金持ちの母娘と会って、ベルゲンからオスロへ。そして乗り継いで、ストックホルム@ベルゲン/ノルウェー
1988年9月19日、フロムからグドヴァンゲンへ、フィヨルド観光をした後、バスでヴォスへ到着。
ヴォス(VOSS)の駅で、ベルゲン行きの列車に乗る。
もちろん、列車乗り放題のユーレイルパスを持っているので、無料だ。
ヴォスを午後12時52分発の列車に乗り、ベルゲン到着が14時05分。
フィヨルドを船で旅し、グドバンゲンからヴォスまでのバスも、さわやかな天気だった。
でも、ベルゲンに近づくにしたがって、空模様が怪しくなってきた。
ベルゲン駅はがらんとしていて、外へ出ると、細かい雨が降っていた。
誰でも経験あることだが、欧米では少々の雨では傘を差さないもの。

ロンドン滞在の長い世界旅行者はもちろん、その習慣を知っている。
もともとアーミージャケットを着て旅しているので、そのまま歩き出す。

傘を差さないまま、ベルゲン鉄道駅から、ベルゲンの港へと歩く。
歩き回って、旧港、新港を見る。
ベルゲンの町並みは、いかにも北欧の港町という雰囲気。
港の建物は、ペンキで鮮やかに塗られていて、素敵だ。
しかしどんな素敵な街並みも、小雨が降っていてはゆっくりと眺められない。
もともとベルゲンに泊まるつもりがないので、時間を持て余す。

夜22時45分発オスロ行きクシェットをヴォスの駅で予約していた。
だから、それまで時間を潰すつもりだった。

しかし、ベルゲンもそれほど大きな町ではない。
港の家々も、確かにきれいだが、何時間も見るほどのものではない。

覚えているのは、港に停泊していた大きなフェリーを発見したこと。
ベルゲンからイギリスのニューキャッスルまでフェリーだ。
「なるほど、イギリスからベルゲンというルートもアリなんだなー」と、改めて思う。
旅先には、いろんな交通機関があって、現地に行けば、簡単に見つかるもの。
日本でガイドブックやネットを調べても、調べきれない。
だから、現地に行って、現地で見つけるしかない。
このルートは、確かに面白いだろうね。
イギリスの交通費が高いので、ロンドンを基点とせずにヨーロッパ各地へ渡るルートは役に立つだろう。
まだまだ時間がたっぷりあるので、郵便局で絵葉書を数枚書いて送る。
これ以上どうやっても時間は潰せない。

町は雨なので、これ以上ベルゲンを歩くのも疲れる。
仕方なく、屋根のあるベルゲン駅へ戻る。

駅で夜まで待って、列車に乗るのも意味がない。
オスロ行きの切符をリファンド(払い戻し)する。
22時45分オスロ行きのクシェットを、ヴォスの駅窓口で予約していた。
でも、それまでボケーッと駅で時間を潰すことは不可能。
この列車を払い戻して、80クローネ(1600円)を手にする。
キャンセル料金は8クローネ=160円。
もっと早い時刻の新しい列車を予約する。
それが、ベルゲン発15時15分、オスロ着22時の列車。

しかし、夜中の22時にオスロへ着いても意味がないわけだ。
夜の10時にオスロへ着いたら、泊まっても大変だから、移動することになる。

一気にストックホルムへ行くことにする。
オスロ発22時50分、ストックホルム着が翌朝の6時55分の列車がある。

この列車のクシェットを予約しようとするが、できなかった。
オスロからストックホルムへの座席指定券が11クローネ(220円)取られる。
午後3時15分の列車を待って、ベルゲン駅で本を読みながら待つ。
ベルゲンでは列車が何番ホームに入るかは、出発時間の30分前にならないと表示されない。

列車を待っていると、日本人らしい母娘を発見。
確か今日の午前中、フロムからグドヴァンゲンのフェリーで、彼女たちをチラッとみた記憶がある。

僕は、気軽に話しかける。
ちょっと見かけただけの女性に話しかけるなんて、日本ではやらないけどね。

でも、北欧の港町の駅で、偶然日本人旅行者が出会ったのだから、軽く話をするのは当然。
これが、海外個人旅行の素敵なところなんだよ。

話をすると、東京の近郊都市の、どうやら土地持ちの(大金持ちの)母娘だとわかる。
読者も気にしていてほしいのだが、この1988年というのは、バブルがはじける前で、土地神話があったころだ。
東京近くの大土地所有者だったら、何億何十億という金持ちを意味している。
僕は正直、この娘と結婚してあげてもいい、と思わないことはなかった。

この母娘と僕は指定席を取っていたので、同じ車両に乗ることになった。
これがちょっとおかしいのだが、ノルウェー国鉄の指定席車両は、なぜか、ゆったりした椅子があったが、それが床に固定されていなかった。
客車の中に、ただの一人掛け用の椅子が置いてあるだけなんだよ。
固定されてないので、押せば動くし、方向も変えられる。
ある意味、非常に危険な椅子ではなかっただろうか。
僕もこのとき以外、見たことがない。
僕の席は20番だったが、自由に動く椅子だ。
だから、21番の椅子を動かして、2つをくっつけて横になることができた。
ベルゲンからオスロまでは、夕方から夜にかけての列車。
同じ車両に、日本人がいるのだから、いろいろと話をした。
僕は、誰とでも、特に相手が女性ならば、話を盛り上げることができる。
が、2人旅のOLさんと話すのと一緒で、母娘の話は、建前ばかりで面白くはならない。
それならそれでいいさ。
僕は、床に固定されていない座椅子を2つ向かい合わせにして、そこで寝ることにした。
気持ちよく寝ることはなかったが、とにかく僕は、横になっていた方がいい。
オスロに着いた後で、ストックホルム行きに乗り換えなければならないんだからね。
列車は、午後10時ごろに、静かにオスロ駅へ到着した。
さてここで乗り換えて、明日の朝はストックホルムです。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx