「西ベルリンからプラハ」、「プラハから西ドイツ国境」への切符を西ベルリンで買って、西ベルリン観光をする@西ベルリン/西ドイツ
1988年9月23日午前8時58分、前夜コペンハーゲンを午後10時12分に出た「OSTSEE EXPRESS(バルト海急行)」で、西ベルリンのZOO駅に到着。
西ベルリンの観光案内所へ行って、「ホテルカリフォルニア」という宿を見つける。
これは、3人部屋を一人で使って、50ドイツマルク、プラス観光案内所の手数料が3マルク入って、53マルク。
この時代、西ドイツマルクは75円と考えられるので、日本円だと4千円程度(3975円)だ。
ベルリンに長期間滞在するならば、一泊4千円のホテルに泊まっていてはダメダメちゃんだ。
しかし僕は、いま、「21日有効一等ユーレイルパスの旅」の真っ最中。
ベルリンに一泊しかするつもりはない。
というのが、ベルリンは社会主義国東ドイツの中に浮いている、自由主義諸国の孤島なんだ。
自由主義(資本主義)と、社会主義(失敗しつつある統制経済)の対立なんかは、僕にとってどうでもいい。
問題は、この時代、東ドイツを始めとするヨーロッパの社会主義国ではユーレイルパスは使えなかったこと。
東ドイツやチェコスロバキア(この時代はまだチェコとスロバキアは一つの国でした)に滞在していると、ユーレイルパスが使えない。
ユーレイルパスを持っていて、ユーレイルパスを使えないという意味は、毎日毎日、お金をガッツンガッツン損しているってこと(涙)。
だから、ベルリン滞在も、一泊だけだ。
今日中に、とっととベルリン名所を見て歩く。
さて、ベルリンの一番の名物といえば、東西ベルリンを分けるベルリンの壁だよ。
そのベルリンの壁には東西ベルリンを通行できる場所がある。
それが、昔のスパイ映画などでよく出てきた「チェックポイントチャーリー(CHECKPOINT CHARLIE)」。
ここは、ある意味観光名所になっていた。
当然、東ベルリンから西ベルリンへ、自由を求めて脱出を試みた人も多い。
その脱出手段も、各種各様で、とても面白い。
そういうものを展示してあるのが、「ベルリンの壁博物館」で、非常に感心したし、「自由」について考えさせられたものだ。
東から西への逃走に成功した人もいれば、脱出に失敗して、亡くなった人もたくさんいる。
自分が、いま自由主義諸国にいることに感謝するね。
なるべく東側の社会主義国は避けたいというキモチが、沸いてくる。
すっきりと、西ベルリンから東ドイツを通ってプラハ(チェコスロバキア)へ行って、とっとと西ドイツへ脱出したいね。
そのためには、西ベルリンにいるうちに、「東ベルリンからプラハ」「プラハから西ドイツ国境」の鉄道の切符を、買っておけばいい。
THOMAS COOK EUROPEAN TIMETABLE」をチェックすると、東ベルリンの「リヒテンバーク駅(BERLIN LICHITENBERG)」を午前7時49分に出る列車がある。
これが「375番列車」で、「ハンガリア(HUNGARIA)」とか「ヴィンドボナ(VINDOBONA)」という名前がついている。
ハンガリアはブダペスト行きで、ヴィンドボナはウィーン行きだ。
つまり、いかにもヨーロッパの鉄道らしく、同じ列車がプラハまで行って、そこで編成を解いて、2つの別の列車になって、ブダペストとウィーンへ行くわけだね。
僕は、東ベルリンからプラハへ行けばいいだけだから、どちらに乗っても関係ないけどね。
もちろん、トーマスクックはあくまでも時刻表なので、実際にその通りに列車が走るかどうか、それは確認しなければならない。
駅へ行って確認すると、出発は午前7時49分ではなくて、午前7時32分ということだった。
この時までに、僕は、プラハ旅行の計画を決めていた。
明日は、西ベルリンから東ベルリンへ入り、東ベルリンの「リヒテンバーク駅(BERLIN LICHITENBERG)」を午前7時32分の列車に乗る。
午後2時ごろにチェコスロバキアの首都プラハ(PRAGUE)に着く。
プラハを午後に観光して、もう結構な歳だし、無理をせずに、プラハで一泊して、翌朝にプラハから西ドイツへ移動したほうがいいだろう。
トーマスクックを見ると、「468列車」が、プラハを朝の7時40分に出て、ニュルンベルク(NURUNBERG)へ午後2時45分(14時45分)に到着する。
ニュルンベルクへ行けば、そこは資本主義国の西ドイツで、ユーレイルパスもあるので、また自由に旅を続けられる。
駅で調べると、東ベルリンからプラハまでの375番列車の料金が40.20マルク。
プラハから西ドイツの国境の「FURTH IN WALD」までの料金が23.90マルク。
この国境の駅を過ぎれば西ドイツなので、(僕はーレイルパスがあるので)無料で一等車に乗り放題だよ。
この二つの列車を予約したので、その手数料が3.50マルク。
合計が、67.60マルク。
1マルクが75円計算とすれば、5070円。
東ドイツでプラハへの切符を買い、プラハで国境駅への切符を買えば、おそらくもっとずーーーっと安いだろうね。
というのが、この時期、東ドイツマルクの価値は、100東ドイツマルクが13〜15西ドイツマルクというのが実勢レートだったからね。
公定レートでは、西ドイツマルクは東ドイツマルクと等価という建前だったはず。
1西ドイツマルクが75円だから、1東ドイツマルクはわかりやすく10円と考えられる。
公定レートではおなじはずだから、西ドイツで東ドイツの切符を買うと、7倍くらいするわけだ。
僕は高いのを承知で、敢えて、西ベルリンで、「西ベルリンからプラハ」、「プラハから西ドイツ国境」の切符を買った。
その理由は、東ベルリンやプラハで、切符を買うときに何かトラブルがあるのではないかと、心配したこと。
また、切符を買うための時間、また切符を買うためのお金を両替する手数(トラブル)を考えたからだ。
この時代は、実勢レートと公定レートが大きく違う国では、切符を買う場合に、正規の両替証明書を要求されたこともあるしね。
この例としては、1988年のギリシアで航空券を買うときに問題になったことがある。
とにかく、両替問題については、いろんな話があるんだよ。
それはまた僕の「海外旅行とお金の話」で、面白い話を紹介したいと思ってるので、ご期待ください。
とくかく、西ベルリンで切符を買ってさえいれば、とにかく、東ドイツを通って、チェコスロバキアから、西ドイツへ脱出はできるはずだ。
しかし、西ベルリンから東ベルリンへの入国が不安だ。
地下鉄のフリードリッヒシュトラッセ駅が、東ベルリンの空中にある。
つまり、西ベルリンの地下鉄が東ベルリンの上を通っていた。
確認のために、西ベルリンのU1からU6に乗り継いで、フリードリッヒシュトラッセ駅へ行ってみた。
フリードリッヒシュトラッセ駅でホームに降りてみる。
そこに東ベルリンへの入り口があるのを確認する。
ここから東ベルリン(東ドイツ)へ入り、東ベルリンのリヒテンバーク駅へ行く。
リヒテンバーク駅で、午前7時32分発の「375番列車」に乗ればいい。
さらに、そのためには、余裕を持って午前5時34分の地下鉄に乗ればいいことまで確認した。
これで明日の移動は大丈夫だ。
あとは、西ベルリンを観光すればいい。
まず、駅前のメモリアルホールと教会で祈って、旅の無事を祈る。
町を歩いていて、目に付いた店を冷やかしていたら、ついエッチ本を買ってしまう。
これは、たぶん、明日東ドイツからチェコスロバキアという社会主義国へ入るというので、精神的に参ってたんだ。

そのあと、6月17日通りを、戦勝記念塔からブランデンブルク門まで、歩いた
夜になりかけで、雨風が強くなり、最後は嵐の一歩手前という感じだったね。
明日は、西ベルリンから東ベルリンへ入り、さらに、プラハへと列車に乗る。
まあ、正直、ものすごく緊張していたよ。
緊張は、エッチ本を読んで、少しほぐれた。
この一年後には、東欧諸国は次々と体制が崩壊して行ったよ。
1988年秋は、東欧崩壊の前夜だったので、体制側と民衆との間の緊張感が、確かに存在した。
それが、世界旅行者としての僕の敏感な触覚に、ビリビリと感じられたんだろう。
xxx

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx