『バーゼルからジュネーブに着いて、駅から電話でホテルを予約したのに、ミエミエに料金をごまかされる』@ジュネーブ/スイス
1988年9月28日、ストラスブールから一等車に乗って一時間半で、午前10時過ぎにバーゼルに到着。
この日は、ジュネーブへ行って、ジュネーブ泊まりの予定だったが、軽くバーゼルを歩くことにする。
まず、駅の観光案内所へ行き、バーゼルの地図と観光パンフレットを入手した。
個人旅行者としては、新しい町へ行って、何の用事がなくても、とにかく観光案内所へ寄って、町の地図をもらうのが基本だ。
僕はもうこのころまでには、ヨーロッパの町というものに、かなり飽きていた。
個人旅行で、いろんなヨーロッパの町を歩いてきたんだからね。
ヨーロッパの町で見るものといえば、市庁舎、市庁舎前広場、大聖堂、その他いろんな教会。
そうして、古い町並み。
こんなものの繰り返しだ。
昨日のストラスブールの大聖堂や、町並みはなかなかのものだったが、バーゼルが特に美しいとは聞いていない。
バーゼルには「フランス、ドイツ、スイスの3国国境が交わる点があって、そこにはポールがたっている。そのポールを一周すれば3か国を旅できる」という噂があった。
どう考えても怪しい話だが、それを確かめる意味はあるかも。
で、観光案内所で地図を見て、一応聞いてみてすぐわかったが、その噂は真っ赤な嘘だった。
ドイツとフランスの国境は、ライン川になってるしね。
でも、そういう場所を無理にでも作ったら、観光客は集まるかも(特に日本人なら…)とは思った。
3国国境饅頭とか、国境最中とか、3カ国の旗を立てて「努力」と文字の入ったお土産とか作れば儲かるだろう。
しかしそんな、観光地をでっち上げて金儲けをしようなどとは、お金持ちのスイス人は考えない。
日本人とは違って、伝統的な町並みをきれいに保ち、自然を保護することを考えている。
正直、ヨーロッパの町と、日本の古都、京都を比べてみればよくわかる。
京都は、古いものをごく一部保存しているが、京都に似合わない、建築家の思い込みだけの、とんでもない建築があちこちにあるので有名だからね。
バーゼルの町をライン川が流れている。
ライン川下りをしたのは一昨日(9月26日)だが、次々と移動を続けているので、もう一か月もたったような気持ちになっている。
旅をするとは、それだけ充実した時間を過ごせるってことかな。
駅でバックパックを預けて(2スイスフラン・170円)、一応ライン川まで行ってみた。
市電の1番に乗って、ヴィッテシュタイン橋へ(1.4スイスフラン/約200円)。
ライン川を渡る「ヒモ付き舟」(0.7スイスフラン/100円)に乗ってみた。
大聖堂(MUNSTER)で祈る。
大聖堂の壁に日時計が付けられていて、それがちょっと記憶に残っている。
あとは、市庁舎、広場などのヨーロッパの町の定番を、一応当たってみる。
歩いていると、どこかの広場で、古物市をやっていて、軽く冷やかす。
ライン川から町を見ながら、バーゼル鉄道駅まで歩いて戻った。
結局、バーゼルにいたのは、3時間程度だったがこれで十分。
バーゼル13時23分発の626番列車に乗る。
当然予約なしに、一等コンパートメントに入る。
もちろん、ガラガラで、ゆっくりと車窓から素敵なスイスの風景を眺める。
列車はさすがスイス、ジュネーブ駅到着が16時03分と、時刻表通りだ。
ジュネーブ駅でも、すぐに観光案内所へ行く。
観光案内所には、ジュネーブの地図、ユースアコモデーション(若者向けの宿)、ホテルリスト、ツアーリスト、旧市街案内のパンフレットが、ズラリと置いてある。
勝手に取っていいので、観光案内所で質問することもない。
これまでの駅の観光案内所と違ったのは、ホテルの予約電話が2種類あって、自分で電話をかけて予約するようになっていること。
僕は予約電話で「HOTEL BEAU-SITE」というところにかける。
この理由は、単純に、カイロで泊まったホテルと同じ名前だったから。
ホテルは旧市街にあった。
バックパックを背負って、レマン湖を見ながら、モンブラン橋を渡って、結構長く歩いていきました。
行ってみると、宿泊料金は、4人部屋を一人で使って、48スイスフラン(4080円)。
オイオイ、これはひどい!
個人旅行者が、いくらジュネーブでも、一泊4千円も使っていては駄目だよ。
でもここには落とし穴があって、僕はそこにずっぽり落ちたんだ。
僕がジュネーブ駅から電話をしたときは、38フランという話だったんだよ。
38フラン(3230円)ならば、国際機関がたくさんあるジュネーブだし、なんとか我慢できると思って、決めたんだ。
しかし、バックパックを背負って、たどり着いたホテルでは10フラン増やして、48フランだと(涙)。
いくらなんでも、電話で30(サーティ)と40(フォーティ)を聞き違えることはない。
騙された!と思った。
電話で話しただけなので、38フランだと言い張っても、仕方ない。
もちろん、「38フランと聞いた」と主張はしたけどね。
でも、「いや、48フランと言った」と、言われれば、警察へ行っても、仕方がないしね。
これからまたジュネーブ駅までバックパックを背負って、戻って、またホテルを決めるのも面倒。
どうせ一泊しかしないことだし、日本人らしく、おとなしく我慢して、受け入れた。
とにかく、4人部屋を一人で使うが、シャワーとトイレは、共同。
ただ、シャワーは無料で、朝食もついてる(朝食時間は午前7時15分から午前9時半まで)。
観光案内所でホテルを紹介するのは、こういった値段のごまかしを防ぐためなんだろうね。
観光客の多いところでは、一見さんを引っ掛ける商売が成立するものなんだよ。
とにかくこれで、すっかり、ジュネーブもスイス人も大嫌いになりました。
もともと、ジュネーブに来る必要はなかったんだけどね。
「スイスでチューリッヒだけ、というのも寂しいかな」、と思ってしまったのが間違い。
スイスは貧乏人が旅するようなところではなくて、お金がたっぷりある人たちの観光地だ。
それと僕には、レマン湖を見たかった、という動機もあったのかしら。
昔、ジグソーパズルでレマン湖の風景を作ったことがったしね。
あれはまだ離婚する前で、夫婦の会話がなくなったころだったろうか。
仲がよかったころは、「ニコリ」のクロスワードパズルを一緒に解いたこともあったっけ。
さて、僕がジュネーブに来るには、もうひとつ大きな理由があった。
それが、「TGVに乗ること」だったんだ。
この時代、ジュネーブからパリへはTGVが走っていた。
僕は「21日間有効一等ユーレイルパス」を持っている。
だとしたら、当然ここは、「ジュネーブからパリへ、TGVの一等車」に乗りたいものだよね(笑)♪
明日(9月29日)のTGVの予約を取るために、駅へ行く。
ジュネーブ午前10時04分発、パリ着13時36分の「TGV922」がよかったが、「一等は満席」とのこと。
2等に乗るのでは、一等パスを持っている意味がない。
13時01分発、パリ着16時38分着の、次の「TGV924」の一等車、12号車76番席の予約を取る(予約料金が4スイスフラン/340円)。
ちょっと到着が遅いが、1988年の秋では、ジュネーブからパリへのTGVは、一日5本しかなかったんだ。
夕食は、ジュネーブ駅のレストランにした。
ステーキ(13スイスフラン/1100円)、ワインをグラスで2杯(4スイスフラン/340円)、ビール(1.8スイスフラン/153円)。
ホテルの料金の件で、トラブルがあったが、それは「とっととジュネーブを出て、パリへ行け」との神の啓示か。
9月13日に、チューリッヒでユーレイルパスを買ってから、今日9月28日までの16日間、移動の連続だ。
パリへ行けば、何しろパリで病気をして寝ていたのだから、土地勘はある。
日本語の本も雑誌も、日本風の食事も手に入る。
パスの有効期間はまだ残っているので、パリからどこへ行くのか。
それは、いま考えることではない。
パリからどこへ行くかは、明日、パリで考えればいい。

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS

europe asia
world index
xxx