嵐の中を「ブランデンブルク門」へ歩く@西ベルリン/西ドイツ
1988年9月23日、午後10時12分。
コペンハーゲンから東ベルリンへ2等の夜行寝台列車に乗る。

この2等寝台のコンパートメントは3人部屋だった。
僕は中段のベッド。

切符は車掌が預かる。
午前2時30分くらいに、車内で軽い入国審査がある。
東ドイツのトランジットビザ代として5ドイツマルク取られる。
税関はただ荷物の確認だけで、中をあけたりはしなかった。

翌朝午前7時半ごろに車掌が起こしにくる。
この列車は東ベルリンのOST駅に7時53分到着。

東ベルリンのOST駅には、到着したあともかなり長く停車する。
その理由は、この列車は、ここで車両が2編成に別れる。
半分はこのままワルシャワ経由でモスクワへ行く。
しかし僕はこの列車の別の半分に乗ったまま、西ベルリンのZOO駅へと移動する。
僕の乗った列車は、東ベルリンの駅に停まって、そのあと東ベルリンから西ベルリンへ入るわけだ。
東ベルリンから西ベルリンへ移動するだけで1時間かかる。
西ベルリンのZOO駅到着が8時58分。
駅を出て、西ベルリンの観光案内所で、「ホテルカリフォルニア」という宿を紹介してもらう。
ベルリンの表参道みたいなダーダム通り35番地にある。
宿にバックパックを置いて、さっそく観光に飛び出す。
まず、ベルリン名所として、チェックポイントチャーリー(西ベルリンと東ベルリンの通行ポイント)を見る。
続いて、ベルリンの壁博物館で、壁を越えようと努力した人のいろんな写真、器具などを見学。

駅前のメモリアルホールと教会で祈る。
また、翌朝のベルリンからプラハへの鉄道切符を購入する。
そして、プラハから西ドイツ国境までの切符も買う。
それを抜けて西ドイツに入ってしまえば、あとは僕の持つユーレイルパスでなんとでもなるからね。

明日の用意を全部済ませて、そのあと、戦勝記念塔からブランデンブルク門まで、6月17日通りを歩いた。
このとき夜になりかけで、だんだん暗くなる時間。
歩いていると、雨風が強くなってきて、最後は嵐の一歩手前という感じだった。
しかしせっかくだから、ブランデンブルク門まで歩いた。

ブランデンブルク門の左側の手前にソビエト記念碑があって、ソ連の戦車が2台ある。
そこにコートを翻して、兵士が立っているような感じもしたが、あんまり考えずに通り過ぎた。

もちろんブランデンブルク門はベルリンの壁となっていたので、通ることはできない。
また雨の中を歩いて戻って、地下鉄でホテルへ。
戦勝記念塔からブランデンブルク門まで片道2kmだった。
ちょっと急いだにしても、往復1時間近く歩いていたわけだ。

でも僕は、なぜか興奮していて、ちっとも疲れも雨による寒さも感じなかった。
それは、いま歴史の中を歩いているんだという高揚感があったからではないかな。

ホテルに戻っても寝つきがわるい。
明日は、プラハへ行くために、朝早く間違いなく起きなければならないのに。

それに、戦車の横の兵士が、銅像なのか、人間だったのか気になった。
しかし、酒を飲んで、ベッドに入れば、歩き続きで疲れていたのか、コロッと寝たみたいです。

【旅行哲学】あの兵士が、人間だったのかどうか、今でも気になる。誰か知りませんか。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx