フリードリッヒシュトラッセ駅で、西ベルリンから東ベルリンへ入国し、リヒテンブルク駅から鉄道でプラハへ@チェコ(チェコスロバキア/Czechoslovakia)
1988年9月24日午前4時45分、西ベルリンの宿で目が覚める。
今日は、西ベルリンから東ベルリンへ入国し、リヒテンバーク駅からチェコスロバキアのプラハへの移動だ。
西ベルリンから東ベルリンへは「フリードリッヒシュトラッセ」駅で、入国する予定。
それはわざわざ昨日駅へ行って、入国ゲートを確認してある。
だから、東ベルリンへは、フリードリッヒシュトラッセ駅からリヒテンベルクへ移動する。
リヒテンベルク駅から「D375」列車に乗って、プラハへ移動する。
緊張していたので、西ベルリンの僕の宿「ホテルカリフォルニア」のベッドで、2時間おきに目が覚めて、時間を確かめる。
目覚まし時計の設定時間より前に起きて、目覚まし時計が鳴るのを確認した。
昨日調べていた5時34分の「S-Bahn」に間に合うつもりだったが、少し早い。
ところで、昨日移動に使った「U-Bahn」と「S-Bahn」の違いを、説明しておきます。
「U-Bahn(ウーバーン)」とは、ドイツ語でUntergrundbahn、つまり地下鉄のこと。
「S-Bahn(エスバーン)」は、高架軌道シュタットバーンStadtbahnのことで、国電みたいなもの。
実は、この旅行記を書いていて、気になったことがある。
僕は、東ベルリンは一気に通過する予定で、東ドイツマルクはまったく持ってなかった。
フリードリッヒシュトラッセ駅で東ベルリンへ入国して、プラハへの列車「D375」が出るリヒテンベルク駅へ移動したはず。
その運賃はどうしたのだろう?
なにしろ、1988年のことなので、記憶が確かではない。
しかし、僕自身の考え方を再構成すればわかるはず。
歳は取ったとしても、同じ考え方をするだろうからね。
僕は非常に気が小さい人間だから、おそらく西ベルリンにいるときに、東ベルリンの切符は全部手配したはず。
それで「S-Bahn(エスバーン)」という国鉄を使ったんだと思う。
S-Bahnは国鉄なので、西ベルリンからプラハまでの鉄道切符を買うことで、東ベルリンの中の移動もできるように考えたんじゃないかな。
山手線の駅から京都までの乗車券を買って、山手線で田町から東京駅へ移動し、新幹線に乗るようなものね。
つまり、この日はとにかく、問題が起きないように考え尽くしていたわけだ。
起きたのが早かったので、ホテル隣のマクドナルドで、ビッグマックとコーヒーを朝食にした(1.55マルク/116円)。
S-Bahnで、フリードリッヒシュトラッセ駅へ。
この駅は西ベルリンの鉄道駅だが、東ベルリンの空中にあるので、駅の下へ降りれば東ドイツだ。
そこでパスポートコントロール(入国審査)がある。
そのときに東ドイツのトランジットビザ(通過ビザ)を取る。
ビザ料金が、5ドイツマルク(375円)。

【DDR(東ドイツ)の入国スタンプ】
フリードリッヒシュトラッセ駅で東ドイツに入国したスタンプがあったので、その画像を見てください。
上の画像の右上に「Bhf. Friedrichstr.」とあります。
これが、フリードリッヒシュトラッセ駅で取った入国スタンプです。
ちなみに、左下の入国スタンプの「Warnemunde(ヴァルネミュンデ)」は、デンマークから船で東ドイツに入国したときのものです(船のマークがあるのに注意)。
「DDR」とあるのは、東ドイツ(ドイツ民主共和国/Deutsche Demokratische Republik)の略称です。
1990年には東ドイツは西ドイツ(ドイツ連邦共和国/Bundesrepublik Deutschland)に吸収されて、国家としては消滅しました。
フリードリッヒシュトラッセ駅から、リヒテンブルク駅まで、東ベルリンの「S-Bahn」で直通。
このときに、東ベルリンを見たが、西ベルリンとはまったく雰囲気が違っていた。
西ベルリンは西側諸国なので、にぎやかで人々の服装もカラフル。
ところが、東ベルリンに入ったら、すべてが灰色だったよ(怖)。
「これは大変なところへ来た。とっとと東ドイツから逃げ出さなければ(汗)」というキモチになる。
十分な余裕を持っていたので、列車の出発1時間前の午前6時半には、リヒテンブルク駅に到着する。
緊張していたのだろう、東ドイツのリヒテンブルク駅のトイレに行く。
もちろん、ホテルで、何度もトイレに入ってるのだから、精神的なものだ。
トイレの入り口で1.5東ドイツマルクを要求される。
僕は全く東ドイツマルクがないので、西ドイツマルクで払うしかない。
もちろん東ドイツマルクは、西ドイツマルクよりも、価値が低い。
この時期、1西ドイツマルクは75円に対して、1東ドイツマルクの実勢レートは10円だった。

それがわかっているので、1.5東ドイツマルクの要求に対して、僕は西ドイツマルクで1マルクを出した。
トイレの管理人は1西ドイツマルクで満足したようで、それ以上は請求してこない。
お釣りをもらおうと、身振りで要求したが、断られる。
僕はただ記念に東ドイツのコインがほしかっただけなんだけれども、僕はドイツ語が話せないので、結局コインは手に入らなかった。
午前D375列車がリヒテンブルク駅のホームに入るのが、午前7時20分。
列車はガラガラで、乗り込んで待つ。
この列車は予約が必要という印がついていたので、一応指定席を予約していた。
しかし2等の定員8人のコンパートメントに、僕とドレスデン行きの東ドイツ人のおじさん2人だ。
7時32分出発予定のプラハ行き列車は、7時38分に出発する。
ドレスデンに近づくころ、隣のコンパートメントでビールを飲んで大声で騒いでいるのが聞こえる。
トイレに行くついでに、列車を見てまわると、フーリガン風の若者がこれもまたビールを飲んでいる。
かなり社会的に荒れた雰囲気だね。
東欧では東洋人への人種差別が激しい。
僕は、見つかって文句をつけられないように、できるだけおとなしくして過ごす。
実際このあと、東欧社会主義国が崩壊した後、世界旅行者協会のロシアからの帰国子女Y嬢が東ドイツの列車に乗った。
彼女は列車に乗っているだけで、ドイツ人から消化剤を吹きかけられたとか。
ドレスデンが近くなって、車窓から風景を見ると、馬車が荷物を積んで走ってたよ。
社会全体が、不活発な重い雰囲気がする。
ドレスデン到着が10時13分。
ドレスデンでおじさんが降りて、コンパートメントは僕1人になる。
ドレスデンはチェコスロバキアとの国境の近くで、当然、乗客も少なくなる。
東ドイツからチェコスロバキアへの移動というものも、移動が厳しく制限されている社会主義国の住民にとっては、簡単なものではないからね。
ガラガラの列車を暇つぶしに見て回る。
若者たちが騒いでたコンパートメントには、ビールの瓶が床に転がって、列車の動きにつれて動いていた。

列車は10時45分にチェコスロバキアへ入り、列車の中で入国審査がある。
僕はブダペスト(ハンガリー)でチェコスロバキアのビザを取っていたのでそれを見せると、可愛い鉄道マークの入国スタンプを押してくれる。
国境は「ジェチーン(DECIN)」というところらしく、かわいい機関車マークの入国スタンプをもらった。
ちなみに「CSSR」とは、「Czechoslovak Socialist Republic」の略です。

ブダペストで取ったチェコスロバキアのビザと、列車マークの入国スタンプ(1988/09/24)、出国スタンプ(1988/09/25)
次に税関職員がやってくる。
が、特に調べることはなくて「カメラやビデオカメラを持っているか」と英語で聞くだけだった(ちなみにこの時は僕はカメラを持ってなかった)。

この時期問題だったのが、チェコスロバキアでは滞在一日あたり15ドルの強制両替(OBLIGATORY EXCHANGE)が存在したこと。
チェコの役人に両替のことを聞くと、「プラハでやれ」との返事。

列車はエルベ川の左岸を上流へと走る、
つまり、僕が進行方向へ向かって座ると左側にエルベ川が見える。

エルベ川の川幅はそれほどのことはない。
でも、輸送船などがひっきりなしに通っていることを見ると、かなり深いのだろう。
午後2時ごろに、D375列車はプラハのHOLESOVICE(ホレショヴィツェ)駅に無事到着。
東ベルリンを出たのが午前7時38分だから、6時間ちょっとの列車旅だったわけだ。
乗客はほとんどがホレショヴィツェ駅で降りるので、僕もつられて列車を降りる。
「トーマスクックヨーロッパ時刻表」に寄れば、この列車は17分後にプラハ本駅(PRAGUE HLAVNI)に行くらしい。
でも、プラハに着いたのに、ボケーッと列車に座ってるのも、居心地が悪い。
ホレショヴィツェ駅には、地下鉄が通っていて、3つ目がプラハ本駅(HLAVNI駅)だ。
ただ、チェコスロバキアの通貨コルナがない。
また、両替所も見当たらない。

でも、移動するためには地下鉄に乗らなければならない。
そこで僕は、ある特殊な旅行テクニックを使って、プラハ本駅へ移動した。
僕の予定では明日朝に、西ドイツへ行くのだから、とにかくホテルを見つけて、とっととプラハ観光を済ませなければ。
さて、とにかく新しい国に着いたら、両替をしなければならない。
ところが、この両替が、ちょっと大変だったんだよ。
それと、強制両替問題もあったしね。
「プラハ観光」は次のお話でお楽しみください。
今回は、西ベルリンから東ベルリンを通って、プラハまで。
xxx

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx