アテネからの航空券の値段を調べ、イスタンブールへ飛ぶことを決め、夕方は、日本人旅行者を見つけて食事をする。@アテネ/ギリシア

【パルテノン神殿@アテネ/ギリシア(1996)】
1988年4月25日、月曜日。
今日からまた、町が動き出す。
金曜日にロンドンからアテネに飛んできて、土曜、日曜とアテネ市内の観光を済ませた。
僕にとってはギリシアの観光は、アテネ市内を歩き回ることで終了。
次に考えることは、アテネからどこへ行くかだ。
ロンドンでは、エジプトとケニアのビザを取っている。
とにかくエジプトへ行って、ピラミッドを見るのが、第一の目的。
ケニアは特に無理するつもりもない。
ところが、昨日シンタグマ広場で声をかけて、話をした日本人旅行者は、トルコから24時間のバスでアテネへ着いたばかりだった。
トルコのガイドブックもないが、僕はこのとき、トルコ一周などと、だいそれたことは考えてない。
ギリシア旅行もアテネ市内観光だけでいい、という考えなんだから。
トルコも、イスタンブールへ行って、アジアとヨーロッパを分けるボスボラス海峡を越えて、町を歩けば十分。
せっかくアテネに来ていて、隣がイスタンブールなのだから、ちょっと行って帰ってくればいいね。
海外旅行では、深く旅をしてもつまらない。
例えば僕は、アテネでは、「パルテノン神殿」を見た。
パルテノン神殿を見たことは、一生話すことが出来るし、興味を持って聞いてくれる人もいるだろう。
でも、その次に行った、「ゼウス神殿」「ハドリアヌス門」は、普通の人は誰も知らない。
もともと興味がないので、話をしても、記憶に残らない。
それ以前に、僕自身が、見た記憶を失ってしまったのだから。
あんまり細かいマニアックなところを見ても、ムダなんだね。
だからイスタンブールへ行って、町を歩いて、モスクを見て、ボスボラス海峡を渡れば、それで十分だ。
しかし、昨日の若者のように、アテネとイスタンブール間を24時間もバスに乗り続ける(鉄道でも同じ時間かかるとか)というのは、考えるだけでうんざりだ。
まだお金もあることだし、飛行機を使って、移動してしまおう。
それと、この時代のアテネは、「飛行機の切符が安い」というので、有名だったんだ。
僕がロンドンからアテネに飛んできたのは、アテネで安い切符を見つけて、エジプトやケニアに行きたいという理由。
逆に言うと、「アテネで切符が安いという話が本当なのか」を自分で確かめたかったから。
イスタンブールに限らず、アテネからの切符の値段を調べてみる。
シンタグマ広場付近を歩くと、旅行代理店の看板が眼に入る。
あちこちに飛び込んで、値段を調べ、比較して、相場をつかんでみる。
ある旅行代理店では、アテネからイスタンブールの往復切符が22000ドラクマ、片道で19100ドラクマ。
1ドラクマを1円と考えると、片道も往復も、約2万円。
別のところだと、片道が14500ドラクマ、往復が21000ドラクマ。
一番安かったのが13000ドラクマだが、これは午前8時半のフライトのみだとか。
ギリシアの4月はオフシーズン、席は空いているそうなので、これで飛ぶことに決定。
飛ぶのは、4月27日でいいだろう。
しかし、切符を買うのは明日26日にする。
アテネに戻ってくるかどうかわからないので、あと一日観光したい。
出発日が決まれば、その前にやることがいろいろ思い浮かぶものだからね。
いままでの旅行で知り合った人に、アテネからの絵はがきも送りたいもの。
観光案内所へ行って、予防接種の出来るところを聞いた。
これは、アフリカ行きのためだ。
コレラや黄熱病の予防接種をアフリカへ行く前に受けて起きたかった。
それから、80ポンドをドラクマに両替した。
これは、ホテル代と航空券の支払いのためだ。
一応これでやることはやった。
夕食は誰かと一緒に取りたいが、町を歩いていると、適当な日本人が見つかるもの。
いつもの安食堂で外を見ていると、日本人がいたので、声をかけてビールを飲む。
大阪から来た学生2人組だったので、ノリがよく、話が弾む。
さらに、きちんとした夫婦を見つけたので、これも誘う。
若夫婦を冷やかしたりするのも、オキラクで、話はさらに盛り上がる。
5人になったが、他の4人はオモニア広場へ行ったことがないというので、僕が案内する。
オモニア広場のレストランで、5人で食事。
ノートに「ジュース事件」とだけメモしてあるが、どんな事件か忘れました。
わざわざオモニア広場へ行ったのは、実は、僕が見つけたエロ映画館を、みんなに紹介するためでした。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
ギリシア旅行記 / greece-turkey-greece-egypt
xxx