アウシュビッツへ一緒に行こうと約束をした人とはぐれたので、行かなかった。実は行きたくなかったから、ホッとしました@クラクフ/ポーランド

クラクフ駅で見失ったエクアドル婦人と再会@クラクフ/ポーランド(1996)
1996年10月3日、「HOTEL HARENDA」で、目を覚まし、歩いてワルシャワ駅へ。
ワルシャワ駅で、切符売り場に並び、クラクフへの片道切符を購入。
指定席で、座席番号は、6号車の41番席になっている。
余裕を持ってプラットホームに行く。
列車が到着するのが遅いので、自然と周囲の人と、話が始まる。
「あなたもクラクフ行きですか?遅いですね」というのが、ごく自然の会話。
しかし、アナウンスがあって、人が動き出す。
こういうときは、話し相手があって助かった。
なんと、列車のホームが出発直前に変更になった。
ホームが変更になったばかりか、午前9時出発の列車が実際に出たのが9時25分だ。
こういうときに、一人で列車を待ってて、話し相手がいなければ、列車に乗れなかったかもしれない。
というのが、この時期、ポーランドでは東洋人に対して、ひどく冷たかったからね。
僕の話し相手になったのが、南米エクアドルからのご婦人2人だった。
おしゃべりなのは、一人だけだったけどね(上の写真参照)。
僕は何しろ、最初の世界一周旅行のとき、エクアドルは、結構バスで旅した。
僕がスペイン語で返事をすると、大喜びされました。
旅行者が旅先で会えば、話すことは決まっている。
まず、「どこ出身でどこから来た、どこへ行く」の定番話。
ところが列車を待ちすぎて、ほかの事まで話をした。
実は僕は、知らなかったのだが、クラクフからアウシュビッツの強制収容所あとへいけるらしい。
強制収用所では、もちろん、ユダヤ人の虐殺が行われて、その遺品なんかも展示してある博物館ができている。
観光資源みたいになってるんだね。
例えば、カンボジアでも、虐殺の行われた収容所が、現在は、観光名所になっている。
でも僕は、そういうところには行かない。
怖いからね。
昔、長崎の原爆資料館へ、中学校の修学旅行で行ったことがある。
とても怖かったので、そのあと何年も、原爆が怖かったり、死んだあとのことを考えたりと、トラウマが残った。
いまでも、小中学生で、長崎や広島の原爆資料館へ、学校行事としていく人も多いだろう。
でも、精神的なショックを受ける人もいるんじゃないかしら。
子供には、あまりショッキングなものを見せないほうがいいと思うよ。
まあでも、現在の小中高校生は、スリラーものの映画が大好きらしいけど。
でも、嫌いな人もいると思うしね。
人間なんて、そんなに長く生きられないのだから、楽しいこと、美しいこと、元気が出るようなことだけを、見て考えたらいいと思おう。
世の中から、残虐さは無くならないとしたら、できるだけ考えないほうが気楽だ。
アウシュビッツを見たからって、戦争の残虐さを減らせるわけじゃないしね。
その状況、その立場になったら、人間個人なんて、無力なものだ。
でもまあ、旅先で、アウシュビッツへ行けるとわかれば、思いがけないチャンスだから、やはり行くだろう。
だから僕は、エクアドル人のご夫人と一緒にタクシーを相乗りして、アウシュビッツへ往復する約束をした。
ワルシャワからの列車は、お昼の12時丁度にクラクフ駅へ到着。
なぜかクラクフの駅がすごく混んでいた。
プラットホームで親しくなったが、この列車は指定席に乗っているので、相手がどこにいるかわからない。
駅でしばらく待ったが、見つからないので、とっとと一人で、クラクフの定番観光地めぐりをした。
駅から一番遠いヴァヴェル城、旧市街をゆっくりと見て、中央市場広場へ戻って、周辺をうろつく。
広場に面した聖マリア教会の大きな祭壇(altar)を見る。
毎時間丁度にラッパを吹く(bugle call)をやるので、ちょっと待って、午後3時のやつを聞いた。
織物会館(cloth hall)で琥珀細工を見る。
友達の顔を思い浮かべて、ペンダントヘッドを4つばかり買った。
とっととワルシャワへ戻ろうと、クラクフ駅へ歩いていたら、エクアドル婦人と再会。
一緒に写真を撮りました。
結局、彼女たちも、アウシュビッツへは行かなかったとのこと。
いま軽く調べても、クラクフからアウシュビッツは、半日では無理みたいだ。
クラクフからだと、ツアーもあるし、列車でも、バスでも、もちろんタクシーでも行けるみたいですから、興味がある人はどうぞ。
クラクフ駅へ戻って、ワルシャワへの列車をチェックする。
「HEWELIUZ」EXPRESS3504、グダニスク行きがあった。
プラットホーム4番、7号車、座席番号45、ワルシャワ到着が19時5分予定。
これなら、バックパックを背負って、ホテルを捜してという苦労を避けるために日帰りも悪くないよ。
ワルシャワへ戻って、夕食に一人でピザハットへ行く。
そこで、例の事件が起きました。
【写真】クラクフの駅ではぐれたエクアドル婦人と、道で再会して写真を撮った。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)