トルコからギリシアへの国境越え@アレキサンドロポリス/ギリシア

【アヤソフィア/ギリシアへ旅立つ日は雨だった】
(これは1996年10月、僕の2回目の世界一周旅行の話。フィンランドから東欧を縦断して、イスタンブールへ到着。そこでしばらく日本人旅行者の皆さんと盛り上がった後、1人でギリシアへ向かう)

イスタンブールでの恋愛も終わり、興味深い旅行者も、また次々と新しい目的地へと旅立って行った。
僕はイスタンブールからギリシアへ向かう予定。

ただ、アテネは特に興味はない。
シーズンが終わったギリシアへ行っても、面白いはずがない。

だから、ギリシア北部からマケドニアへ入るつもりだ。
状況によっては、そこからアルバニアへ向かうかもしれない。

そのまま、北上して、旧ユーゴ諸国を回ってもいい。
というのは、この2回目の世界一周旅行の一つの目的は、「ヨーロッパで行き残している国を片っ端から潰す」ことだったからね。

1996年には、そのころ新感覚の雑誌として評判だった「GON!」という雑誌に「世界旅行者みどりのくつしたの旅行ガイドじゃわからない旅」を連載して、爆発的な人気を得ていた。
この関係で、「世界旅行者さんの旅行本を出版したい!」という話が出てくる。

ただ僕は、その時は、まだ「世界百カ国」を旅していなかった。
僕は嘘やハッタリが全くない、本当のことしか書かないので、きっちりと「世界百カ国」を売りにしたかった。
世の中には「世界200カ国旅行」なんて大法螺を書いている嘘だらけの本も多い。
嘘らだけの旅行記が多い(ほとんどの旅行記はウソだが)ので、僕は真実で勝負したかった。

ところで、イスタンブールからギリシアへは鉄道もあれば、バスもある。
どちらも乗り続けで丸一日かかると聞いていた。

1988年にガイドブック無しにアテネへ来たときは、そんな面倒な/疲れることをしたくなかった。
だから、アテネから一気にイスタンブールへ飛んでしまっていた。

ギリシア北部の町は見ていない。
僕はもう歳なので、できるだけ無理をしたくない。

移動時間を短く切って、イスタンブールから、ギリシア国境を越えたアレキサンドロポリスへとバスで移動することにした。
イスタンブールの巨大バスターミナルへ行き、アテネ行きのバスを見つける。

アレキサンドロポリスまでのバス料金が、なんとこの時、「1,500,000」トルコリラ。
しかしびっくりする必要はない。
この時期のレートは、1000トルコリラが1.2円の計算だ。
つまり、1800円程度。

これを、なぜか手許にあったISIC(国際学生証)を提示して、百三十万トルコリラにする。
学生料金の1500円で切符を買ったわけだ。

バスはユーロラインズの国際バスだという。
全席座席指定で、僕のシートは18番。
アレキサンドロポリスまで6時間かかる。
予定では朝の10時に出発して、トルコ・ギリシア国境を越えて、午後4時に到着。
これならば、身体に無理なく、ホテルを探す時間も余裕を持って到着できる。
完璧な計画で、何の問題もないはずだが…。

------------------------------------------------------------------
イスタンブールを出発する日は雨だった。
ホテルを出て、淡い恋の思い出も作った、スルタンアフメットの町の風景を写真に撮る。

トラムと地下鉄を乗り継いで、バスターミナルまで30分。
10時のバスは10時20分に出る。

ユーロラインのバスといえば、ある程度きちんとしているはずだ。
僕も、この旅で、タリン(エストニア)からリガ(ラトビア)へユーロラインのバスに乗ったが、その時はとてもいい感じだったんだから。

ところがイスタンブールで乗ったバスは、ものすごく座席間隔が狭い。
僕の膨大な世界旅行経験でも、こんなに前席とくっついていて、身動きできない状態ははじめてだ。

昼間だけのバスだから正直助かったよ。
このままアテネまで24時間も乗るなんて、僕にはゼッタイに耐えられないからね(涙)。

バスは4時間走って、午後2時にトルコの出国審査。
ここでやっとバスから降りて、身体を伸ばせる。

出国審査が簡単に終わって、橋を渡ってギリシアへ入る。
次はもちろん、ギリシアの入国審査がある。
これもとても簡単だ。
係員がバスの乗客からパスポートを集めて、まとめて入国スタンプを押した後で、バスの乗務員が返却。
税関では、荷物を台に並べて、形だけのチェックがあった。
このトルコ出国、ギリシア入国を待つ時間に、旅行者同士が世間話をして、互いに親しくなる。
こんなところで日本人を見かけたら、一応声をかけて、世間話程度はするのが常識。
ここで出会った1人が、世界一周旅行中の清水くん。

彼は日本から香港へ飛んで、中国を旅した後、クンジュラブ峠を越えて、パキスタンへ入った。
その後、イランのビザを取るためにわざわざインドへ戻って、デリーでイランのトランジットビザをゲットした。

こうしてアジア横断旅行をして、イスタンブールまで来た。
ただ、シリアやヨルダンのビザを取るのが面倒そうなので、アテネから一気にカイロへ飛ぶ予定だそうだ。
彼はエジプトからそのままアフリカを南下して、南アから南米へ飛ぶ計画を持っている。
この時僕はアフリカを下ってきたばかりだった。
そこで、東アフリカから南アのルートについて詳しく説明してあげたよ。
また、南アを北上してロサンジェルスへ行ったら、僕のLAの定宿「ホテル加宝」へ泊まるように教えてあげた。

他に日本女性が2人乗っていたので話をする。
1人は観光ビザでトルコへ来て、トルコの旅行会社で働いている。
もう1人は、トルコ語の勉強をしているそうだ。
彼女たちがこのバスへ乗った理由は単純明快。
トルコからギリシアへ出国して、すぐにトルコへ戻るため。
新しくトルコへ入国することで、新しくトルコの滞在許可が取れるからね。
トルコで正規に労働したり、学校へ通ったりするにはビザが必要。
ある意味、不法労働、不法就学ということになるのだろうか。

でも世界中でこういうことはとても多いので、目くじらを立てることはない。
ただ僕の気持ちとしては、ズバリ「2人ともトルコ人と付き合ってるんだろうなー」というものだったけどね。

アレキサンドロポリス到着が夕方の5時。
日本女性2人と僕はここで降りる。

もう1人の日本人、清水くんに「ねー、清水くん、こんなバスに一晩乗ったら、身体がぼろぼろになるから、ここで降りた方がいいよ」と誘う。
しかし、清水くんはアテネまでの切符を持っているので、涙目でバスに乗り続けていった。
こういうところで旅行予定を変えられれば本物の旅行者だ。
彼はアジア横断を終えた程度なので、そこまでのランクには達していないようだった。

バスが停車したのは、アレキサンドロポリスの鉄道駅の横。
僕の膨大な旅行経験から見たところ、アレキサンドロポリスは夏はリゾート地になっているようだ。
というのは、適当な大きさのホテルがずらりと並んでいたからね。
しかもほとんどは、営業していない。
いまはオフシーズンなんだよ。
そこを、日本女性2人と僕と、なぜかくっついてきた英国人のアンドリューくんと一緒にホテルを探して回る。
最初に入ったホテルがシングル9000ドラクマ。
1ドラクマが0.5円と考えられるので、5千円近い。
これは無理。
次に足を運んだ安っぽいホテルが、完全に名前負けしている「マジェスティックホテル」。
これだとシングルで3000ドラクマ(1500円)。
シャワーを浴びると500ドラクマ(250円)追加。

1泊1500円ならば、そんなに悪い値段ではない。
ただこれは、ギリシアの通貨、ドラクマで払わなければならない。

僕はドルの現金はあるので、ドルで払うと申し出たが、断わられる。
ホテルの親父は「ドラクマがないなら泊めない!」と強硬だ。
僕はこんなところで野宿するのはいやだ。
これでもめているうちに、日本女性2人はどこかへ消えてしまった(涙)。
彼女たちはイスタンブールでドラクマを入手していたらしいから、ドルを替えてくれたら簡単だったのにね。
町へ飛び出して、そこら辺の店で、米ドルの現金をドラクマへ両替しようとしたが、断られる。
通りにATMマシンを発見する。
ATMに国際キャッシュカードを入れたが、使えない。
次にVISAカードを入れたら、使えるのを確認。
1万ドラクマ(5千円)を2度引き出した。
というのは、一度引き出した後で、翌日の鉄道の切符を買わなければならないのに気が付いたから。
アンドリューくんと一緒に夕食を取る。
彼は、イスタンブールで英語の教師をしている。
彼も明日はイスタンブールへ戻るそうだ。

僕は、多分、テッサロニキ(サロニカ)へ鉄道で向かう。
テッサロニキで、またいろいろ行き先を考えよう。

一日はその一日のことを考えればいいだけだ。
その先のことは、神がすでに決めているからね。

注:
ところで、このあとの経験でも、国境の町で両替ができないなんて、案外とある。
特に田舎町へ行く時は、あらかじめ現地通貨を入手していた方がいいと、再確認しておきますね。

【写真】イスタンブールを発つ朝の、雨に濡れたアヤソフィア
【旅行哲学】旅はいつも思いがけないことの連続

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)