話しかける。
それで、この日本の女の子が、イギリス人と結婚しているのを知った。
そして、おなかが大きかった。
彼女の夫のイギリス人男性は、何か楽器の演奏者で、その日にオーディションを受けるのだとか。
この日本の女の子は、ご主人がオーディションに出た後、午前中はちょっと暇だった。
だから、僕たち2人は、お腹の大きな日本女性を誘って、一緒にバッキンガム宮殿へ歩いて行くことにした。

【バッキンガム宮殿(1996)】
イギリス人妻のおなかの大きな(若い)日本女性、銀座のママの息子、そして僕の3人という、小説でもゼッタイに出てこない3人。
僕ら3人は、セントジョージホテルのあるベルグラーブ通りを出た。

それから、ビクトリアステーションを通り過ぎて、バッキンガム宮殿の方向へ歩いた。
でも、誰もまだ、バッキンガム宮殿へ行ったことがない。
そして、道をちょっと間違えたらしいんだよ。
それで、いつまでたっても、すぐそばにあるはずのバッキンガム宮殿に着かない。

そのまま歩いていると、テームズ川にぶつかってしまった。
女の子のおなかは、とても大きかったので、身体にさわらないように、またゆっくりと、ホテルまで戻った。

彼女と彼女のご主人の住所は、彼女から教えてもらった。
だから、多分ヨーロッパを旅行中に、その住所を見つけて、僕は手紙を書いた。
「とてもいい子なので、やさしくしてあげてね」ってね。

その女の子とは、その1日で別れたが、銀座のママの息子のKくんと僕は、しばらくロンドンにいた。
だから、もちろん、バッキンガム宮殿へも行き、衛兵の交代も見る。

【夏のバッキンガム宮殿は観光客で一杯です(1996)】
それは1987年から、1988年のころの話。
僕は、1996年の夏に、またロンドンへ戻ってきて、昔のままの「セントジョージホテル」に部屋を決める。

そして、ロンドン中心部を歩こうと、ホテルを出る。
まずは、バッキンガム宮殿を見に歩いた。

何度も来ているので、今度はバッキンガム宮殿への道を間違うことはない。
でもね、歩きながら、僕はあの1987年に一緒だった女の子のことを、考えていた。

お腹にいた子供は、もう10歳になったのだろうか。
あの女の子は、イギリスでがんばって生きているのだろうか。

でも1996年の僕は、10年たってもまだ変化していない。
ふらふらと、旅をしているだけのつまらない男のままなんだよね。

でもそれが、僕の運命であるのだろう。
ま、そう思わなければ、やっていけないからね(笑)。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx