「ベオグラード(ユーゴスラビア)からブダペスト(ハンガリー)への列車で国境を越える(1988)」

【ブダペストの王宮をバックにした世界旅行者(1996)】
1988年9月5日。
ベオグラードのユースホステル「MLADOST」で目を覚まし、ハンガリー大使館でハンガリーのビザをゲットする。
今日は、ベオグラードから、半分自由化されたというハンガリーのブダペストへ行くつもり。
ビザをゲットしたあとは、ベオグラード駅でバックパックを預けて、列車の出発まで町を歩く。
時計が5時近くを指したので、荷物を早めに取り出すために駅へ戻る。
3番ホームに入っている列車があるので行き先を確かめると、これが4時50分発のブダペスト行きだ。
僕の時計だと、午後5時ごろだから、もうすぐ出発するのだろう。
歩いていると僕を呼ぶ声がする。
さっき別れたアルジェリアの3人組、アブドゥル、カフィ、ジョセフだ。
カフィが列車の窓から身を乗り出して「ケン、一緒に行こうよ!」と叫んでいる。
こっちももう退屈してるのだから行ってもいい。
が、荷物を取り出すのに時間がかかるので出発間際のこの列車に乗るのは無理だ。
「一緒に行きたいんだけど、もう時間がないよ。荷物を持って来なきゃいけないしね」
「まだ時間はたっぷりあるじゃないか」
何をいっているのだろう。もう僕の時計は5時を過ぎているのに。
「もう5時過ぎたよ。見送ってあげる」と僕が言う。
「違う!違う!今はまだ4時だ!」との答。
そこで駅の大時計を初めてじっくりと見ると、なんと4時5分を指している。
丁度1時間僕の時計が進んでいるのだ。
なぜなんだろう。
1時間丁度ずれているというのは時差しか考えられないが‥‥。
そうー、やっと、わかった!
ブルガリアからユーゴスラビアへ国境を越えた時、時差があったんだ。
それに気付かず、時計を修正するのを忘れていたのだろう。
それでハンガリー大使館に正午過ぎだと思ってビザを取りに行った時、他に誰もいなかった。
銀行が閉まっていたのはきっと昼休みだったのだ。
それならまだ時間がある。
一緒に行くことにしよう。
荷物を取って3人と一緒のコンパートメントに入る。
僕たち4人でこのコンパートメントは独占だ。
現地の人も、アルジェリア人が3人と、アーミージャケットを着た日本人の組み合わせの僕たちのコンパートメントには、入りたくないだろう。
だから、2等の6人用コンパートメントは、僕たちだけだ。
列車は広々としたハンガリー盆地をひた走る。
見渡すかぎりの平原に太陽が沈んでいくのをぼんやり見ている。
夜8時を過ぎたころ、列車が停車した。
国境らしい。
あたりは真っ暗で、何があるのかさっぱりわからない。
2人の男がパスポートをチェックしに来る。
アルジェリア人のパスポートをあっさりと見る。
僕の日本のパスポートを見ると名前をチェックして、手帳に控えている。
今年はソウルオリンピックの年(1988年)だし、日本赤軍が何か起こしそうだという噂がある。
それで日本人の名前を特に控えているのだろうと、勝手に想像する。
パスポートをチェックした後、コンパートメントの中を徹底的に調べだす。
座席のシートをひっくり返すのは誰か隠れていないかということなのだろうか。
その後、入国審査官がジョセフに何か聞き始めた。
何があったのか、役人が急にジョセフの腕をつかんだかと思うと、列車から連れ出してしまった。
アブドゥルとカフィが僕の分からない言葉で何か相談している。
列車はずいぶん止まっている気がする。
ジョセフの問題で停車しているのだろうか。
ここで「世界旅行者」の僕が考えることは、ジョセフのことを心配することではもちろんないよ。
まず第一に、このトラブルに巻き込まれないということ。
今日知り合ったばかりのアルジェリア人が、万が一ドラッグでも持ち込んでいたということになったら、大変だ。
僕まで巻き添えになる可能性がある。
「ミッドナイトエクスプレス」の世界は絶対いやだ。
出来るだけ2人から離れて座り、知らない顔をするに限る。
急に、ディバッグからアガサクリスティーの「Elephants can Remember」を取り出して、読んでいる振りをする。
しばらくすると、また役人がやってきて、ジョセフのバッグを持っていこうとする。
アブドゥルが何か文句を付けたらしい。
今度はアブドゥルまで、彼の荷物と一緒に引っ張っていかれてしまった。
列車はアブドゥルとジョセフの二人を国境の町に残したまま、静かに動き出す。
コンパートメントにはカフィと僕の2人きりになった。
2人きりになれば知らない振りをする訳にも行かない。
「2人は何か変なものを持ってたの?」と恐る恐る聞く。
「いや。何もしてないのに降ろされちゃったんだ」と、カフィ。
「だったら、すぐ釈放されるさ。次の列車が1時間遅れで同じ道を走るのだから、2人ともその列車に乗ってくるよ」
「僕もそう思うんだけれど。皆のお金はジョセフが持ってるんだ。もし2人が来なかったらどうしよう…」
あれあれ、お金の話になってしまった。
下手をすると、金を貸してくれということにもなりかねないぞ。
でも、お金の話を僕にしても駄目だ。
だって、僕は、貧乏なんだもん(涙)。
この後、列車は何事もなくブダペスト東駅(ケレティ駅)に到着した。
到着予定時刻は22時45分だったが、国境で止まり過ぎた分遅れたのか30分遅れて23時15分になった。
9月の初めでまだ夏休みが続いているのだろう。
東駅の待合室のフロアには「風と共に去りぬ」のアトランタのシーンみたいに、旅行者がごろごろと寝ている。
この時代のハンガリーは、「手軽にいける社会主義国」として、旅行者には人気があったんだよ。
ビザも、ベオグラードで午前中に申請して、お昼には入手できたしね。
さて、ジョセフとアブドゥルはどうなったかというと、翌朝6時頃に何事もなく無事到着した。
僕が待合室の床で寝ていたら、わざわざ挨拶しに来た。
この国境のごたごたでますます社会主義国が嫌いになった。
恐怖感が残って、この後ポーランドへ突入しなかった理由のひとつにもなった。
ブルガリア入国の時に見た国境の役人の横暴さにも、こんな体制は長続きするはずはないと思っていた。
東ヨーロッパの社会主義体制の崩壊は1年後の1989年のことだった。
まだ社会主義体制が存続していたころの東ヨーロッパを見ていなければ、社会も政治も文化も語れない。
もちろん、海外旅行については一言だっていえないだろう。
僕が1988年の東ヨーロッパを見ることが出来たのは、まさしく「世界旅行者」への神の恩寵なのである。
神は偉大なり!

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

egypt jordan Israel syria turkey europe asia world index
エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)
xxx