明日のイスタンブール行き切符を買って、リカヴィトスの丘に登り、聖イオルゴス教会で旅の無事を祈り、ロンドンで別れた美女に絵はがきを書く。@アテネ/ギリシア

【パルテノン神殿@アテネ/ギリシア(1996)】
1988年4月26日、火曜日。
昨日決心したとおり、明日27日にイスタンブールへ飛ぶことにする。
アテネからイスタンブールへ飛ぶというのは、重大な決定なので、一晩寝て、再度考えてみた。
でも、問題はない。
もしトルコが居心地の悪いところだったなら、とっととアテネに戻ってくればいいだけだ。
アテネに戻ってきたとしても、トルコへ行ったという事実は残るのだから。
アテネにはすでに土地勘があるので、しばらく滞在しても問題はない。
アテネには予想以上に日本人旅行者が多くて、話し相手にも困らないし。
そして、アテネから、カイロへ飛べばいい。
もちろん、アテネからカイロへ飛ぶ必要はなくて、イスタンブールからカイロへ飛んでも、ちっともかまわないが。
イスタンブールの状況は、イスタンブールでしかわからない。
イスタンブールのことをアテネでいくら、あれこれと考えても、無意味だ。
でも一応、比較のために、アテネからカイロへの料金は調べてみた。
アテネからだと、カイロの往復切符が30800ドラクマ(3万円)。
ケニアまで足を伸ばすと考えると、アテネからナイロビの往復航空券で、カイロにストップオーバーできるものが、96000ドラクマ。
これは、エジプト航空で、3ヶ月のオープン切符(予約変更は自由に出来る)。
エジプト航空ならば、カイロからイスタンブールのフライトも当然あるだろう。
だとすれば、イスタンブールから、カイロ経由で、ケニアのナイロビに飛ぶことも可能だろうけどね。
でもそれは、いまは考えない。
考えても無駄だからだ。
昨日調べていた、アテネからイスタンブールの片道切符を購入する。
料金は13000ドラクマ。
アテネ出発が午前8時半で、イスタンブール到着が午前9時半。
ギリシアとトルコの間には時差がないので、1時間のフライトだ。
午前8時半のフライトだとすれば、空港行きのバスに午前6時半には乗りたいね。
すると、午前5時半に起床となるだろう。
ホテルを出るのが、午前6時となるので、ホテル代の清算をしておく。
22日から、今日26日までの5泊なので、2500×5=12500ドラクマを支払い、領収書をもらう。
本当の安宿だと、宿泊料は前払いが普通だ。
このホテルアマゾンはビジネスホテルなので、まとめて後払いになったのだろう。
5泊するのならば、もう少し値切ってもよかったが。
チェックインしたのが、日が暮れてからの飛込みだったから、そこまでは頭が回らなかったんだ。
もっと早い時間ならば、他のホテルと比較して、値切るのは常識だったけどね。
やはり、暗くなって、ホテルを捜して歩くのは、基本的にはやってはいけないことだった。
明日の計画は立てて、ホテルの支払いも済ませた。
あとは、もう少し、アテネを見て回る。
「リカヴィトスの丘」へ歩き、ケーブルウェイに乗って登る(片道170ドラクマ)。
それから、「聖イオルゴス教会」へ行った。
イオルゴス教会のメモに、5ドラクマと書いてあるのは、たぶんお賽銭でしょう。
僕は旅に出る前に、教会などに入ると、旅の無事を祈って寄付することがよくあるんだ。
続いて、いつもの食堂へ行って、絵はがきを書いた。
ロンドンで出発前に知り合った女の子2人に送る。
バルセロナでお世話になった人と、日本でフランス語を学んだ美人教師にも書いた。
明日は、イスタンブールへ飛ぶ。
ギリシアへ戻ってくるのかどうか、それはわからない。
未来のことは考えない。
未来のことは未来が解決する。
旅人はその瞬間だけを、生きている。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
ギリシア旅行記 / greece-turkey-greece-egypt
xxx